« 大平山 2017.6.11 | トップページ | 舞鶴山 2017.6.14 »

後烏帽子岳 2017.6.13

2017.6.23 記

先日不忘山へ訪れた時に、きれいな三角錐の山が気になり、
ぜひ訪れてみたいと思いました。




◇コース◇

小阿寺沢登山口~前烏帽子岳~後烏帽子岳~倉石ヒュッテ~えぼしスキー場駐車場
~小阿寺沢登山口




8:55 小阿寺沢登山口 出発

Ebosi_25




15分ほど歩くと小阿寺沢を渡ります。
毎度ながら、必死の形相になってしまうなぁ・・・

Ebosi_19




樹林帯が続き、自然と視線が上向きに。

Ebosi_20




岩が気になる人。

Ebosi_1




巨木が多いです。

Ebosi_2




ササバギンラン(笹葉銀蘭:ラン科 キンラン属)

Ebosi_3




ウラジロヨウラク(裏白瓔珞:ツツジ科 ヨウラクツツジ属)

Ebosi_4




サラサドウダン(更紗灯台:ツツジ科 ドウダンツツジ属)

Ebosi_5




シロヤシオ
ゴヨウツツジ(五葉躑躅:ツツジ科 ツツジ属)

もう少し早い時期でしたら、たくさん咲いていたでしょう。
木はいっぱいありましたので、花を探していましたが終盤でした。

Ebosi_6




Ebosi_29




サンカヨウ(山荷葉:メギ科 サンカヨウ属)
ふと脇を見ると咲いていて、これは嬉しいです。

Ebosi_7




ツマトリソウ(褄取草:サクラソウ科 ツマトリソウ属)

Ebosi_8




11:00~15 前烏帽子岳

ここまで展望のない急登でしたので、ペースもあがらず。
分岐から少し進むとゴツゴツとした岩があり、そこからの展望はよいはずですが、
今日はこんな感じで曇り空。後烏帽子岳が近くなりました。

Ebosi_9




さぁ、もう一息頑張って後烏帽子岳に向かいましょう。
緩やかな道になるので、気持ちも楽です。

イワカガミ(岩鏡:イワウメ科 イワカガミ属)
マイヅルソウ(舞鶴草:ユリ科 マイヅルソウ属)

Ebosi_10




ムラサキヤシオツツジ(紫八染躑躅:ツツジ科 ツツジ属)
この標高になると、結構咲いていました。
濃いピンクが遠くからでも、よく見えます。

Ebosi_11




Ebosi_22




虫がいっぱい入り込んでいる・・・

Ebosi_21




タケシマラン(竹縞蘭:ユリ科 タケシマラン属)

Ebosi_12




12:05~20 後烏帽子岳

不忘山や屏風岳が目の前に!
と言いたいところですが、山頂付近は雲がかかってモヤモヤ~
風が流れているのでもう少し見えるかと期待しましたが、あきらめて下山です。

Ebosi_13




スキー場トップまでの道は、木の階段が取り付けられていました。

ミツバオウレン(三葉黄蓮:キンポウゲ科 オウレン属)

Ebosi_14




ミヤマスミレ(深山菫:スミレ科:スミレ属)

Ebosi_15




何番まであったかな?
後烏帽子岳が1番でした。

Ebosi_30




Ebosi_16




シラネアオイ(白根葵:シラネアオイ科 シラネアオイ属)
今日見たのはここだけ。沢沿いに咲いていました。

Ebosi_23




ゲレンデトップに出て、そこから倉石ヒュッテの方向に向かいますが、
登山道がいまいちわからず。
ゲレンデ内を歩いていたら、入り口を見つけました。

ハクサンチドリ(白山千鳥:ラン科 ハクサンチドリ属)

Ebosi_17




13:40 倉石ヒュッテ
こちらはあまり歩く人が多くないのでしょうか。
この先は少し葉が生い茂り、かき分けながら歩く箇所も。

Ebosi_24




ノビネチドリ(延根千鳥:ラン科 テガタチドリ属)

Ebosi_18




古い看板がいくつか。

Ebosi_26




Ebosi_27




ハルゼミ

Ebosi_28




最後はゲレンデ内を歩き、駐車場まで。

15:00 小阿寺沢登山口 到着

帰りには遠刈田温泉の共同浴場 神の湯へ。
熱めのお湯ですが、とても気持ちよくてお気に入りです。


今日は展望は残念でしたし、シロヤシオの時期は外していましたが、
樹林帯の中もじんわり汗をかきながら楽しく歩けました。
シロヤシオの花付きがいい年に是非に訪れてみたいです。

Posted by tomomi 登山 | |[2017/06/13]

登山」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。