« 天蓋山 2016.6.19 | トップページ | 雄国沼 2016.6.26 »

湯ノ丸山~烏帽子岳 2016.6.22

2016.11.9 記

レンゲツツジが見頃かな~?と、訪れてみた湯ノ丸山。
少し遅かったようですが、十分楽しめました。

◇コース◇

湯ノ丸スキー場駐車場~ツツジ平~鐘分岐~湯ノ丸山~鞍部~烏帽子岳~鞍部~白窪湿原~湯ノ丸スキー場駐車場




8:40 湯ノ丸スキー場駐車場 出発

ゲレンデは、なかなかの急登。
朝一ぜいぜいします。

Dsc_8255




20分ほどでリフト上まで。

Dsc_8257




レンゲツツジ(蓮華躑躅:ツツジ科 ツツジ属)

ツツジ平に入ると、沢山咲いていました。
もっとオレンジに染まることもあるようですね。

Dsc_4932




周りにカメラを構える方が。平日ですが人気スポットです。

Dsc_8261




Dsc_8264




蝶も保護されているようです。

Dsc_8262




P6220006




7:20 鐘分岐

鐘を鳴らして、湯ノ丸山に向かいます。
ここからはちょっと急になりますね。

ベニサラサドウダン(紅更紗灯台:ツツジ科 ドウダンツツジ属)

Dsc_8277




曇り空でしたが、時々青空も!
でも、ほんの少しの時間だけでした・・・

Dsc_8278




イワカガミ(岩鏡:イワウメ科 イワカガミ属)

Dsc_8279




ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草:イチヤクソウ科 イチヤクソウ属)

Dsc_8282




ツマトリソウ(褄取草:サクラソウ科 ツマトリソウ属)

Dsc_8283




山頂が近づくにつれ、足元のお花が増えました。
少し急ですが、ついつい足が止まり遅くなります。




8:00 湯ノ丸山

山頂は見事に雲の中にすっぽり。
景色が楽しめず・・・
北峰はパスすることにしました。

そうと決まれば、そそくさ移動です。
烏帽子岳に向かうには一度ぐぐっと下ります。




木々の間にお花がちらり。

スズラン(鈴蘭:ユリ科 スズラン属)

背が低く、小さいのでちょっと見つけづらいですね。
森の中でひっそりと咲いていました。

Dsc_8297




ミヤマハンショウヅル(深山半鐘蔓:キンポウゲ科 センニンソウ属)

色味が好きな花なんです。
久しぶりで嬉しい♪

Dsc_8304




こういった説明がところどころにあり、勉強になります。

P6220010




8:30 烏帽子岳との鞍部

烏帽子岳の展望は期待できそうにありませんね・・・

Dsc_8310




それでも楽しい登山道です。
お花が多く、キョロキョロしっぱなし。

Dsc_8318




ハクサンチドリ(白山千鳥:ラン科 ハクサンチドリ属)

Dsc_8321




グンナイフウロ(郡内風露:フウロソウ科 フウロソウ属)

Dsc_8323




ウマノアシガタ(馬の脚形:キンポウゲ科 キンポウゲ属)

Dsc_8325




ガレ場が多くなり、植生が変わりました。

コマクサ(駒草:ケシ科 コマクサ属)

Dsc_8341




白花もありました!

Dsc_4942




シャジクソウ(車軸草:マメ科 シャジクソウ属)

Dsc_8343




ツガザクラ(栂桜:ツツジ科 ツガザクラ属)

Dsc_8344




ムカゴトラノオ(零余子虎の尾:タデ科 イブキトラノオ属)

Dsc_8345




9:30~40 烏帽子岳

どんより雲の中でした。
冷たい風が吹いていて、ゆっくり休むのはちょっと厳しい。
少し口にした後、下山です。

Dsc_8346




下山途中、学校登山のようで沢山の子供達が登ってきました。
みんな元気で良いですね!




10:20 鞍部

ここまではピストンです。
あとはゆるりとした道なので、ノンビリ歩きたいところなんですが、
虫がまとわりついてうるさくて。
思わずネットを被りました。




10:50 中分岐

Dsc_8358_2




白窪湿原に入る頃には、ネットも必要なくなりました。
ゆっくり湿原散歩です。




11:25 湯ノ丸スキー場駐車場 到着

雲が多く、景色は残念な1日でしたが、お花は沢山楽しめました。
レンゲツツジの時期はとても混む様ですから、平日で正解でしたね。
近くに温泉も多いですし、他にもまだまだ楽しめそうです。




下山後、鹿沢温泉 湯本 紅葉館にてお風呂に入り、御蕎麦をいただきました。
お風呂はとってもいいお湯で、本当に気持ちが良かったです。

玄関に立てかけてあったスキー。
なかなかすごい!

Img_4254




途中高原野菜を沢山買って、アウトレットに行って、下山後も満足な1日でした!

Posted by tomomi 登山 | |[2016/06/23]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く