« 甲斐駒ケ岳 2013.10.6 その1 | トップページ | 仙丈ケ岳 2013.10.7 その1 »

甲斐駒ケ岳 2013.10.6 その2

駒津峰で15分ほど休憩。
景色を堪能し、おなかも満たしてさぁ出発です。

11:05 駒津峰 出発。

Dsc_4579




だんだん雲が上がってきました。
鋸岳ちらり。

Dsc_4580




いったん下って、大きな岩の六方石と通り過ぎます。
このあたりは下山してくる人とのすれ違いも多かったですね。

北岳も雲で隠れてしまうのかな・・・

Dsc_4581




11:25 分岐

摩利支天への巻き道ルートと、直登ルートとの分岐まで来ました。
地図では破線となっていますが、どうなんでしょうか?
2004年の古い地図ですし、あてにならないかも。
(帰って調べたら、今でも破線でした)

ということで、直登ルートを選択です。k-taはストックをザックにしまって出発。

最初の方だけ、きちんと三点支持で登れば問題ないと思われます。
花崗岩でフリクションもよく、足場、手がかりも探せばちゃんとあります。




もうこのあたりは登山道と一緒。

Dsc_4584




白い砂礫の道。

Dsc_4588




広がる雲海から頭を覗かせた鳳凰三山と富士山。

Dsc_1078




12:10 甲斐駒ケ岳 到着。
一等三角点が立派だね。

Dsc_4593




北岳、間ノ岳。

Dsc_1079




仙丈ケ岳のカールもくっきり。アップです。

Dsc_4595




八ヶ岳は、雲の中から本当にちょっとだけ。

Dsc_1085




お昼をゆっくり食べて、さぁ下山です。

12:50 甲斐駒ケ岳 出発。

駒ケ岳神社本社 黒戸尾根とはここで別れます。

Dsc_4604




奥社を見上げます。

Dsc_1087




黒戸尾根。
以前歩いた道を2人で懐かしむ・・・よかったよね。

Dsc_4606




まだまだ時間がかかります。気をつけて下らないと。

Dsc_4608




砂埃で、靴や裾が白くなってしまいました。

Dsc_1091




急な下りをどんどんすすみます。
白い斜面がキレイ。

Dsc_4611




時間も時間なんですが、せっかくなので摩利支天へ。

13:25 摩利支天

Dsc_4620




甲斐駒ケ岳を見上げます。

Dsc_4618




13:40 分岐まで戻って、眺めた摩利支天。

Dsc_4631




澄み切った秋の空。

Dsc_4636




13:50 直登ルートとの分岐。

Dsc_4637




何度も振り返ってしまいます。

Dsc_4652




摩利支天と遠くにオベリスクのとんがり。

Dsc_4654




最後にぐぐっと登り返して駒津峰に到着です。

14:15~14:20 駒津峰 

Dsc_4660




双児山へ、また登り返しですね。

Dsc_1102




急ですし、浮石多くてちょっと歩きにくいです。

Dsc_1107




本日の見納め。

Dsc_1109




14:50 双児山 到着。

Dsc_4669




北沢峠まで、標高差にして600mほど。
樹林帯をひたすらぐんぐん下りました。




15:50 北沢峠 到着。

Dsc_1111




ここからテン場の長衛小屋まで、たらたら歩いて終了!
最後は疲れましたね~

すっかり遅くなりましたが、明るいうちにご飯にしないと。
k-taは小屋でエビスの生ビールを購入しご満悦。

夜は冷えると思って、本日はおでんからのお鍋。

Dsc_4672




豚肉たくさん。スープはあっさりめの豚骨です。

Dsc_4676




つまみやら、ごはんやらで結構おなかいっぱいになりました。

明日の天気も期待できそうです。
今宵も早々に18:30にはおやすみなさい・・・

Posted by tomomi 登山 | |[2013/10/29]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く