« 安達太良山~箕輪山 2012.10.21~22 1日目 | トップページ | ワールドカップを見てきたよ »

安達太良山~箕輪山 2012.10.21~22 2日目

夜はぐっすり眠れました。
目覚ましをかけることもなく、小屋の中が明るくなってからゆっくり起床。

おはよう、外の様子が気になるね。

Dsc_9690



風も弱まり雲ひとつない空を見あげて、予定を変えてよかったとなぁと。

Dsc_1584



小屋の周りは朝日を浴びて鮮やかでした。

Dsc_1596



くろがね小屋 6:35出発
お世話になりました。
朝ごはんもしっかりおかわり。美味しくいただきました。

空気はすっと澄んでいて、冷たさも気持ちよく。



シラタマノキ(白玉の木:ツツジ科)の実

Dsc_1600



景色を眺めながらゆっくり、ゆっくり。

Dsc_1605



まぶしいかぎり。

Dsc_1615



ぽっかりうかんでいるのは蔵王連峰

Dsc_1617



峰の辻 7:15
ここから直接、安達太良山へ。

Dsc_1618



馬の背を経由して行く人々も多かったです。

Dsc_1622



空がすっきり。

Dsc_1623



安達太良山 7:40~8:00

あれ、誰もいない?
稜線に上がったら、ちょっと風が冷たいので一枚上着を羽織りました。

Dsc_1632_2



ぐるっと360°の展望。
後からいらした方によると、昨日は風も強くガスで景色が見えなかったと。
それだけに、今日はとても嬉しいですね。

北西には奥に飯豊連峰、そして吾妻連峰は近くに大きく。

Dsc_1639



西には磐梯山、ズーム。

Dsc_9722



さぁ進みましょう。

沼ノ平の火口
なんという景色でしょうか。
写真で見てはいましたが、実際この目でみると迫力に驚くばかりです。

Dsc_1656



反対側を見下ろすと、くろがね小屋が見えました。
上から見ると紅葉の中に小屋がすっぽり。

Dsc_9742



Dsc_1674



鉄山へ

Dsc_9744



くるっとまわりこめば、鉄山のピークです。
ここからの景色もすばらしかったな。

Dsc_1675



鉄山避難小屋 8:55~9:20
トイレはありませんが、しっかりとしたきれいな小屋でした。
外は空気が冷たいので、小屋に入って腹ごしらえ。

Dsc_1683



まだまだ時間はあるので、箕輪山へ。
のっぺり、やさしい山並みです。

Dsc_1688



笹平分岐 9:35

少し登って振り返ったところです。
笹平という名の通り、笹の絨毯が広がっていました。

Dsc_1690



箕輪山 9:55~10:15
安達太良連峰の最高峰1728mです。
平日ですが、登山者が次から次へと。人気の山ですね。

吾妻連峰
磐梯吾妻スカイラインがくっきり。ちょうど紅葉の見頃のようでした。

Dsc_9766



笹平分岐までもう一度戻り、塩沢に向かいます。

Dsc_9784



もう終盤の紅葉を楽しみながら、急ぐことなくゆっくり下りました。

Dsc_9807



Dsc_1725



本当に秋はあっという間。

Dsc_1737


だからこそ、出会えたその時が嬉しいのかも。

Dsc_9815



塩沢 12:35到着

人気のある山ですが、落ち着いた静かな2日間でした。
ゆっくりお風呂も入れたし、気持ちよかったなぁ。
硫黄のにおいは1回洗濯しただけでは落ちませんが、まぁしょうがない。
しばらく思い出に浸れるということで、勘弁してあげましょう。


もうぼちぼち冬の足音が聞こえてきましたね。
それはそれで、また別の楽しみ。
あぁ、日本の四季ってすばらしい。

Posted by tomomi 登山 | |[2012/11/02]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く