« 庚申山 2013.6.30 その1 | トップページ | 乾徳山 2013.7.7 »

庚申山 2013.6.30 その2

くぐります。
ザックが引っかかるのよね~

Dsc_2369


そして、ハシゴを登ります。
濡れているので要注意。

Dsc_2374


ミネウスユキソウ(峰薄雪草:キク科ウスユキソウ属)

Dsc_2359


10:25 庚申山への分岐
お山めぐりコース、なかなか楽しかったです。
やせ尾根だったり、梯子だったり、きちんと整備されていました。

Dsc_2385


庚申山が近づくと、上のほうから人の声がしました。
本日、初めて会う人達です。
コウシンソウ、咲いていますよ♪こちらへどうぞと。
ありがたく見に行ったら、お山めぐりコースの自生地より咲いていました。

Dsc_0005


Dsc_2386


Dsc_2395


Dsc_0007

Dsc_2405

Dsc_2418_2

花は小指の先ほどしかありません。
どうにか頑張って撮りましたが、いやぁ難しかった~
想像以上に見られて大喜びでしたが、なかなかかわいらしく撮れず残念。


またもや、時間がかかってしまいました・・・

マイヅルソウ(舞鶴草:ユリ科マイヅルソウ属)
葉っぱは多かったですが、花はまだわずかでした。

Dsc_2446


11:05 庚申山
展望はありません。

Dsc_2447


5分ほど歩くと展望地がありますが、皇海山は雲の中~
日光の山々ももちろん見えずー
鋸山を越えて皇海山までとなると、結構な距離ですね。

Dsc_0020


展望地は明るく、10人ほど座れるスペースもあります。
暗い山頂で、ご飯を食べるよりこちらの方がいいですね。

11:35 展望地出発


帰りもコウシンソウの自生地を眺めてから下ります。

一の門

Dsc_2463


またもや、モヤモヤ~
一見緩やかなようですが、急坂ですので道がジグザクに続いています。

Dsc_0025


バイケイソウ(梅惠草:ユリ科シュロソウ属)
群落がありました。

Dsc_0030


真っ白なウツギ(空木:ユキノシタ科ウツギ属)もあちらこちらに。

Dsc_2476


雨かな?と見上げると、岩場から水が滴っていること多し。

Dsc_0033


12:35~12:45 庚申山荘
とても立派な建物でびっくり。

Dsc_0037


12:50 猿田彦神社跡
ここまで来たら、あとは朝歩いた道と同じです。

油断していたら、木の橋で二度ほど足が滑って冷や汗。
雨の後の木道の下りは嫌ですね~


13:30 一の鳥居

長い林道歩き・・・これが疲れるのです、ほんと。

Dsc_0044


14:25 銀山平 駐車場

お疲れ様!
湿度100%の中、けっこう汗をかきました。
お風呂、お風呂、お風呂~
すぐさま、かじか荘に移動してお風呂に入りすっきり。
気持ちよかった~

1日たっぷり楽しめました。
思い切って行ってよかったなぁ。

コウシンソウはもう少しはやい時期がベストですね。
そして、紅葉も素晴らしいのでは?
日光周辺の山もいろいろ訪れたいし、これまた楽しみです。


Posted by tomomi 登山 | |[2013/07/04]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く