« 浅間山(前掛山) 2013.7.14 その2 | トップページ | 至仏山 2013.7.21 その2 »

至仏山 2013.7.21 その1

GW前半にパウダーを楽しんだ至仏山。
そのときの記事はこちら→至仏山 2013.4.28
同じメンバーで、季節を変えて行ってきました。
緑が広がる斜面が、白く見えてしまうというおかしな人達。

 

お花を眺めながらのゆっくり山行。
いい一日でした。

 

◇コース◇
鳩待峠~山ノ鼻~植物研究見本園~至仏山~小至仏山~オヤマ沢田代~鳩待峠

◇メンバー◇
Oさん、naoちゃん、keiくん、k-ta、tomomi

 

 

6:45 鳩待峠 出発

前回は吹雪いたね。
でも帰りの鳩待峠までの登り返しは暑かった~とか、
うだうだ思い出話をしながら歩きます。

Dsc_2943_2

前日には栂池の自然園に行ってきたとうOさん、naoちゃん、
すぐさまお花の名前をチェックです。

トリアシショウマ(鳥足升麻:ユキノシタ科チダケサシ属)
ヤグルマソウ(矢車草:ユキノシタ科ヤグルマソウ属)

Dsc_2951_2 Dsc_2962_2

モミジカラマツ(紅葉落葉松:キンポウゲ科モミジカラマツ属)

Dsc_2961

オオレイジンソウ(大伶人草:キンポウゲ科トリカブト属)
ヤマオダマキ(山苧環:キンポウゲ科オダマキ属)

Dsc_2963 Dsc_2967

ミズバショウ(水芭蕉:サトイモ科ミズバショウ属)

どこかのマヨネーズのCMの野菜みたいだな・・・
葉っぱがわっさわっさ大きくお化けみたいになっていて、いつもびっくり。

Dsc_2965

 

 

7:45~7:55 山ノ鼻

せっかくなので、植物研究見本園をぐるっとまわることに。
今回、みんなでたくさんお花を眺めました。
復習のためにお花は出来る限りアップしましたよ~
みんな覚えているかな???

燧ケ岳がよく見えています。

Dsc_0267

ヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲:アヤメ科アヤメ属)
イブキトラノオ(伊吹虎の尾:タデ科イブキトラノオ属)

Dsc_2972 Dsc_2973

ミズチドリ(水千鳥:ラン科ツレサギソウ属)
真っ白で、本当にキレイです。

Dsc_2977

カキツバタ(杜若:アヤメ科アヤメ属)
群落がありました。緑の中に紫が映えていいですね~

Dsc_0272

みんながナスに似た花があるよ~と言っていましたが、そのとおり!
別名、尾瀬ナスです。

オオマルバノホロシ(大円葉白英:ナス科ナス属)

Dsc_2981

こちらは大型のものです。

オオウバユリ(大姥百合:ユリ科ウバユリ属)
まだ花が咲く前の、芽出しの頃。ミサイルみたいです。

オニノヤガラ(鬼の矢柄:ラン科オニノヤガラ属)
腐生ラン、葉緑素をもちません。

Dsc_2982 Dsc_2983

 

トキソウ(朱鷺草:ラン科トキソウ属)
いつ見ても嬉しい。初めて見たときの喜びを思い出します。

Dsc_2988

Dsc_2992 Dsc_2994

サワラン(沢蘭:ラン科サワラン属)
こちらは鮮やかなピンクです。

Dsc_0278

 

 

ニッコウキスゲ(日光黄菅:ユリ科ワスレグサ属)

先週、アヤメ平から尾瀬ヶ原を歩いたOさん、naoちゃんによると
見事な群落だったそうな。
今が一番いい時期ですものね~

Dsc_0281

 

 

緑色のものが続きます。

ナツトウダイ(夏灯台:トウダイグサ科トウダイグサ属)
アブラガヤ(油茅:カヤツリグサ科ホタルイ属)

Dsc_3004 Dsc_3019

タカネアオヤギソウ(高嶺青柳草:ユリ科シュロソウ属)
ホソバノキソチドリ(細葉の木曽千鳥:ラン科ツレサギソウ属)かな?悩ましいですが・・・

Dsc_3011 Dsc_3013

 

 

キンコウカ(金黄花:ユリ科キンコウカ属)
咲き始めでした。どんどん咲くと、湿原が金色に輝くでしょうね~

Dsc_3029

 

いつになったら、至仏山に向かうのでしょうか?
このまま湿原めぐりで終わってしまう???

Dsc_3030

 

一瞬不安になりましたが、ちゃんと至仏山に行きますよ~

Dsc_0285

 

さらっと湿原を歩くつもりが、思いのほかのんびりゆっくりとなってしまいました。
まぁ、いいか~

その2 に続きます・・・

Posted by tomomi 登山 | |[2013/07/26]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く