« 北岳 2014.9.27~28 1日目 | トップページ | 本沢温泉~天狗岳 2014.10.3~4 1日目 »

北岳 2014.9.27~28 2日目

おはようございます。

今日は明るくなってからの出発としたので、朝からのんびり。
朝方は満天の星空で、本当にすごかったです。
2人して流れ星も見られ、気持ちが高ぶりました。






北岳山荘のテン場は富士山が目の前で、最高のロケーション。

Dsc_8593




まん丸のご来光とはいかなかったれど、まぶしい朝。

Dsc_8601




6:20 北岳山荘 出発

Dsc_8605




テン場から登山道まで上がると、中央アルプスがずらりと見えました。
昨日は見えなくてしょんぼりしていたんですよね。
ちょうど1週間前に越百山から南駒ヶ岳、空木岳の稜線を歩いているので、
キレイに見えて大はしゃぎです。

右の方の木曽駒ヶ岳の後ろに御嶽山が見えています。
黒い雲の流れは、やはり噴火の影響なのでしょうか。

Dsc_2353




北岳までは昨日も歩いています。

Dsc_2369




こちらの方はすっかり元気なりました。
よかったね~

Dsc_8620




何度も振り返る間ノ岳。
左の奥に農鳥岳、さらにその奥に笊ヶ岳。

Dsc_2376




タカネヤハズハハコ(高嶺矢筈母子:キク科 ヤマハハコ属)
好きなんですよね~、今年は夏の一番いい時期に出会えなかった・・・

Dsc_2385_2




今度は北アルプスです。
アップで~

穂岳連峰、槍ヶ岳

Dsc_2390




立山と剱岳

Dsc_2389




鹿島槍ヶ岳、五竜岳、白馬岳

Dsc_2388




もう一度振りかえって。
間ノ岳の後ろに塩見岳が見えたよ♪

Dsc_8635




7:40~8:00 北岳

景色を楽しみながらゆっくり歩いてきました。
山頂には沢山の人がいましたが、休めるスペースは十分あります。

八ヶ岳

Dsc_8641




鋸岳と甲斐駒ヶ岳の後ろには高妻山、火打山、妙高山なども見えました。

Dsc_8642




仙丈ヶ岳の紅葉もよさそうです。

Dsc_8650




こちらは肩ノ小屋の東側の斜面。

Dsc_2401




肩ノ小屋がもうすぐ。

Dsc_8655




8:20~8:25 肩ノ小屋

北岳から小屋までの間、日陰には霜柱がありました。
これからはどんどん寒くなりますね。

Dsc_8659




小太郎尾根の分岐までは、気持ちのよい尾根歩き。

Dsc_8668




草スベリへ。
ここから白根御池小屋まで、紅葉のトンネルの中をぐんぐん下ります。

Dsc_2428




黄色や赤にさらに陽射しが入り込み、まぶしい限り。

Dsc_8689




急な下り坂ですが、ご機嫌です♪

Dsc_2433




Dsc_8694




葉っぱの向こうには北岳です。

Dsc_8695




鳳凰三山

Dsc_2443




本当にいい色合いでした。

Dsc_8699




9:40~10:00 白根御池小屋

ずいぶん下ってきました。
休まれている方々が、ソフトクリームを食べているではありませんか!

Dsc_8710




これには私達もすぐに飛びついてしまいました。
なんと最後の2つということで、迷わず1人ひとつです。
美味しかったね。贅沢~

Dsc_8714




あとは広河原まで、ひたすら樹林帯を歩きます。

Dsc_8717




途中、小屋の方でしょうか?登山道の整備をされていました。
感謝、感謝です。




最後につり橋を渡って広河原まで。

Dsc_2450




11:30 広河原 到着

ここからは乗り合いタクシーで芦安まで。
おつかれさま!よい2日間だったね。








そして・・・

芦安に来て初めて知った御嶽山の噴火。
おかしな雲だと思っていたものが、噴火だと知りただただ驚くばかり。
私達も昨年訪れて、とても印象の良い山で再訪も考えていました。
多くの方が犠牲となり、いまだ捜索活動も続いております。
被害が小さいことを祈っていましたが、
想像を遥かに超える被害に言葉もありません。

南アルプスと御嶽山の距離が離れているとはいえ、
家族は心配したようでした。ありがたいことです。

今後の沈静化と、みなさんがご家族の元に帰られますよう願うばかりです。

Posted by tomomi 登山 | |[2014/10/09]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く