« 三ツ石山~岩手山 2007.9.30~10.1 2日目その1 | トップページ | てれまくり 2008.3.8~9 »

三ツ石山~岩手山 2007.9.30~10.1 2日目その2

さぁ、岩手山のお鉢めぐりです。

歩き出してすぐ、ガスが晴れて八合目避難小屋が見えました。
ずいぶん、大きくて立派なんですね。
岩手の避難小屋はどこもすごいなぁ。

Tdsc_4869

少し登って振り返ると、不動平の小屋さえはっきりと見えません。

Tdsc_4870

お鉢もガスで見え隠れ。

Dsc_6955

Tdsc_4883

岩の陰に3~4羽くらいいたようです。
イワヒバリかな?

Dsc_6961

tomomiの背がのびた?
私のザック一つに荷物をまとめて、k-taが背負って歩いています。

Tdsc_4893

岩手山、山頂です。
なんだかわかりませんが、k-taがすっごく感動していました。
来てよかったね。
天気のよい日は360°の大展望でしょう。それは、またいつか。

Tdsc_4896

お鉢をのぞきます。

Tdsc_4903

Dsc_6970

下界がうっすら。

Tdsc_4906

山は信仰の場でもあります。

Tdsc_4913

Tdsc_4915

岩手山神社奥宮にて手を合わせます。

Tdsc_4917

Tdsc_4918

そして、ここにも幸運の銀の柄杓が。

Tdsc_4920

不動平避難小屋にもどり、ランチタイム。
本当に、ここで泊まれたらゆっくりでいいのになぁ。
でも、今日は下山するしかしょうがありません。

じゃ、次は御花畑コースですよ。

Tdsc_4927

森の中、ぐんぐん下ります。

Tdsc_4935

見上げれば、歩いてきた鬼ヶ城。

Tdsc_4940

御花畑。木道がひかれていました。
夏はどんな景色なのでしょう?楽しみですね。

Tdsc_4942

なんか、いいです。落ち着いた時間、ゆるりと過ぎていきます。

Tdsc_4946

ついつい歩みが遅くなりますが、下山のことを考えると、
そうそうゆっくりもできず・・・

Dsc_6981

川底が白いよ。

Dsc_6986

振り返る。

Tdsc_4967

何度も、何度も振り返る。

Tdsc_4968

大地獄分岐からの景色。

Tdsc_4974

Tdsc_4978

この先姥倉山への分岐までは、朝も歩いた道です。

Dsc_6991_2

眼下に平野が見えました。

Tdsc_4989

ツルリンドウ(蔓竜胆:リンドウ科)

Tdsc_4992_2

姥倉山付近からの景色、こちらも暖かいですね。

Tdsc_4996

三ツ石山も見えました。
雲が多いのは残念でしたが、それでもいいんです。

Tdsc_4999

1200mくらいまでは、やや急な坂を一気に下ります。
そのあとは緩やかになり、まぁ滑らないよう楽しみながら。
青空が見えてきました。

Tdsc_5003

森の中。

Tdsc_5005

松川登山口に到着。
アスファルトの道をてくてくと。

Tdsc_5011

ぷしゅーっ

Tdsc_5017_2

Tdsc_5018_2

松川荘の横を歩いていたら、宿の入り口から走ってくる人が。
昨晩、三ツ石山荘でご一緒した静岡のお2人でした。
お2人は昨日私達が歩いたコースを、逆周りで歩いてきたのです。
私達はその逆に、お2人の歩いたコースを歩いたわけですね。
再開を喜び、お別れです。

お互い、いい旅だったようですね。

本当に、想像通りのよいコースでした。
岩手山は、コマクサの時期に別のコースでも楽しめそう。
縦走路がいろいろとあり、悩む山域ですね。

そう、確かに気になる道がありました。
次回はそちらを歩こうと、勝手に心の中で決めてしまう人1名。
その決心は固く、この縦走から2週間後、また岩手を訪れた私達でありました。

魅せられる、深く深く入り込みたくなる山々。
森はいつでも包み込んでくれる、そんな感じ。

Posted by tomomi 登山 | |[2008/03/06]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/40385501

この記事へのトラックバック一覧です: 三ツ石山~岩手山 2007.9.30~10.1 2日目その2:

コメント

素敵なレポ有難うございました。
勝手に岩手宣伝部長とし御礼申し上げます。(笑!)
1日目のレポからワクワクしながら読み進めました。
やっぱり裏岩手はいいな~
三石への稜線はサイコーですね。
三石の山頂を独占できて良かったですね~
私も独占でき、山頂でまったりしました。
山頂からあの眺望を見ているといつまでもそこに居たくなりますよね。
私はまだ一部しか歩いていないので
これから少しづつでも歩いてみたいと思っています。
本当に楽しいレポでしたぁ。。。ヽ( ´∀`)ノ

投稿: mikko | 2008/03/07 1:05:03

お久しぶりです、くわです。お元気ですか、腰は治ったかな?
僕も年明け早々腰をやってしまい、出遅れました。

いい山でしたねえ、・・・・・・
この山行でお二人と逢えて、とても嬉しかったです。
写真がいいですねえ。
イワヒバリの写真 いい  いい、とってもよく撮れている。

来年のシーズン位には、テレマークでお会いしたいですね。
では、また!

投稿: くわ | 2008/03/07 5:14:40

こんにちは
岩手山、僕が18年前に登ったときと変わりないみたいですね。
不動平の小屋と山頂の標識は綺麗になっているみたいですけど。
岩手山から見た雲海はいまでも記憶にこびりついていますよ。初めてだったので。
その時は焼走りからのピストンだったのですが、
岩手山の西側はこんな風景が広がっているんですね。
再訪したくなりました。

投稿: だるふぉ | 2008/03/08 14:34:21

 今の不動平避難小屋、泊りましたけど、運が悪い?と、ご来光登山の人で寝付けないときもあるそうです。
 記事を読むと、今年は岩手山頂を踏みたくなりました。(昨年は側まで行ったのにね~)。イワヒバリのナイスショット!八つ目湿原の雰囲気も以前のままで、やっぱ、いいな~。

投稿: テントミータカ | 2008/03/09 22:21:41

mikkoさん
遅くなりました。
こんな季節外れのレポにまで、コメントありがとうございます!
昨年は、mikkoさんのところで見た岩手の景色をこの目で見られて、
かなり興奮したものです。
いやぁ、いいところでした。
一部を少しずつ、そしていつかは繋がるといいなぁと思って、
歩きました。
雪の季節もとても気になりますが、いかんせん遠いので、
思い切らないといけませんね~

投稿: tomomi | 2008/03/11 21:22:50

くわさん
すっかりレポが遅くなりましたが、ちょっとでも思い出していただけでしょうか?
こちらこそ、お2人に会えて楽しい夜をすごさせてもらいました。
いい旅となりましたね。
ゆっくりとした流れを感じることができたような気がします。

k-taの腰はもう大丈夫なようです。
ご心配、ありがとうございます。
ではでは、夏にはぜひくわさんの得意なところでご一緒できると
かなり期待しています!

投稿: tomomi | 2008/03/11 21:25:32

だるふぉさん
18年前ですか?
変わりゆくもの、変わらないもの、どちらも大事なものですね。
雲海、さぞかし素敵だったことでしょう。
忘れられないその景色、ぜひぜひお確かめになってください。

焼走りもとても気になるコースです。
コマクサが有名ですが、秋とは違った景色が見たいなぁと思っています。
こちらも楽しみですね!

投稿: tomomi | 2008/03/11 21:30:39

テントミータカさん
このレポの時期、かなりテントミータカさんより情報をいただきました。
自分達だけでは、このような山行はできなかったでしょう。
皆さんの、レポかなり勉強になりますね。

ご来光登山とは考えもしませんでした。
こればっかりは、運ですね~

イワヒバリは、k-taが撮ったんですよ。
私も帰ってから見てびっくりしました。

投稿: tomomi | 2008/03/11 21:33:25

コメントを書く