« 至仏山 2013.7.21 その2 | トップページ | 御嶽山 2013.7.28~29 その1 »

至仏山 2013.7.21 その3

山頂からの展望がすばらしく、みんな大満足です!

 

巻機山、越後三山、下部では見えなかった八海山もくっきり。

Dsc_3168

 

谷川岳、苗場山も奥に見えています。

Dsc_0347

 

かなりのズームですが、なんと妙高山、火打山も見えました。

Dsc_0349

 

先週歩いた浅間山も望むことが出来て、4月に真っ白だったこの頂上が嘘のようです。

混んでいた山頂ですが、少し離れたところにひっそりと5人座れるスペースがあったので、ゆっくり休むことが出来ました。

12:40 至仏山 出発
1時間弱の休憩でした。これだけの景色ですから、もう堪能するしかありませんね!

 

お花はまだまだ続きます。
タカネナデシコ(高嶺撫子:ナデシコ科ナデシコ属)
ホソバツメクサ(細葉爪草:ナデシコ科タカネツメクサ属)

Dsc_3184 Dsc_3191

 

小至仏山へ。 4月にはこのあたりが真っ白だったよね~

Dsc_3186

 

ムラサキタカネアオヤギソウ(紫高嶺青柳草:ユリ科シュロソウ属)
ハクサンシャクナゲ(白山石楠花:ツツジ科ツツジ属)

Dsc_3195 Dsc_3199

 

至仏山を振り返ると、そうあの楽しかった斜面です!
今見ても気持ちよさそう♪

Dsc_3208

 

ハクサンチドリ(白山千鳥:ラン科ハクサンチドリ属)

Dsc_3222

 

ハクサンイチゲ(白山一花:キンポウゲ科イチリンソウ属) 白さが際立ちます。

Dsc_3225

 

チングルマ(稚児車:バラ科チングルマ属)
花が終わった後も、紅葉もいいけれど、やっぱり花がきれいだな。

Dsc_3227

しつこく眺め

Dsc_3230

さらにしつこく眺め

Dsc_3233_3


あぁ、どこから見てもキレイだな・・・と1人喜ぶのみ。

 

 

ウサギギク(兎菊:キク科ウサギギク属)
イワカガミ(岩鏡:イワウメ科イワカガミ属)

Dsc_3229 Dsc_3237

 

シナノキンバイ(信濃金梅:キンポウゲ科キンバイソウ属)
お花畑の中でも、よく目立ちますね。

Dsc_3248

 

13:45~13:50
オヤマ沢田代のベンチで休憩。 まわりはお花畑。
少し遠いところにハクサンコザクラが群生していました。

 

ベニサラサドウダン(紅更紗灯台:ツツジ科ドウダンツツジ属)
ワタスゲ(綿菅:カヤツリグサ科ワタスゲ属)

Dsc_3250 Dsc_3256


ミツバオウレン(三葉黄蓮:キンポウゲ科オウレン属)
ユキザサ(雪笹:ユリ科ユキザサ属)

Dsc_3257 Dsc_3265

 

オオバタケシマラン(大葉竹縞蘭:ユリ科タケシマラン属)

Dsc_0375

 

ハリブキ(針蕗:ウコギ科ハリブキ属)
茎がタラノキに似てるね~なんて近づいて見ましたが、全くの別物~

Dsc_0380

ね、葉っぱは違うでしょ!

Dsc_0382

 

ギンリョウソウ(銀竜草:イチヤクソウ科ギンリョウソウ属)
モウセンゴケ(毛氈苔:モウセンゴケ科モウセンゴケ属)

Dsc_3275 Dsc_3280

 

後半、先頭を歩くnaoちゃんのスピードがどんどん上がる!

Dsc_3284

 

15:30 鳩待峠 1日たっぷり楽しみました。

いやぁ、のんびりお花を眺めたり、景色を堪能したり。
尾瀬は急いで歩くところではありませんね。


4月に滑ったときの景色を懐かしみながら歩くのも、またよし。
みんな、冬が待ち遠しくなったのでは?


人気のある山だけに人が多いですが、それでもお互い譲り合いながらですので、
自分達のペースで気持ちよく歩けました。

今度は朝霧を見に泊まりで行きたいな~♪
一緒に歩いてくれた皆様ありがとう!

Posted by tomomi 登山 | |[2013/08/02]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く