« 御嶽山 2013.7.28~29 その2 | トップページ | 十二ヶ岳 2013.8.11 »

御嶽山 2013.7.28~29 その3

小屋で軽く休んでから、三ノ池に出発です。
すぐに雪渓歩き。
ロープが張られ、歩きやすいように雪もカットされています。

Dsc_3474




すぐさま、お花たちが迎えてくれました。

ハクサンイチゲ(白山一花:キンポウゲ科 イチリンソウ属)

Dsc_3479




アオノツガザクラ(青の栂桜:ツツジ科 ツガザクラ属)

Dsc_0588




イワカガミ(岩鏡:イワウメ科 イワカガミ属)

Dsc_3485




あっちも、こっちもお花が沢山咲いていて忙しい~♪

Dsc_3486




Dsc_3487




三ノ池まで下ります。

Dsc_0596




ミヤマキンバイ(深山金梅:バラ科 キジムジロ属)とイワカガミの共演。

Dsc_0599




池まで来ました。
日本の高山湖の中でもっとも深い湖だとか。
静かにゆらゆらと水面が揺れて、あまりの静けさに2人でただボーっとするのみ。

Dsc_3506




ヨツバシオガマ(四葉塩竃:ゴマノハグサ科 シオガマギク属)

Dsc_3509




コマクサ(駒草:ケシ科 コマクサ属)

Dsc_3515_2




新しい標識でしょうか?
立派でキレイですね。

Dsc_0612




コマクサは本当に沢山!
k-taにいたっては、見飽きたね~なんて暴言を吐く始末・・・

Dsc_0617




チシマギキョウ(千島桔梗:キキョウ科 ホタルブクロ属)
五ノ池小屋まで来る間、イワギキョウはあちらこちらで見かけたのですが、
チシマギキョウはここでしか見つけられなかったなぁ。気がつかなかっただけ?

Dsc_3518




上から見た三ノ池。瑠璃色できれいです。

Dsc_0620




四ノ池へ。
小川が流れています。正面には、継子二峰。

Dsc_0631




開田側を覗き込んでみました。
幻の滝の上部になるのかな?

Dsc_0636




ガスの隙間から、広がる森が見えました。

Dsc_0637




四ノ池のお花畑です。
バイケイソウ、コバイケイソウ、モミジカラマツの白が目立ちますね。

Dsc_3533




Dsc_3534




ジムカデ(地百足:ツツジ科 ジムカデ属)

Dsc_3544_2




三ノ池をもう一度眺めて~

Dsc_3548




継子岳はまた今度~

Dsc_3549




五ノ池小屋に帰ってきました。

Dsc_3552_2




五ノ池です。

Dsc_3556




それでは、お疲れ様!
2時間ほどゆっくり散策できて大満足。
周りに誰もいなくて、静かな時間でした。

そして、これからの楽しみは~?

五ノ池小屋には、ぱんだカフェなるカフェがあり楽しみにしていたんです。
小屋の薪ストーブでの手作り♪

スモークチーズ、スモークソーセージ、
美味しくってあっという間になくなってしまいました。
かんぱーい!

Dsc_3559




そして、ヨモギのシフォンケーキ。
バニラと迷ってこちらに!ふわふわです。

Dsc_3561




夕ご飯まで少し時間があるので、ちょっと休むことに。
ここまで、あの方は元気いっぱいでしたが・・・
もちろん、私も大丈夫だと思っていたのですが・・・

夕ご飯をいただく段階になって、k-taがむかむかすると顔しかめています。
あ~、やっぱりですね。
ほとんど夕食を食べることが出来ず、なんどもトイレと部屋を往復してました。

お気の毒・・・
見事なほどに高山病ですね。

私といえば元気なので、ちょっと大変でしたが2人分の夕飯をいただきましたよ!
最後は1人食堂に居残りでしたが・・・
もう、満腹!




夕食後に眺めた空。

Dsc_3566




残念ながら、雲が多く焼けることはありませんでした。

Dsc_3575




コマクサの群生地も眺めに行きましたが、これまた見事でびっくり。
k-taも見られたらよかったのにね。




寒いので、小屋に戻りほっと一息。
この薪ストーブ、本当に素敵です。

Dsc_3577




明日、7/29の天気は?
予報より雨が降り出すのが早くなったようです。
朝から雨具装着だね。

Dsc_3580




夜はぐっすり眠れました。
k-taは夜中に復活したようです。よかったね。




朝は予報どおり、雨が結構降っていました。
朝ごはんをいただいた後、皆さん次々と小屋を出発していきます。

私達も6:30には出発。
風も強いのでお気をつけて、と小屋の方に見送っていただきました。


朝になったら、焼きあがっていたバニラシフォン。
これまた魅力ですが、今日は眺めるだけ。

Dsc_3586






下りは、ピークは踏まず巻けるところは巻いて、出来るだけ短いルートを進みます。
サイノ河原、まごころの塔あたりは風が強いので気をつけて。

王滝頂上から下は岩がゴロゴロなので滑らないように!

もくもくと歩いて、なんとか車のある田の原口まで。
10:30頃だったかな・・・
もちろん、昨日沢山あった車はほとんどありませんでした。

結構な雨なので、着替えるのも必死。
車に乗り込み、まずはお風呂に入りやっと一息。
お昼にお蕎麦をいただいて、あとはのんびり家まで帰りました。



山の計画は、私tomomiが立てることが多いのですが、
今回はk-taの希望で御嶽山になりました。(ルートは結局私が決めましたが・・・)
思いがけない選択でしたが、多くの人が訪れるだけある魅力的な山でした。

南部の剣ヶ峰や地獄谷の荒々しさ、それとは対照的に北部は緑や高山植物が多く、
どんどん変わる景色にただただ魅了されました。
今回は天気が残念でしたが、それでも十分楽しめましたね。

今度は天気のよい初夏か、紅葉の時期にでも行きたいな。
なかなかすぐに行かれるところではないので、またゆっくり計画を立てるかな~

Posted by tomomi 登山 | |[2013/09/24]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く