« 越百山~空木岳 2014.9.14~15 2日目 | トップページ | 北岳 2014.9.27~28 2日目 »

北岳 2014.9.27~28 1日目

9月の終わり、3000m級の山では紅葉が始まるこの時期。
まず真っ先に浮かんだのが北岳です。
久しぶりに訪れてみたくなりました。






しっとりと秋の始まり。
驚くほどに輝く一瞬があり、感嘆の声をあげずにはいられなかったね。

Dsc_8678






◇コース◇

9/27(土) 広河原~大樺沢二俣~八本歯のコル~北岳~北岳山荘
9/28(日) 北岳山荘~北岳~北岳肩ノ小屋~白根御池小屋~広河原




金曜日の夜23時頃に芦安の駐車場に。
バスが出る第2駐車場に停められましたが、すでに9割方うまっている感じ。

朝4時半頃目覚めると、すでに乗り合いタクシーは来ていて、
準備が出来ている方達が続々やってきて、タクシーの中で待機中でした。
結局1便のバスに座れましたが、この日は5台でた様子。
すごい人気ですね~




6:40 広河原 出発

Dsc_8418




北岳も綺麗に見えました。
葉っぱが色づいていますね。楽しみです。

Dsc_2284




樹林帯をゆっくり進みます。
3000mを越える山なので、急ぐとあの人の体に悪そうです。

Dsc_8428




レイジンソウ(伶人草:キンポウゲ科 トリカブト属)

Dsc_8431




Dsc_8434




キツリフネ(黄釣舟:ツリフネソウ科 ツリフネソウ属)

Dsc_8436




Dsc_8442




本当に、ゆっくり、ゆっくり進みます。
目に入る秋の景色の移りゆくさまに、溜息がもれます。

Dsc_2301




やがて樹林が切れると、北岳が視界に飛び込んできました。
多くの人で賑わう大樺沢。

Dsc_2308




ミソガワソウ(味噌川草:シソ科 イヌハッカ属)

Dsc_8467




タカネグンナイフウロ(高嶺郡内風露:フウロソウ科 フウロソウ属)

Dsc_8477




ミヤマハナシノブ(深山花忍:ハナシノブ科 ハナシノブ属)
久しぶりに出会えて、とても嬉しい♪

Dsc_8478




8:55~9:15 二俣

ここで休憩。眺めもいいし最高です。

Dsc_8481




イワオウギ(岩黄耆:マメ科 イワオウギ属)

Dsc_8485




ジワジワ高度を上げていきます。
天気がいいし、どこを見ても素晴らしい景色なので、
しんどさを感じません。

Dsc_8501




Dsc_8504




Dsc_8514




Dsc_8515




足元の葉っぱも赤い!
イワベンケイ(岩弁慶:ベンケイソウ科 イワベンケイ属)

Dsc_8520




ミヤママンネングサ(深山万年草:ベンケイソウ科 マンネングサ属)

Dsc_8527




バットレスからはクライマーの方々の声が響いてきました。
かっこいいですね~

Dsc_8529




八ヶ岳が遠くに。

Dsc_8532




アップにしてみると、阿弥陀岳、赤岳がよくわかります。

Dsc_2323




さぁ、いよいよですよ。
ここからハシゴの連続です。
はい、もちろん今回もしんどかった・・・

Dsc_8537




景色を眺めるふりをして、ちょっと休むという。

Dsc_8538




真新しい感じですね。

Dsc_8539




11:05~11:20 八本歯のコル
ハシゴが続いて疲れましたが、景色に励まされながら登ってきて良かった!

Dsc_8542




富士山が綺麗に見えました。

Dsc_8548




八本歯のコルまできたら、あと1時間ほどで山頂だ!
そんな思いがあったからか、この後の吊り尾根分岐までが辛いこと。
少しずつk-taにおいていかれたような気がします。




間ノ岳がきれいだな~

Dsc_8550




12:00~12:15 吊り尾根分岐

ようやくザックをおろしてほっとしました。
あー空身っていいね♪
ここにザックをデポして、サブザック一つで北岳をピストンです。

さぁ、足取りも軽く~と行きたい所ですが、そうとはいかないのが現実で。
身軽なのにノロノロ歩き。

Dsc_8553




この時、私達はまだ知りませんでした。
仙丈ヶ岳の左後ろの雲、御嶽山のあたりです。
時間は12:30ですので、まだ噴火して1時間あまりだったのしょうか。
なんだか変な雲だね、なんて話していました。
まさか噴火だとは思うはずもなく。
下山してから、多くの方が犠牲になったと知り、ただただ驚くばかりで。
心よりご冥福をお祈りいたします。

Dsc_2335




12:30~12:50 北岳

甲斐駒ヶ岳

Dsc_8560




八ヶ岳、左の方の蓼科山は雲に隠れてしまいました。
うっすら後ろに頭を出しているのは浅間山。

Dsc_8561




鳳凰三山、歩いてきた大樺沢の眺め。

Dsc_8564




ゆっくり景色を堪能できました。
忘れぬために。

Dsc_8565




下りは足元の葉っぱを楽しみながら。

イワベンケイ(岩弁慶:ベンケイソウ科 イワベンケイ属)

Dsc_8567




ハクサンイチゲ(白山一華:キンポウゲ科 イチリンソウ属)

Dsc_8569




13:05~13:10 吊り尾根分岐

再びザックを背負って、本日の宿泊地、北岳山荘まで。
テン場の状況が少し気になりますが、今更急いでも仕方ありません。

Dsc_2344




ガスが出てきました。
間ノ岳の後ろに見えていた塩見岳は雲の中に・・・

Dsc_8574




ミヤマコゴメグサ(深山小米草:ゴマノハグサ科 コゴメグサ属)
ミヤマミミナグサ(深山耳菜草:ナデシコ科 ミミナグサ属)

Dsc_8583




チョウノスケソウ(長之助草:バラ科 チョウノスケソウ属)の葉っぱ

Dsc_8581




キンロバイ(金露梅:バラ科 キジムジロ属)

Dsc_8588




あと少しです。

Dsc_8590




山荘の周りの斜面もいい色づきでした。

Dsc_8591




13:40 北岳山荘 到着

テン場はまだほどよく空いていました。
申し込みに山荘に行ったところ、とても親切丁寧な対応!
晴天の週末ですから、山荘スタッフの方は忙しいことかと思います。
テキパキしていらっしゃいながらも丁寧で、本当に感謝ですね~
ありがたいことに、今年から水も無料とのことでした。驚きです。




少しゆっくりしてから夕ご飯の準備と思っていましたが、ついついウトウト。




そして、あの方はそのままダウン・・・
やっぱり出てしまいました。高山病。




私といえば、担ぎ上げたチキンをフランパンでじゅうじゅう焼いて、
それを野菜たっぷりのスープに入れて、1人寂しく食べました。
明日には元気になっているといいな。

2日目に続きます・・・

Posted by tomomi 登山 | |[2014/10/07]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く