« 三国山 2014.6.28 | トップページ | 田代山 2014.7.7 »

鬼ヶ面山~浅草岳 2014.7.6

久しぶりに会いたくなったあのお花。
以前に見たのは2007年の飯森山だったとは。
実に7年も経っていてびっくりです!


◇コース◇

六十里越~鬼ヶ面山~浅草岳 ピストン


地図をじっくり見てみると、思っていたより長いかも・・・
ということで、早めに出発するために深夜に自宅を出ました。
暑さにやられないといいな~



5:35 六十里越 出発

駐車場にはすでに10台以上停まっていたような。
自転車をデポして田子倉から周回する人も多いようです。
道路を歩くことをほんの少し考えましたが、あっさり却下。

Dsc_6040




はじめの1時間で汗がボトボト落ちました。
いやぁ、暑い。

途中、先行の男性が振り返り、今そこで熊を見たんですけれど・・・と。
え?今そこでですか?
気がつきませんでした。よかったんだか、悪かったんだか。

Dsc_6049




6:25 マイクロ中継局

水分補給と、ちょっと休憩。
このあたりは雲が少なめですが、先はどうでしょうか?

Dsc_6050




毛猛山はよく見えますが、その後ろは雲だらけ。

Dsc_6052




コケイラン(小蕙蘭:ラン科 コケイラン属)

Dsc_6053




お立ち台

Dsc_1483




ギンリョウソウ(銀竜草:イチヤクソウ科 ギンリョウソウ属)

なんだかうっすらピンクがかっています。
こんな風になっているのを見たのは初めて。

Dsc_6068




角度を変えて。

Dsc_6069




ホウチャクソウ(宝鐸草:ユリ科 チゴユリ属)
ユキザサ(雪笹:ユリ科 ユキザサ属)

Dsc_6070 Dsc_6071




ツクバネソウ(衝羽根草:ユリ科 ツクバネソウ属)
イワカガミ(岩鏡:イワウメ科 イワカガミ属)

Dsc_6074 Dsc_1491




チゴユリ(稚児百合:ユリ科 チゴユリ属)

Dsc_6076




マイヅルソウ(舞鶴草:ユリ科 マイヅルソウ属)

Dsc_6079




浅草岳が見えましたが、なんだか雲が押し寄せています。

Dsc_6080




アップです。

Dsc_1492




ゴゼンタチバナ(御前橘:ミズキ科 ゴゼンタチバナ属)

この日一番多く見られたお花かも。

Dsc_6081




田子倉湖方面。真ん中に会津朝日岳。

Dsc_6085




7:25 南岳

ようやく姿を見せてくれました!
ヒメサユリ(姫小百合:ユリ科 ユリ属)

7年ぶりですね~嬉しい♪

Dsc_1494




南岳の手前にひとつ蕾があったので、期待していたんですよね。

Dsc_6093




Dsc_6101




Dsc_1501




7:55 鬼ヶ面山

まだまだ続きます♪

Dsc_1507




Dsc_1509




Dsc_6110




Dsc_6111




はい、しつこすぎますね・・・
北岳への分岐へはぐぐっと登ります。
北岳は銃走路よりちょっとだけ外れますが、踏跡があるので行ってみました。
まぁ、特にこれといって何もないというか。


8:25 北岳分岐


今度はかなり急な下りです。
あー、せっかく登ったのに残念だよ~
これから先、何度このセリフが頭に浮かんだことか。
アップダウンの連続なのです。

Dsc_6126




今度はムジナ沢カッチまで登りです。
本日はピストンなので、帰りを思うとヤレヤレですね。

Dsc_6132




ヤマグルマ(山車:ヤマグルマ科 ヤマグルマ属)

Dsc_6137




8:55 ムジナ沢カッチ


ヤマサギソウ???
この手のものは難しいです。

Dsc_6146




まだまだヒメサユリが楽しめます。

Dsc_6150




コバイケイソウ(小梅蕙草:ユリ科 シュロソウ属)

今年初ですね。

Dsc_1512




ニッコウキスゲ(日光黄菅:ユリ科 ワスレグサ属)

Dsc_1515




Dsc_1516




Dsc_6155




Dsc_6161




ミツバオウレン(三葉黄蓮:キンポウゲ科 オウレン属)

Dsc_6168




9:40 前岳分岐

この先1カ所だけ雪渓がありました。
残念なことに山頂は雲の中。

Dsc_6170




ベニサラサドウダン(紅更紗灯台:ツツジ科 ドウダンツツジ属)

Dsc_6176




ワタスゲ(綿菅:カヤツリグサ科 ワタスゲ属)

Dsc_1524




9:55~10:35 浅草岳
山頂はちょっと狭いので、一段下がった湿原の中の広い木の板の上で休憩です。
いろいろなルートから多くの人が登ってきていたようで、なかなか賑やかでした。




トキソウ(朱鷺草:ラン科 トキソウ属)

Dsc_6184




守門岳、雲で覆われています。残念~

Dsc_6186




イワイチョウ(岩銀杏:ミツガシワ科 イワイチョウ属)

Dsc_6189




来た道を戻ります。
あぁ、帰りもアップダウンか~

Dsc_6195




湿気も多くて、体にじわじわ疲れがきます。

Dsc_6201




11:20 ムジナ沢カッチ


ミネウスユキソウ(峰薄雪草:キク科 ウスユキソウ属)

Dsc_1525




オノエラン(尾上蘭:ラン科 ハクサンチドリ属)

Dsc_6213




北岳への登り。頑張らないと・・・

Dsc_6215




11:50 北岳分岐

もうこの後はヒメサユリを眺めながら、もくもくと進みます。




12:10 鬼ヶ面山

浅草岳を振り返って。

Dsc_6229




ツマトリソウ(褄取草:サクラソウ科 ツマトリソウ属)

Dsc_6224




1日楽しませてもらいました。

Dsc_6232




遠くに燧ケ岳も肉眼ではよく見えましたが、ぼんやりだなぁ。

Dsc_6237




13:20 マイクロ中継局


13:50 六十里越

おつかれさま~
いやぁ、ヒメサユリを眺めながらのノンビリ山行とはいかず、
1日しっかり歩きました。
湿気と暑さのおかげで、水分補給はかなりの量。
マメに飲まないとバテてしまいそうでしたから。

それでも沢山のお花もあり、気持ちのよい登山道です。
あとはせっかくの展望の良い山ですので、雲が多いのはちょっと残念だったかな。
ヒメサユリに関しても、もう1週早いほうがより楽しめた様子。
いい時期にあたるのは難しいですね。




この日は湯の花温泉に宿泊ですので、下道で気持ちよく移動。

かやぶき屋根のお宿です。

Dsc_6245

お風呂は湯ノ花温泉街の4ヵ所の温泉に、宿泊翌日まで300円で入れます。
この日はお湯が熱くて、ぬるくするのが大変でしたが翌日は女湯はばっちり。
男湯は2日間とも熱くて、ちょっと大変だったようですが・・・

なかなか趣があってよいところです。
夕ご飯も、沢山のお野菜とイワナやお蕎麦をいただき大満足。

夜はとっても涼しくて、半袖ではちょっと寒いくらい。
明日の天気を気にしつつも、早々に布団に入り就寝。

昼まで雨が降らないといいのだけれど・・・

おやすみなさい。

Posted by tomomi 登山 | |[2014/07/09]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く