« 茂倉新道 2012.9.16~17 1日目 | トップページ | いまさらだけど「元素のふしぎ」 »

茂倉新道 2012.9.16~17 2日目

結局

夜中も強い風が吹いていて、朝になってもそれが収まることもなく。
予定の時間には目が覚めたけれど、
風の音を聞いてそのままシュラフから出ずにじーっとしていました。


まわりの皆さんが起き出して準備を始めたので、起きてみたものの・・・


外は暴風。視界悪し。


谷川方面に行く予定だった人達も含め、
全員が最短下山ルートである茂倉新道から土樽に下りることを決定。
そりゃそうですよね。


次々と出発する人を見送り、私達は最後から2番目で出発。
とにかく、矢場の頭までは頑張んないと。
そこから先は樹林帯に入るから大丈夫。


茂倉岳避難小屋 7:35出発


まずは私tomomiが先頭で歩き始めるも・・・
数歩歩いては、風に押されてパタリ、またパタリ、そしてまたパタリ。
もう立っているもの大変。
2人のロングスリングをつないで補助はしていましたが、
これではk-taも大変です。


k-taが先頭になり、2人で声をかけながら下ることに。
風が通り抜けるところでは、かがみながら足早に。
少しでも風をよけられるところまで一気に進みます。


途中、先に小屋を出発された方々に追いつきましたが、皆さん大変そうです。
あまりに風強くて一歩前に出ないことさえありました。


矢場の頭 8:35

なんとか到着。
コースタイムの1.5倍はかかるかと思っていましたが、まずまず頑張ったね。
少しだけ休んですぐに出発。
あとは木の根っこに気をつけながら下るだけ。


風をよけられるようになったら、今度は暑くなってきた!
雨具を脱いですっきり。

ようやくカメラを出したよ~

Dsc_9423


土樽P 10:05

Dsc_9428

いやぁ~
ひっさびさの暴風。ってあまり経験ないけれど。

お助けロープを使うことって今までなかったのですが、
今回は2人をつなぐ事によって、うまく歩けたのではないかと。
特に私には暴風であおられる中、安心感が大きかったです。


避難小屋へのピストンだけでしたが、小屋もとってもよいし、
あっちのルート、こっちのルートにも行きたいのでまた訪れるでしょう。

秋は本当にすてきだろうな~


Posted by tomomi 登山 | |[2012/10/09]

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く