« 至仏山 2013.7.21 その3 | トップページ | 御嶽山 2013.7.28~29 その2 »

御嶽山 2013.7.28~29 その1

うっかり1ヶ月以上も経ってしまいましたが・・・
御嶽山、忘れないための自分へのレポです。


御嶽山、ちょっと遠くてなかなか行かれなかった山です。
NHKで御嶽山の特集を見ていたk-taが、ぜひとも行きたいと。
せっかく遠くまで行くので、泊まりでゆっくりしたいね。
テン場がないので、今回は小屋泊です。
2日目は雨でしたが、泊まりで行ってよかったなぁ~

◇コース◇
1日目
田の原~王滝頂上~剣ヶ峰~お鉢めぐり~サイノ河原~五の池小屋

2日目
五の池小屋~サイノ河原~黒沢十字路~王滝頂上~田の原




前日、なんとk-taは遅くまで仕事が入ってしまいました。
夜中の移動でしたので、登山口がとても遠く感じて着いてすぐ仮眠。
広い駐車場に次々と車が入ってきます。
そして多くの人が出発していきますが、ワレラはもたもた。



7:40 田の原 出発

登山口ですでに2180mもあります。
剣が峰は3067m、標高差1100mですね。

つまり、そのぉ~
約1名、とても心配です。大丈夫かな・・・

ということで、高度に弱い人のためにゆっくり歩きます。

Dsc_0389_2

 

王滝口は御嶽山で2番目に古い登山道だそう。
白装束の信者の方も沢山お会いしました。

鳥居をくぐって、出発。
広い道からゆるやかなのぼりへ。

Dsc_0391

 

モミジカラマツ(紅葉落葉松:キンポウゲ科 モミジカラマツ属)
ネバリノギラン(粘芒蘭:ユリ科 ソクシンラン属)

Dsc_3290 Dsc_3291

 

大江権現 ここから登山道らしくなります。

Dsc_0395

 

あかっぱげ・・・土が赤っぽいね。

Dsc_3293

 

8:35 金剛童子
御嶽教の信者の方々と多く出会いました。

 

Dsc_0400

 

Dsc_0401

 

下山してくる人も多く、すれ違いは譲り合いながらです。

Dsc_3306_3

 

シナノオトギリ(信濃弟切:オトギリソウ科 オトギリソウ属)?
イワギキョウ(岩桔梗:キキョウ科 ホタルブクロ属)

Dsc_0403 Dsc_3312

 

8:50 八合目石室避難小屋
ザックをおろして少し休憩。

やさしいお顔ですね。

Dsc_3317



久しぶりに見た山看板。

Dsc_0408_2



雪渓です。風がひやっとして気持ちがいいです。

Dsc_3323_2



9:35 一口水

周りの皆さんが一つの方向指差し、なんだか盛り上がっています。
何かと思ったら、雷鳥でした。
堂々とした立ち振る舞い!

Dsc_0420



雪渓脇の水場ですから、お花も賑やか♪

Dsc_0428

ちなみに、一口水の名の通り、お水はちょろちょろ出した。
せっかくなので、もちろんいただきましたよ~



振り返ったところ。 まだまだ登る人、下る人が沢山行き交っています。

Dsc_3332



イワツメクサ(岩爪草:ナデシコ科 ハコベ属)
いたるところに咲いていました。今回の山行で一番見たお花じゃないかな。

Dsc_3336



九合目を過ぎて王滝頂上山荘まで。
山荘の下にはオンダテの群落が広がっていましたよ。

Dsc_0440



オンタデ(御蓼:タデ科 オンタデ属)

Dsc_0444


Dsc_0445



うまいことバランスが保たれているのでしょうか?

Dsc_0451

ヤマガラシ(山芥子:アブラナ科 ヤマガラシ属) 山荘の脇にひっそりと。

Dsc_3347

10:15 王滝口頂上奥社です。

Dsc_3348



Dsc_0455



さぁ、剣ヶ峰へ。って、頂上がガスの中ですね・・・
手前に見えているくるくるは、まごころの塔です。
このあたり、吹き曝しになるので強風注意ですが今日は大丈夫。

Dsc_3354



まごころの塔のあたりで、ちょっと休憩していたらガスが抜けてきました。
いっせいに周りの方々もカメラを構えています。

Dsc_3358



噴煙が上がっています。

Dsc_0467



御嶽剣ヶ峰山荘を通り過ぎ

Dsc_0469_2



階段を上がると

Dsc_3365



11:00 御嶽神社です。

Dsc_0475



お参りをした後、お鉢めぐりへ。

Dsc_3369

ここから先は人が少ないみたいです。
どんな感じかな?楽しみ。
その2 に続きます・・・

Posted by tomomi 登山 | |[2013/09/16]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く