« 今年こそ | トップページ | もうそんな季節か。 »

平ヶ岳 2008.7.13

月日の流れははやいのぅ~
1ヵ月以上前のことなんですが。レポにしてみました(^^;;;

平ヶ岳と言えば・・・
周辺の山々から見て、のぺ~っと広がっているあの姿。
ロングコースがと聞いていましたし、眺めるだけの山かと思っていました。
なんで、自分達だけではきっと行かれなかったこの山。

今回は白音さんよりお誘いがあり、総勢7名で歩いてきました。
今シーズンちっとも歩いていないので(高尾山から1ヵ月ぶり・・・)
みんなに迷惑かけないようにしなくちゃね~

◇コース◇
鷹ノ巣~玉子石~平ヶ岳~鷹ノ巣

◇メンバー◇
白音さん、らす★さん、miekoさん、kinさん、サンボウさん、tomomi、k-ta
(この並びのまま歩きました~)

今回はロングコースなので、4時過ぎには出発。
歩き始めて1分もしないうちにk-taが時計を忘れたと。
しかしながら、もっと恐ろしいことに2人して車に地図を忘れていたのです!!!
危なかった~ このことはみんなに言えませんでした(^-^;

Dsc_7883


空が明るくなってきました。

Tdsc_7108


まだまだ元気♪

Tdsc_7112


元気、元気♪

Tdsc_7114


白音さんが先頭で、いいペースを保ってくれています。

Dsc_7886


おはよ~

Tdsc_7118


急に背中に太陽を感じるようになり、これからの暑さが思いやられます。
ここは前坂。

Tdsc_7121


よいしょ、よいしょ。

Tdsc_7125


ぴんぼけ。キレイな色だなぁ。
k-taよ、撮るだけで調べないとはどういうことじゃ。

Dsc_7888


ヤマツツジはもう終わり。2ヵ所でちらっと見られました。

Tdsc_7126


鷹ノ巣山への尾根。いい景色です。

Tdsc_7127


下大倉山を過ぎると、遠くに平らな山並が・・・
そう、目指すは平ヶ岳です。誰もが遠いとつぶやいてしまいますね。

Tdsc_7133


皆さんと違って今年はまだ全然お花を見ていません。
ついつい足元に夢中になり、遅れがちな私。

モウセンゴケ(毛氈苔:モウセンゴケ科)

Tdsc_7140


キソチドリ(木曽千鳥:ラン科)

Tdsc_7145


アカモノ(赤物:ツツジ科)

Tdsc_7143


見惚れてしまう燧ケ岳。
山頂付近はなかなかの登りですが、こうしてみると穏やかですね。

Tdsc_7150

Dsc_7895


頑張れ~ 応援してくれているの?

Dsc_7900


キョロキョロしすぎ。だからみんなから遅れるんだよ。

スダヤクシュ(喘息薬種:ユキノシタ科)


Tdsc_7155


ゴゼンタチバナ(御前橘:ミズキ科)

Tdsc_7159


じーっと見つめる先には?
雪渓の右斜め下、色鮮やかな緑の部分。
肉眼ではそこがはっきりと紫色に輝いていました!
きっとハクサンコザクラ。この先にも見られるんではないかとワクワク。

Tdsc_7163


燧ケ岳、その後ろには日光の山々。男体山、日光白根山が見えました。

Tdsc_7169


イワイチョウ(岩銀杏:ミツガシワ科)

Tdsc_7177


そして池ノ岳。池ごしの平ヶ岳。
その左側奥には、うっすらと武尊山、そしてさらに左には至仏山がくっきりと。

Tdsc_7182


玉子石へ。
ワタスゲロードにほっと一息。

Tdsc_7186


雪渓歩きもまた楽し。

Tdsc_7199


これが本当のタマゴ~

Dsc_7913


荒沢岳、本当はこの前の週に行こうと思っていました。
なのになぜか行かれず・・・また今度ね!

Tdsc_7201


雲の流れがはやくて、晴れたり影ったり。
本当に気持ちがいいです。

Tdsc_7202


ベニサラサドウダン(紅更紗灯台:ツツジ科)

Tdsc_7208


そして、じゃじゃーん。越後三山!
八海山、中ノ岳、越後駒ヶ岳。つなげて歩きたいですね。

Dsc_7919


玉子石ですか。これが!
奥には巻機山が見えているのかな?

Tdsc_7211


玉転がし。

Tdsc_7214


ミツバノバイカオウレン(三葉ノ梅花黄蓮:キンポウゲ科)
別名:コシジオウレン(越路黄蓮)

Tdsc_7217

これは、かわいらしい(^^)

Tdsc_7218


ヒメシャクナゲ(姫石楠花:ツツジ科)
いっぱい咲いていましたよ~ この小ささがたまりません。

Tdsc_7221

こちらもワタスゲロード。なごむなぁ~

Tdsc_7222

Tdsc_7224


イワカガミ(岩鏡:イワウメ科)
もう最後の方でした。

Tdsc_7226


平ヶ岳、山頂に到着。

Dsc_7923


ちょっと移動してお昼です。
まわりはチングルマのお花畑。残念ながらちょっと遅かったようです。

Tdsc_7229


みなさん、いろいろと差し入れご馳走様でした。
ロングコースなのに、みんなの分まで用意しているなんて!すごいなぁ~

ゆっくりお昼をいただいた後は、さぁ長い帰り道ですよ!

タテヤマリンドウ(立山竜胆:リンドウ科)
一つだけ色がピンクがかったものがありました。

Tdsc_7234


コバイケイソウ(梅蕙草:ユリ科)

Dsc_7925


ツルコケモモ(蔓苔桃:ツツジ科)

Tdsc_7240


再びワタスゲロードへ。
キンコウカの蕾も多く見られました。


高層湿原、もうちょっとここに居たいなぁ。

Tdsc_7252


名残惜しいですが、下山しないと日が暮れてしまいます。

Tdsc_7254


コケモモ(苔桃:ツツジ科)

Tdsc_7257


お天気はまずまずでした。
ちょっと暑いくらいでしたが疲れ気味。
これがもっと強い陽射しだったらと思うと・・・

Tdsc_7258


まだ緩やかな下り。
後半の急降下は大丈夫なんだろうか?むむぅ。

Dsc_7934


おまけに暑くなってきたし。

Tdsc_7264


真ん中にぽこんと会津駒ケ岳。春に滑ったね~

Tdsc_7266


ぴんぼけですが、k-taが調べてくれるでしょう。(←脅迫?)

Dsc_7945


いよいよ急降下の始まり。

Dsc_7949


縦走路が先まで見えています。
道路もずいぶんと遠く感じるなぁ・・・

Tdsc_7277


ここだけ両サイド切れ落ちていて、ちょっと怖かったです。
みんなは下に咲いている黄色い花について、審議中。

Dsc_7951


下りではさすがに疲れがでました。
途中みんなで大休止、お腹を満たして出発。

本当に自分達だけでは来られなかった山です。
一緒に歩いてくれた皆さんに感謝いっぱい。ありがとうございました(^^)

帰りのお風呂ではまだ足の疲れは出ていませんでしたが、次の日見事に筋肉痛。
1日で解消したけれど、k-taはそれより長く痛がっていました(^-^;
みんなはどうだったのかな???

おつかれさまでした~


Posted by tomomi 登山 | |[2008/08/28]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/41888326

この記事へのトラックバック一覧です: 平ヶ岳 2008.7.13:

コメント

ベニサラサドウダン&ヒメシャクナゲ、萌え~heart04

投稿: | 2008/08/28 21:57:29

鳥の写真、一枚目はカケスだと思うけど2枚目の写真は私の知識では同定できないです・・・。逆光じゃない写真あればもう少し絞れるんだけどなあ。

カケスは頭がゴマシオのような毛が特徴だと思うんだけど、頭も赤褐色っぽかったらミヤマカケスです。この写真微妙だね・・・。

投稿: | 2008/08/28 23:14:12

ハードな山なのは解かってたので、
白音さんの、お誘いにはなかなか、乗れなかった・・・・・
飯森山でイッパイ、イッパイだったからね~
でも、天国のような所だったってkinちゃんが言ってたので
体作って、いつかは天国見てみたいです♪

投稿: korin | 2008/08/28 23:50:29

久々ですね。どうされたのかと思っていました(^^ゞ
玉転がし笑っちゃいました。オモロ~!
このコースはもう歩くことはないだろうな~
展望良くてよかったですね。一緒に楽しませていただきました。
お花もとってもきれい♪

投稿: sanae | 2008/08/29 17:31:23

秋さん
お花に萌え~heart04とは嬉しいなぁ。
秋さんにいいなぁと思うお花の本があるんだよ、今度ね。

そして、鳥に関してはいつも感謝。
全く撮るだけ撮ってそのままの人約1名。困ったもんです。
しかも遠いから明確に撮れないし、これ以上のレンズは山には厳しいし。
困るねぇ。
その前に勉強だねcoldsweats01

投稿: tomomi | 2008/08/30 12:07:10

korinさん
ロングコースなので尻込みしちゃいますね。
技術的にうんぬんというのではなく、体力が必要なコース。
日の長い時に早めの出発、そして前日はしっかり休養して体力温存。
これで問題解消でしょうか?
高層湿原はどこもなごみますね。
昼寝したいくらいのところですが、そうも行かないところが残念bearing
ぜひぜひお出かけくださいね~sign01

投稿: tomomi | 2008/08/30 12:12:09

sanaeさん
ご心配ありがとうございますheart01
今年は山もブログも以前のように出来ない状態ですが、
これからもぽつぽつアップして行きますので~

玉転がし、完全にやらせですcoldsweats01
私もこのコースはもう厳しいなぁと。
高層湿原は魅力ですが、簡単に何度も行かれるところではありませんね。
山でのお花や景色、そこにいるだけで自分の中の何かが変われそうな気がします。
大げさすぎですが・・・

投稿: tomomi | 2008/08/30 12:17:19

お天気もマズマズで良かったですね!
玉転がし 発想が素晴しい(拍手
平ヶ岳 ヒメシャクナゲ多いんですよね。
年々 体力低下に加速度がつくジィ~ジでした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008/08/30 15:43:00

数年前に同じコースを登りましたが山頂泊でした
登山口に蜂の巣は無かったですか・・・?
このコースは展望も良く体には辛く(長~い)体力勝負の山ですね
楽しく写真とレポを辿る事が出来ましたよ。。。。(^O^)

投稿: SEI | 2008/09/01 18:19:59

輝ジィ~ジさん
雲が多くてすっきりしないかと思いきや、景色がとても気持ちよかったです。
せっかくの長いコースですから、お楽しみがないと~sun
ヒメシャクナゲがこんなに咲いているとは!正直驚きでした。
でも小さくてかわいらしいので和みますね~heart04
ジィ~ジさん、いつもご謙遜を!
コースの選択なんかさすがだなぁと思いますよ。

投稿: tomomi | 2008/09/03 18:10:00

SEIさん
蜂の巣ですか?気がつきませんでした~
登り始めに気がついていたら、きっと目が覚めたでしょうねhappy01
長い距離ですが、展望は素敵で本当に良かったです。
越後の山々は眺めても良し、歩いても良し、と大好きなエリアです。
会津の山とはまた違った感じでいいですね~

投稿: tomomi | 2008/09/03 18:15:22

先週末、尾瀬から奥只見に抜けました。
その時始めて平ヶ岳というヤマ&登山口を発見し、
「ひやぁ、往復12時間かぁ。。。」
と、地図を眺めていたのですが、
ちょうどのタイミングでこのコンテンツ、
大変興味深く読ませて頂きました。
玉子石も名前がとても気になっていたのですっきりしました。
それにしても長い行程、南アルプスの山を彷彿とさせるような
山容ですね。
(自分は行かないだろうなぁcoldsweats01

投稿: あひる | 2008/09/04 0:10:12

あひるさん
尾瀬から奥只見ですか~
なかなか素敵なコースで!
私も平ヶ岳は自分では行くことのない山だと思っていました。
眺めるだけでも楽しいし(^-^;

南アルプス、しばらく行っていません。
いろいろと気になるところはあって、毎年悩むのですがアクセスが・・・
特に深南部、長い時間をかけて歩きたいですがいつになることやらです。

投稿: tomomi | 2008/09/07 14:57:17

8月は悪天候で山に行けない週末cryingが続いたため、青空の写真が目にまぶしい~happy02
前日の雨など何処へ、思ったより好天に恵まれ最高でした。

それにしてもロングルート、皆と一緒だったので疲れを感じなかったけど、下山での大休憩ではすっかり無口になった自分に、やはり疲れていたのだと実感でした。
そんな時のtomomiさんの皆へのガンバコールは流石だ!

しかし…
玉子石で玉転がしに興じていたなんて知らなかった…

   おもしろそうである…って、おもしろい。

投稿: kin | 2008/09/07 20:09:45

kinさん
なんだか天候が悪い週末ばかりですね。
そう考えると、梅雨明け前の好天はラッキーだったのかな?

私も久々の歩きとあって疲れましたよ~
あの大休憩ではパンをバクバクほおばりましたもの。
下山の時コールなんてしていたっけ???
独り言がでかい声だったのか???

玉転がしはこっそり最後に2人で遊んでいました(笑)
やっぱりみんなの前では恥ずかしいですから~

本当に良い1日でした。一緒に遊んでくださり感謝です!

投稿: tomomi | 2008/09/08 10:23:10

tomomiさんご無沙汰です

このコース去年歩きました
下台倉山でも充分すぎるくらいで
燧ケ岳の噴火口や三条の滝も見えて感動でした
姫の池や山頂の景色を満喫しているうちに下山できなくなり
ビバーグとなりました(ちょっと計画的でしたが・・)

越後の山に沈む夕日や翌朝の会津駒ヶ岳から昇る朝日にも感動してしまいました
今までで一番きつかった山行でした
(何がきつかったって? もちろんビールにチューハイに日本酒、ウイスキー・・・お魚)

投稿: りゅう | 2008/09/17 23:13:56

りゅうさん
本当に、下台倉山でじゅうぶんですね!
私はあの燧ケ岳の姿にずいぶん助けられました。
もっとゆっくりしたかった、というのが本音です。
せっかくのすばらしい景色ですから~

りゅうさんのパーティーはいつもスバラシイですね。
お酒以外にも、食事、つまみ、出るわ出るわ~
なつかしいです。
食後なのに、思い出しておなかがすきましたよ!

投稿: tomomi | 2008/09/21 22:41:34

こんばんは~。
やっとコメに来れました(遅くなっちゃってスミマセン。)

突然のお誘いにもかかわらず、参加していただいてありがとうございます♪
お二人は山歩きが久々だったのに、
ロングコースをものともせずに歩ききってすごいです!!
やっぱ基礎体力が違うんでしょうね~。

何時の間に撮ってたんでしょう、楽しい玉転がし(笑)
やっぱ皆さんとワイワイ楽しかった♪
なのに・・私ってば、レポもUP出来ずに・・・orz

tomomiさんたちは最近は山は全くですか?
雪の季節には復活でしょうか??

投稿: 白音 | 2008/09/25 23:07:23

白音さん
あいかわらずお忙しいようで。わざわざコメントありがとうございます。
本当に2人だけでしたら、厳しい山でした。
みんなと一緒だからロングコースを歩けたのだと思いますよ~

レポは白音さんのペースで!ゆっくり楽しみにしています。
平日は仕事が忙しく、週末は山となればレポ作成は大変ですもんね。

今シーズン、夏山は全くなしなんです。
雪が降るころにそわそわする予定。準備は着々としていますよ!

投稿: tomomi | 2008/09/29 18:07:07

コメントを書く