« 庚申山 2013.6.30 その2 | トップページ | 浅間山(前掛山) 2013.7.14 その1 »

乾徳山 2013.7.7

7/6関東甲信地方で梅雨明け!なんと平年より15日も早いとな。
そのとたんに猛暑もやってきて、汗だくです。

涼しい山に行きたいけれど、予定していた山はあいにくの天気だし・・・
天気予報と地図とにらめっこして、乾徳山となりました。
2013mあるし、鎖場とか楽しそうです♪


◇コース◇
乾徳山登山口バス停~オソバ沢コース~国師ヶ原~扇平~乾徳山~下山道~
国師ヶ原~道満山~バス停

8の字にくるんと歩いてきました。

乾徳山登山口バス停のところに、20台ほど停められる駐車場があります。
5時過ぎに到着しましたが、まだ4台ほどしか停まっていませんでした。


鳥瞰図

Dsc_2498


5:40  バス停 出発

林道をたらたら登ります。
朝一ペースが上がりません・・・


6:10 登山口
案の定、コースタイムよりだいぶかかって登山口。

Dsc_0047


杉林。本日も湿度が高くて、汗がじっとり。

Dsc_0049


こちらをじーっと見ています。
邪魔してゴメンね。

Dsc_0051


6:40 銀昌水 ちょろちょろ程度でしたので、そのまま通過。

Dsc_0054


いつもなら光が射しこんで嬉しいところですが、
今日は暑いのでまだまだ結構と言いたいのをぐっと我慢。

Dsc_2511


じわじわ高度が上がっています。

Dsc_2516


7:05~7:10
3度目の林道との交差地点で、少し休憩。

足元にはギンリョウソウ(銀竜草:イチヤクソウ科ギンリョウソウ属)

Dsc_2522


森林の中は、むしむし、むしむし・・・

7:35 錦昌水

こちらは冷たい水が沢山出ていました。
美味しかったですよ!

Dsc_2524


緩やかになり、気持ちがほっとするね。

Dsc_2528


乾徳山も見えました。

Dsc_0055


7:45~7:55 国師ヶ原

Dsc_2532


ヒカゲチョウの仲間???

Dsc_0060


草原の中、気持ちよく歩けます。

Dsc_0064


振り返ると富士山です。

Dsc_0065


Dsc_2540


ウマノアシガタ(馬の脚形:キンポウゲ科キンポウゲ属)
黄色がキラリ。

Dsc_2545


8:25 月見岩

Dsc_2549


大菩薩嶺が見えました。

Dsc_2550


8:30 扇平 通過


草原から樹林帯へ。
だんだんと岩が増えてきましたね。

Dsc_0068


鎖場です。

Dsc_2560

Dsc_0074


いろいろと気になる岩を通り過ぎますよ。

Dsc_2565


山頂直下の鎖場。
順番待ちもなく、安心して取り付けました。
下部だけちょっと気をつければ、あとは大丈夫です。

Dsc_2568


9:20~9:50 乾徳山

360°の展望が楽しめるはずなんですが、すっかり雲の中でした・・・
かろうじて見えた富士山。

Dsc_0079


イワキンバイ(岩金梅:バラ科キジムシロ属)
登ってくる岩場にも咲いていましたが、山頂が一番多かったです。

Dsc_2571


シモツケ(下野:バラ科シモツケ属)

Dsc_2555


上着を羽織るほどではありませんでしたが、涼しくちょうどよい感じ。
こちらは汗っかき。

Dsc_2585


山頂は岩がゴロゴロ積み重なっていて、あまり広くありません。
まだお1人しかいませんでしたので、2人で適当な場所を見つけてお昼です。

帰りは下山道を選択。

雲が・・・

Dsc_2591


山頂付近を振り返ったところ。

Dsc_2592


ハコネコメツツジ(箱根米躑躅:ツツジ科ハコネコメツツジ属)でしょうか?
初めて見ました。
花が細長くて特徴的ですね~

Dsc_2594


10:00 黒金山方面との分岐

ここからはひたすら急坂を下ります。

Dsc_0080


わかりづらいですが、急なんで2人とも黙々と歩きます。

Dsc_2600


平坦になり、白樺が現れると国師ヶ原はもうすぐです。

Dsc_2607


高原ヒュッテを過ぎたところで、またもや鹿に遭遇。
食事に夢中なようです。4頭いました。

Dsc_0092


ちらっ

Dsc_0096


11:05~11:15 国師ヶ原

朝と同じところで、休憩です。

さぁ、下りましょう。
道満尾根との合流まではなだらかですが・・・

Dsc_2621


こちらもなかなか急でして、道満山の手前でなだらかになりほっと一息。

Dsc_0108


道満山の三角点にタッチして、あとは登山口までまたしても急な下り。
ここで1341mですから、まだ500m弱あるんですよね。
しかも、さすがにこの標高ですと暑い!!!

陽射しが厳しい~

Dsc_2625


集落が見えてアスファルトに出ると、照り返しによる蒸し暑さにクラクラします。
あとは駐車場まで、暑い、暑いと連呼しながら10分ほど。

12:35 駐車場


暑くなるので、涼しい時間に登って早めに下山と予定していましたが、
最後は本当に蒸し暑くて、蒸し暑くて、参りました。
見事に汗だくです。


乾徳山は、森林そして草原、山頂付近は岩場と変化に富んでいて楽しい山です。
この時期は花も少なく寂しいですが、サラサドウダン、ウラジロヨウラク、レンゲツツジ、
ニシキウツギ?などの残り花が本当にちらりと。


次回はぐるっと展望を楽しみたいなぁ~♪
お疲れさま!

Posted by tomomi 登山 | |[2013/07/10]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く