« 三ツ石山~岩手山 2007.9.30~10.1 1日目その2 | トップページ | 三ツ石山~岩手山 2007.9.30~10.1 2日目その2 »

三ツ石山~岩手山 2007.9.30~10.1 2日目その1

朝、星がきれいに見えました。
うっすらと明るくなって来たころに出発。

Tdsc_4728

岩手山、どっしりとしています。

Tdsc_4734

朝露でスパッツもびっしょり。
背の高い笹や葉っぱで上半身も濡れてしまいます。

Tdsc_4751

振り返った三ツ石山。山頂付近は秋の色。

Dsc_6927

明るくなってきましたが、雲の動きが心配です。
今日は曇りの予報。

Tdsc_4756

大松倉山を過ぎると、笹の中に暖かい色合いが目立つようになりました。
静かな景色です。

Tdsc_4760

Tdsc_4769

犬倉山へは、背丈ほどもある笹の中景色も見えません。

Dsc_6933

犬倉山より網張方面。
予想していた通り、ガスがどんどん上がってきました。

Tdsc_4778

元の道に戻り、少し歩くと水場があります。登山道から30mほど下ったところ。
三ツ石山荘では水を補給できなかったので、ほっとしました。
ここでたっぷり補給です。
なかなか豊富な水場ですが、昭文社の地図上には記載がありません。

そして、こちらでも幸運の銀の柄杓が!嬉しいなぁ。

Tdsc_4784

景色は森の中。
今日は月曜日、誰にも会わない静かな山歩きです。

Dsc_6939

姥倉山~黒倉山~大地獄付近は火山活動注意と地図には記されています。
森から火山帯へとうつりかわり、全く違う景色。

Tdsc_4791

可憐な姿の奥底に、本当の強さを持っている高山植物たち。

Tdsc_4793

火山性ガスについての警告看板。
ふむふむなるほど、と確認。

Tdsc_4807

岩手山もいよいよ雲の中。
鬼ヶ城コースで向かいます。

Dsc_6941

御花畑コースを見下ろすと、木道や湖が。帰りはあちらを歩く予定。

Tdsc_4818

こちらは大地獄谷。

Tdsc_4821

道はこんな感じです。
溶岩が固まった様子が見て取れますね。

Tdsc_4827

鬼ヶ城の紅葉は始まったところでした。
ガスの中、幻想的です。

Tdsc_4831

足元だって、ほら。秋です。

Tdsc_4842

Tdsc_4844

まだ咲いていたの?チングルマ(稚児車:バラ科)

Tdsc_4845

お、重い・・・なわけないよ。

Tdsc_4853

足元までこんな色に。

Tdsc_4854

一箇所だけ、ちょっと注意が必要なところ。
登りはそんなに問題ありません。下りのほうが足場チェックですね。

Dsc_6951

上から見ると、こんな感じです。

Tdsc_4859

不動平避難小屋に到着。
こちらもとってもきれいで、感激です。
本当ならば、ここに泊まってのんびりしたいくらい。

Tdsc_4865

荷物を置いて、さぁ岩手山をぐるっとめぐりましょう。

2日目その2に続きます・・・


Posted by tomomi 登山 | |[2008/03/06]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/40338035

この記事へのトラックバック一覧です: 三ツ石山~岩手山 2007.9.30~10.1 2日目その1:

コメント

こんばんはー。
このレポ待っていましたよぉ。
ニアミスでバッタリ出来なかったのが残念でした。
犬倉山の柄杓はじつは見落としているんですよ。
鬼ヶ城コースも歩いたことが無いので、
今シーズンはこのコースをと思っているので参考にさせていただきます。

投稿: ぼんいぢ | 2008/03/06 0:48:02

ぼんいぢさん
待っていてくださったなんて、感激です!
そうですよね、同じ日、同じ景色を見たんですものね。
とてもおだやかな、いい日でしたよね・・・
これだけレポが遅くなってしまっても、かなりの思い入れがあったので、
アップしてみました。
季節外れすぎて、自己満足のためだけですね~
柄杓、今回は3つも見られてワクワクしました。
鬼ヶ城コース、ガスで景色が分かりづらいので参考にはなりませんが、
とても楽しめるコースなので、ぜひぜひ。
歩きながら、k-taがぼんいぢさんはいいところに住んでいるなぁと、
何度も言っていましたよ!

投稿: tomomi | 2008/03/06 23:22:51

コメントを書く