« 不忘山~屏風岳 2016.5.29 | トップページ | 富士山周辺にて 2016.6.8 »

八ヶ岳 2016.6.3

2016.9.26 記

この時期の八ヶ岳と言えば・・・

お花の保護の問題もありますね。
大事に大事に見守りましょう。




イチヨウラン(一葉蘭:ラン科 イチヨウラン属)
暗い足元にひっそりと。

P6030003




ホテイラン(布袋蘭:ラン科 ホテイラン属)
とても大事に保護されています。
この株は、少し前に歩かれた知人のものを見ると、
3つ並んでいたようですが、なぜだか2つになっていました・・・

Dsc_4668_2




気品あふれる美しさ。

Dsc_7569_2




Dsc_4681_2




Dsc_7579_2




P6030023_3




ゆっくり、眺めることができました。
保護活動に感謝するばかりです。

静に歩き進むと、以前にも沢山咲いていた場所に今年もありました!
イワカガミ(岩鏡:イワウメ科 イワカガミ属)

Dsc_7593




日影ではまだ雪が残っている箇所も。

Dsc_4688




Dsc_7598




高度を上げると、北アルプスが見えました。

穂高連峰、槍ヶ岳

Dsc_4695




阿弥陀岳

Dsc_7605




ハシゴをよたよた登ります。

Dsc_4697




立山、剱岳

Dsc_4704




爺ヶ岳~白馬岳

Dsc_4705




稜線はお花だらけです。
こんな岩場に咲く小さな花たちに感心してしまいますね。

コメバツガザクラ(米葉栂桜:ツツジ科 コメバツガザクラ属 )

Dsc_7622




イワウメ(岩梅:イワウメ科 イワウメ属)

Dsc_7624




イワヒゲ(岩髭:ツツジ科 イワヒゲ属)

Dsc_7625




ミヤマタネツケバナ(深山種漬花:アブラナ科 タネツケバナ属)

Dsc_7627




イワヒバリも沢山

Dsc_4719




オヤマノエンドウ(御山の豌豆:マメ科 オヤマノエンドウ属)

Dsc_7631




南アルプス
鳳凰三山、北岳、甲斐駒ヶ岳

Dsc_7636




ミネズオウ(嶺蘇芳:ツツジ科 ミネズオウ属)

Dsc_7637




横岳より先の山々がずらり。

Dsc_7638




チョウノスケソウ(長之助草:バラ科 チョウノスケソウ属)
葉っぱの形がすきなんです。

Dsc_7647




P6030038




チシマアマナ(千島甘菜:ユリ科 チシマアマナ属)

Dsc_7653




ミヤマハタザオ(深山旗竿: アブラナ科 ヤマハタザオ属)

Dsc_7655




クモマナズナ(雲間薺:アブラナ科 イヌナズナ属)

P6030040




ツクモグサ(九十九草:キンポウゲ科 オキナグサ属)
ふわふわがたまりません。

Dsc_4729_2




これから花開くものも沢山です。
ちょっと遠い斜面にあり、望遠が欲しくなるところ。

Dsc_7661_2




なんとも、可愛らしい。

Dsc_4731_2




Dsc_7671_2




Dsc_7681




ウラシマツツジ(裏縞躑躅:ツツジ科 ウラシマツツジ属)
紅葉の方がよく見かけますね。

Dsc_7683




横岳と赤岳

Dsc_4743_2




ウルップソウ(ウルップ草:ウルップソウ科 ウルップソウ属)
これからもっと咲くでしょう。楽しみです。

Dsc_7688_2




硫黄岳の爆裂火口
今回はそんなに風が強くなくて一安心。

Dsc_4750




本日もたくさんのお花に出会えました。
展望も素晴らしく、いつ来てもいいところですね。
本当ならば、1泊してゆっくり楽しみたいところですが、それはまた今度。

今回は、高山植物の保護について深く考えされられました。
ただ歩き、花を愛で、展望を楽しむだけでなく、
植生や保護について、もっと知らないといけないと。

いつまでも、咲き続けてくれることを祈るばかりです。

Posted by tomomi 登山 | |[2016/06/04]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く