« 薬師岳 2013.8.21 | トップページ | 早池峰山 2013.8.22 その2 »

早池峰山 2013.8.22 その1

2人だけの小屋泊まりは、あまりに静かで朝もゆっくり迎えることが出来ました。

おはよう!
今日は睡眠をしっかりとったおかげで、疲れも残っていません。

Dsc_3802




とはいえ、朝食をとって、小屋の掃除をして、結局出発はゆっくり。

お世話になりました~

Dsc_3801_2




そうなんですよね、うっかり東北の山に来るのに熊鈴忘れてきちゃったよ。

Dsc_3800




ハナイカリ(花錨:リンドウ科 ハナイカリ属)
小田越周辺にいっぱい咲いていましたね。

Dsc_3804




6:00 小田越 出発

Dsc_0763




雨の日の木道って滑りやすくて、かなり慎重になります。
でもこんな風に切れ目が入っていると、よさそうですね。

Dsc_0766




熊よけでしょうね。
がんがん鳴らせるように木の棒がちゃんとあります。

Dsc_0769




タケシマラン(竹縞蘭:ユリ科 タケシマラン属)の実

Dsc_3816




ステキなベンチ♪

Dsc_0770




カニコウモリ、ツルリンドウ、ツルアリドオシなんかがちらちらと咲いています。

ソバナ(岨菜:キキヨウ科 ツリガネニンジン属)

Dsc_3849




樹林帯を抜けると、景色ば開けすばらしいです。

Dsc_0787




気持ちがよくって、それぞれが自分のペースで好きなように歩いています。

Dsc_3857



最盛期は過ぎていますが、高山植物が次々と現れ驚くばかり。

キンロバイ(金露梅:バラ科 キジムジロ属)

Dsc_3875




ナンブトウウチソウ(南部唐打草:バラ科 ワレモコウ属)

早池峰山の固有種です。

Dsc_3877




ミネウスユキソウ(峰薄雪草:キク科 ウスユキソウ属)

Dsc_3881




昨日歩いた薬師岳。

Dsc_0802




ウメバチソウ(梅鉢草:ユキノシタ科 ウメバチソウ属)

Dsc_3888




もう赤くなっていますね。

Dsc_3892




ナンブトラノオ(南部虎の尾:タデ科 イブキトラノオ属)
こちらも早池峰山の固有種です。
あまりにかわいらしい色合いに大喜び♪

Dsc_3893




オンタデ(御蓼:タデ科 オンタデ属)
オヤマソバ(御山蕎麦:タデ科 オンタデ属)???

Dsc_3901




まわりに人もいなくて、贅沢な限りです。
お花の最盛期をはずしていることと、平日だからでしょうか。
一般的には河原坊より登り、小田越に下山するようです。
逆コースだからかも。

Dsc_0814




のんびり景色を眺めたり、お花を覗き込んだり。
すっきりとして歩きやすい日でした。

Dsc_3909




遠くに五葉山、奥の右の方。
小田越からピストンで歩かれていた方に教えていただきました。
ぜひ、石楠花の時期に行きたいですね~

地元の方だったようで、他にもいろいろとしばしお話。
ありがとうございました。

Dsc_3923




ホタルサイコ(蛍柴胡:セリ科 ミシマサイコ属)

Dsc_3927




ナンブトウウチソウ
あちらこちらに咲いていて、楽しませてくれました。

Dsc_3931




ナガバキタアザミ(長場北薊:キク科 トウヒレン属)

Dsc_3946




ハヤチネウスユキソウ(早池峰薄雪草:キク科 ウスユキソウ属)
まだひっそりと残っていました。
見つけるたびに嬉しくなります。

Dsc_3949




Dsc_0847




だいぶ登ってきました。

Dsc_0854




7:45 五合目です。
このあたりは風が強くて、お花を撮るのが大変~

Dsc_0857




チシマフウロ(千島風路:フウロソウ科 フウロソウ属)
イブキジャコウソウ(伊吹麝香草:シソ科 イブキジャコウソウ属)

Dsc_3963 Dsc_3973




八合目の先の梯子。

Dsc_3982




剣ヶ峰分岐を過ぎると、平坦な木道歩きとなります。
雲の流れがとても早くて、青空が出たり隠れたり。

Dsc_0873




オオシラビソ(アオモリトドマツ)

Dsc_3987




山頂の避難小屋が見えてきました。
もうすぐだね~

Dsc_4005




8:45 早池峰山 山頂です。
河原坊から登ってきた方々が数名いらっしゃいました。

Dsc_0882




Dsc_4008

せっかくなので、ゆっくりしましょう。

その2 に続きます・・・

Posted by tomomi 登山 | |[2013/10/02]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く