« 30回! | トップページ | ヘッダー2008初夏バージョン »

檜洞丸 2008.6.4

本当は6/1の日曜日に行こうと思っていたのに。
k-taが前日のゴルフ疲れか(慣れない事するからだよ)行かれないと。
なにぃーと思ったものの休養も大事ねということで、日曜日はお休み。
しっかり買い物してきましたよー(山道具♪)

で、日曜日の檜洞はなかなかの盛況ぶりだったようで、やぱっり行かなくちゃと私。
1人平日に休みをとり行ってきましたよ~
とはいえ、月火と雨だったから、お目当てのお花は散ってしまっているかな?

◇コース◇
西丹沢自然教室~ゴーラ沢出合~檜洞丸~犬越路~用木沢出合~西丹沢自然教室
定番中の定番のコースを歩いてきましたよ♪

本日は1人なので電車とバスで移動。
新松田始発のバスでも自然教室に着くのが8:30をすぎてしまう。
まぁ、ぼちぼち行きましょう。
自然教室の方より、状況をいろいろと教えていただく。
これだけ登山者が多い山域、そしてこの時期、
登山道の整備やら登山者への声かけやら大変なお仕事ですよね。

お、青空が見えたぞ!

Tdsc_6907

新緑~

Tdsc_6910


オオカメノキ(ムシカリ虫狩:スイカズラ科)

Tdsc_6913


ゴーラ沢出合
手前での渡渉はちょっと無理だったので、上流に進んでクリア。

Tdsc_6914


マルバウツギ(丸葉空木:ユキノシタ科)

Tdsc_6915


ヤマツツジ(山躑躅:ツツジ科) ところどころにひっそりと。

Tdsc_6917


丹沢のブナ林も捨てたもんじゃぁありませんよ。

Tdsc_6922


ほらね。

Tdsc_6923


展望台に着いたけれど、今日は富士山が見えるわけもなく。
水分を補給してさっさと移動なのです。

そして1400mを過ぎるころ。ようやく登場(^^)
トウゴクミツバツツジ(東国三葉躑躅:ツツジ科)

Tdsc_6929


もやの中でも映えますね。

Tdsc_6933


今年は当たり年だとか。

Tdsc_6934


続いてシロヤシオ(白八染:躑躅科)
もう散ってしまっているもの多くて、見ごろは1500mくらいでした。

Tdsc_6942


ゴヨウツツジ(五葉躑躅)と言われるが所以。

Tdsc_6952


昨日までの雨のせいか、下を向いてしまっているものばかり。

Tdsc_6956


それでも見事な木も。

Tdsc_6970


何度見ても嬉しい。

Tdsc_6972


今日は幻想的。静かなんですよ実に。

Tdsc_6978


毎度、この中に入ってみたくなるんですが。皆さんも?

Tdsc_6980


オオバイケイソウ(大梅蕙草:ユリ科)
自然教室では、オオバイケイソウとおっしゃっていました。
いままでバイケイソウだと思っていましたよ・・・
マルバダケブキもわんさか。後ろに葉っぱが写っていますね。

Tdsc_6981


ひっそりと山頂到着。
ここまで出会った人は10人くらいかな?

Tdsc_6983


帰りのバスのこともあり、少し腹ごしらえをした後すぐに出発。
あぁ、1人ってこういうときに寂しいわ~
犬越路方面に行かれる方は少ないのかな?
ますます静かな山歩きとなりました。
でも、シロヤシオもトウゴクミツバツツジもツツジ新道より賑やかでした。

晴れてなくて、もやの中でしたが、ちょっといい雰囲気です。

Tdsc_6986


コラボ

Tdsc_6987


蕾もまだまだありました。

Tdsc_6990


自然教室の方が「ツツジ新道ピストンでも、山頂から1分ほど犬越路方面へ
行ってみてください。トウゴクミツバツツジが見事ですから!」
と、他の方におっしゃっているのをちゃっかり聞いていた私。本当にすごい。

Tdsc_6993


Tdsc_6994


背の高い木もありました。

Tdsc_6997


シロヤシオだって。

Tdsc_6996


見事に下ばっかり向いていますね~

Tdsc_7000


ぎゅうぎゅう。

Tdsc_7005


Tdsc_7008


ずいぶんと楽しませてもらいました。

Tdsc_7012


そろそろ終わりですね。

Tdsc_7014


ふと足元に鐘形の花が落ちていました。
見上げるとサラサドウダン(更紗灯台:ツツジ科)です。
2本あったのは確認したのですが、もっとあるのかな?

Tdsc_7018


降りそそいでいます。

Tdsc_7017


犬越路に到着。
ここまで来ればあとは余裕です。バスも大丈夫そうなので一安心。
先行者の方がお1人休まれていました。
少し会話して腹ごしらえを済ませて、さらに進みます。

Tdsc_7022


ずんどこ、ずんどこ歩いて行くよ。

Tdsc_7026


真新しいものでしょうか?

Tdsc_7027


気持ちよいなぁ。

Tdsc_7028


ガクウツギ(額空木:ユキノシタ科)

Tdsc_7029


用木沢出合、最後の渡渉は橋が水につかっていました。
傾いているし、濡れるな~と下流を見ると渡れそうです。
適当なところで、一度中洲に入ってあとは石をうまくつないで。
なんてことない深さなんですが、登山靴は濡らしたくないですよね。

Tdsc_7037


ここから自然教室まではアスファルトの道。
もう急ぐことはないので、のんびり。

河原で靴やスパッツを洗い、バスを待っていると犬越路でお会いした方も下山。
なんと最寄り駅が同じ路線沿いとのこと。
ご好意に甘えて、車に乗せていただきました。
とても山の経験が豊富な方で、写真も撮られているとのこと。
お花も詳しくいろいろと教えてくださり、本当に感謝、感謝です。
Sさんどうもありがとうございました!
またどこかでお会いできることを楽しみにしております(^^)


やっぱり、毎年出会わないと気がすまない。
檜洞丸のシロヤシオ、トウゴクミツバツツジはくせになりますね。
1人で思い切って来てよかったです。
それにしても、自分の足で下るって筋肉の使い方がスキーとは違うなぁ。
じんわりと筋肉痛があちらこちらに。
ちょっとずつ夏山の体にしないとなぁと感じた1日でありました!

Posted by tomomi 登山 | |[2008/06/05]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/41425051

この記事へのトラックバック一覧です: 檜洞丸 2008.6.4:

コメント

うわ~~!
霧の中のヤシオツツジ、ミツバツツジ~~幻想的で良いですね!
散ったばかりの花びらの絨毯も素敵です!
良い山~良い時期ですね!

投稿: やまとそば | 2008/06/06 7:34:43

あ~!こっちが当たりだったんですね。こんな見事なツツジ見てみたいです。

投稿: TOM | 2008/06/06 23:25:36

サラサドウダン、この種類のお花は、
壷を逆さにしたみたいでとっても可愛い!
見事なお花にそびえ立つブナの木、
それに歩く楽しさが写真から伝わってきました。

投稿: nobu | 2008/06/07 22:17:56

やまとそばさん
お天気はいまいちでしたが、こういった景色もなかなかいいですね。
平日の静かな山歩きでしたので、ますます雰囲気がでていました。
この時期の檜洞丸は大人気です。一年で一番人が入ります。
それだけ皆さんこの景色が楽しみなんですね~
丹沢も良いところが一杯ありますので、ぜひぜひこちらにも!

投稿: tomomi | 2008/06/08 10:24:02

TOMさん
あれ?TOMさんも檜洞行かれました?
バッタリお会いしたのが懐かしいですね~
あの時はシロヤシオが少ない年でしたよね。
今年はミツバツツジが本当に見事でした。で、どのコースだったのでしょう?

投稿: tomomi | 2008/06/08 10:25:35

nobuさん
サラサドウダン、私もいつもかわいらしいなぁと眺めます。
まさに鈴なりで楽しくなりますよね。
東北のブナ林についつい目が行きますが、こうして近場でも見られるんですから。
もっと足を運ぼうかな~と思いました。
この日は1人だったので、あまり休みも取らず歩きましたが、
花で立ち止まり、木々で立ち止まり、よい感じで楽しめましたよ(^^)

投稿: tomomi | 2008/06/08 10:28:22

本当にことしは当たり年のようですね。

投稿: moai | 2008/06/09 23:20:35

moaiさん
今年のツツジは本当に見事でした。
もやの中に輝いていましたよ!

投稿: tomomi | 2008/06/10 18:59:38

コメントを書く