« 磐梯山 2016.6.27 | トップページ | 熊野岳 2016.9.1 »

櫛形山 2016.7.6

2016.12.1 記

櫛形山といえば、アヤメの群落が有名ですよね。
鹿の食害や他の原因によって、その群落はずいぶん失われたそうですが、
現在では保護活動により、また楽しめるようになりました。

ちょうど季節も良さそうですし、訪れてみようかと。

◇コース◇

池ノ茶屋登山口~北岳展望デッキ~アヤメ平~裸山~櫛形山~池ノ茶屋登山口

我が家の地図は2004年のもので、今回のコースは載っていませんでした。
南アルプス市のHPに、平成25年7月7日に新しくトレッキングコースがオープン、
と出ていました。せっかくですので、こちらを選択。
櫛形山トレッキングコースの見どころ




8:55 池ノ茶屋登山口 出発

今日は暑くなりそうです。

P7060040




早速の眺め。
手前の山は丸山、左の奥に笊ヶ岳が見えています。

Dsc_8665




9:20 北岳展望デッキ

残念ながら、北岳や甲斐駒ヶ岳は雲の中。
右の方には鳳凰三山。

Dsc_8667




とてもよく整備されている道です。
ゆるり、ゆるりと歩きました。

10:05 裸山コル

あっちを見たり、こっちを見たり。

Dsc_5063




Dsc_8677




Dsc_5064




Dsc_8681




アヤメ(菖蒲:アヤメ科 アヤメ属)が咲いていました。

Dsc_5067




ヤマオダマキ(山苧環:キンポウゲ科 オダマキ属)

Dsc_8684




なかなかキレイですね。

Dsc_8693




テガタチドリ(手形千鳥:ラン科 テガタチドリ属)

こちらも沢山咲いていました。

Dsc_8697




Dsc_8720




アップです。

P7060042




グンナイフウロ(郡内風露:フウロソウ科 フウロソウ属)

Dsc_8703




10:45 アヤメ平避難小屋

沢山のアヤメが見られて、大満足です。
他にもウマノアシガタの群落もありましたし、ゆっくり眺めることができました。




裸山に向かいましょう。

Dsc_8729




ネットが張られ、保護されていました。
写真を撮りずらいなぁと思いきや、
ネットが切り取られカメラで覗くことができる穴がありました。
左側の空間がそれです。

Dsc_5077




で、覗いて撮ったのがこの写真です。

Dsc_8731




11:25 裸山
少し休んで、出発です。

分岐で大きなカラマツに出会えました。
樹齢 約300年とか。幹周8.1m、樹高25mだそうですよ。

Dsc_8742




12:00 櫛形山

Dsc_5088




富士山がくっきり。

Dsc_5089




アップです。

Dsc_5090




さぁ、下山しましょう。あとは30分ほどで登山口です。

下っていると、目の前の木々の間から赤石岳と悪沢岳が!

Dsc_5093




登山口はもうすぐですが、あまりに眺めがいいので途中のベンチで休憩です。
お昼も食べていなかったので、ちょうどよかった~

こんな景色を眺めながらのお昼なんて、最高ですね。

聖岳、赤石岳、悪沢岳

Dsc_5105




農鳥岳、間ノ岳、北岳

Dsc_8761




それぞれアップです。どーん。
農鳥岳

Dsc_5103




間ノ岳

Dsc_5102




北岳

Dsc_5101




甲斐駒ヶ岳もくっきり

Dsc_5104




景色を堪能し、お昼ごはんも済んだところで、やっと下山です。

13:00 池ノ茶屋登山口 到着




短い時間で、標高差も少ないので、ノンビリ楽しむことができました。
アヤメもちょうど良い時期で沢山見られ、嬉しいばかり。
本当に保護活動の努力には、頭が下がりますね。

他にもまだまだ蕾のお花もありましたので、
この後の時期にも色々見られそうです。

そして、展望の素晴らしさにはとても感動しました。
やっぱり南アルプスは堂々としていて良いですね~

帰りは、温泉に入り産直で買い物して終了。
早々に帰宅できました!

Posted by tomomi 登山 | |[2016/07/07]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く