« 権現岳~赤岳 2007.9.2~3 1日目 | トップページ | いよいよ♪ »

権現岳~赤岳 2007.9.2~3 2日目

昨日とはうって変わって、今日はよいお天気。
こんな景色がテント場の前に広がっていたとは・・・
いいところで一晩過ごしたんだね。
夜中苦しそうだったk-ta。朝になってみればすっきり。
あぁ、よかった。

Tdsc_3829

甲武信ヶ岳、国師ヶ岳、金峰山などの奥秩父の山々。
山並みが幾重にもなっていて、その濃淡がきれい。

Tdsc_3833

目指す赤岳は左端。
天狗尾根のギザギザはなんともすごいです。バリエーションルートですね。
一番大きなトンガリが大天狗、その左のトンガリが小天狗。

Tdsc_3844

昨日と同じ白いコマクサに別れを告げて、出発です。
キレット小屋の前のコマクサは、なかなか立派ですので、
これを見に行くだけでも価値ありだなぁ。

Tdsc_3851

5:50 キレット小屋出発
少し高度が上がると、権現岳方面が良く見えました。
昨日との違いに、思わずにんまり(^^)v

Tdsc_3889

天狗尾根の影。
奥にはうっすら中央アルプス。

Tdsc_3893

足元は岩礫、登りだからいいものの下りは大変でしょう。
この先で、団体さんとすれ違い。

Tdsc_3896

どんどん急になっていきます。
マーキングがしっかりついていますので、迷うことはありません。

Tdsc_3908

団体さんはここを下ってきたんだ。足元が不安定で大変だったろうな。

Tdsc_3914

そんなところでも、けなげに咲く花。
トウヤクリンドウ(当薬竜胆:リンドウ科)

Tdsc_3906

阿弥陀岳、中ノ岳は陰になっていて真っ黒。
右の奥には蓼科山がちょこんと見えて、おもしろかったな~

Tdsc_3920

南西を見ると・・・
手前西岳、いつか歩かなくちゃ。そして、入笠山などの山並み。
一番奥の中央アルプスがくっきりしてきました!

Tdsc_3927

岩礫の急斜面が終わったら、今度は鎖場が何箇所か。
どこも足場はしっかりしています。

Tdsc_3932

何度も振り返る、この景色。
権現岳の後ろには南アルプスがどーんと構えています。
右端の下1/3あたりにキレット小屋が見えていますね。

Tdsc_3939

だんだん緩やかに。
空の青が清々しくて、昨日のガスがうそのようです。

Tdsc_3973

阿弥陀岳と中岳。ヘリが飛んできました。

Tdsc_3987

チングルマの果穂だと思って見ていましたが、なんか違う・・・

Tdsc_3992

葉っぱを見て、あっ!と気がつきました。
チョウノスケソウ(長之介草:バラ科)ですね~
沢山ありました。今度は花の時期に来て見たいな。

Tdsc_3994

イブキジャコウソウ(伊吹麝草:シソ科)
花が終わったあとも、よいですね~

Tdsc_4000

こんな景色をバックに、地を這う私(^-^;
編笠山が権現岳の右(東側)にひょっこりと顔を出しています。

Img_6306

赤岳はもうすぐそこだよ!

Tdsc_4015

7:35 赤岳
ちょうどヘリが来たところでした。

Tdsc_4021

本日ずっと眺めていた富士山。

Dsc_6706

権現岳の後ろの南アルプス、その大きさに感動。
左から鳳凰三山、農鳥岳、間ノ岳(北岳にかぶり気味)北岳、甲斐駒ケ岳、
仙丈ケ岳、鋸岳

Dsc_6705

そして一番奥が中央アルプス。
恵那山、越百山、空木岳、宝剣岳、木曽駒ヶ岳(若干雲が・・・)

Dsc_6708

わかりづらいですが、御嶽山。

Dsc_6709

この日、北アルプス方面だけはしっかり雲がかかっていて、見られませんでした。
ちょっと、残念。

そして、八ヶ岳の稜線。
赤岳展望荘より横岳をたどり、硫黄岳、奥には天狗岳の双耳峰。
蓼科山も良く見えていますね。右の端に浅間山うっすら。

Tdsc_4060

黒斑山と浅間山のアップ。

Dsc_6707

元気になって、良かったね。

Tdsc_4061

頂上小屋の前でのんびりしていました。
気がついたら、1時間も。さぁ今度は真教寺尾根を下りますよ。

8:35 赤岳出発

Tdsc_4065

分岐を過ぎてすぐにこの看板。
手もと、足もと、注意しろってことなんでしょうね。

Tdsc_4079

急降下(^-^;
扇山もずいぶん下に見えますね。

Tdsc_4080

2350m付近まで急坂で、30~50mの長い鎖場が続きます。

Tdsc_4081

慎重にね!

Img_6311

ついつい下ばっかり見てしまいがちですが、遠くの景色はほら!
どこまでも飛んでいけそうな錯覚に陥りました・・・

Tdsc_4095

真教寺尾根から見た天狗尾根。

Tdsc_4121

鎖場が続きます。

Tdsc_4118

やがて緩やかになり樹林帯に。
まぶしい空の青と、葉の緑。

Tdsc_4123

ヒョウモンチョウの一種だと思われますが(^-^;
私の図鑑では、ウラギンスジヒョウモンが一番似ているように見えるけれど、
全く持ってわかりません!

Tdsc_4132

扇山手前で振り返ると、樹林の隙間に赤岳が!

Tdsc_4142

10:15 扇山通過
10:30~10:45 牛首山
おなかがすいたので、ここでちょっと休憩。
権現岳がきれいに見えました♪

Tdsc_4145

牛首山からはまた急な下りとなり、緩やかになると今度は笹原に。
場所によっては、けっこう深いですが、道はよくわかります。

Tdsc_4164

11:20 賽の河原
赤岳からここまで、二人組みの人たちを抜かしただけで誰にも会っていません。
ですが、ここはスキー場からリフトですぐなので、
観光客の方も気軽に来られるんですね。突然の違いにびっくり!

羽衣池まで、こんな感じでのんびり(^^)

Tdsc_4184

11:55~12:05 羽衣池
あとは天女山まで、八ヶ岳横断自然歩道を歩きます。
実は、この2日間でここが一番辛かったかも・・・
最後にゆるやかに平行移動するのはきついですね~

牧場の中だったりして(^^)

Tdsc_4196

遠くの牛達を眺めて、ひそかに楽しむワレラでした~

Tdsc_4202

最後はほんの少しぐいっと登って、天女山到着です!
13:30 天女山

はぁ~お疲れ様でした。
久々の南八ヶ岳。なかなか良かったではありませんか。
二人して、満足です(^^)
以前より気になっていた真教寺尾根、登りで歩くのも良さそうです。
1日目はカモシカに会えたし、2日目は展望がばっちり。
平日忙しい日々が続いていましたが、しっかりリフレッシュできたようです。

八ヶ岳は、登山口もたくさんありますし、南と北で違った表情が見られ、
ルート選び、どの季節にしようか、いつも悩みます。
でも、悩んでいる暇があったら、えいやっと出かけてしまえばいいのですね。
今回はそんな山旅でした。楽しかったね。

Posted by tomomi 登山 | |[2007/11/16]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/17054792

この記事へのトラックバック一覧です: 権現岳~赤岳 2007.9.2~3 2日目:

コメント

すんばらしい眺望だこと!
こんなに晴れて、、さすがに空気がクリアーな季節ですね。

投稿: shimo | 2007/11/17 0:13:36

皆様、ご心配をおかけしました。
確かに、最悪でした。

頭はガンガンするし、吐き気はするし...

寝る方向を逆にして、爆睡。

翌朝は、とてもすっきりな朝を迎えることができました。 

いったいなんだったんだろう??

高山病だね、

投稿: k-ta | 2007/11/17 1:50:31

ご主人 元気になられて良かったですね、
真教寺尾根の上の方はこんなにも鎖場なんですね、
冬に牛首までしか行っていないので上の方は知りませんでした、
勉強になりました、有難うございます。

最後の天女山までの平行移動は大変だったと思います、
なので私は勘弁です(笑)。

投稿: トシちゃん | 2007/11/19 21:53:53

shimoさん
2日目は八ヶ岳ならではのすばらしい展望でした。
これで北アルプスも見えたら最高だったのですが、贅沢はいけませんね・・・
秋は空気が澄み渡り、本当に気持ちがいいです!

投稿: tomomi | 2007/11/20 0:14:27

k-ta
いやぁ、今回はあまりにひどそうで、気の毒でした。
キレット小屋からだと、どちらに行くにも高度を上げなくてはいけないしね。
復活なりより。

投稿: tomomi | 2007/11/20 0:16:59

トシちゃん
2日目の朝、k-taが復活していてほっとしました。
どのコースで下山するか、一人考えていましたが、無駄に終わってよかったです。
真教寺尾根の鎖場は長いものが多いので、下りは案外面倒ですね~
登り甲斐はありそうですので、ぜひぜひ行かれてみてください。

車の回収のための平行移動、これが本当につらかった!
私ももう勘弁ですね~
トシちゃんとsanaeさんが歩かれた西のルート、とっても迷ったんですよ。
次回はそちらを歩いてみたいです!

投稿: tomomi | 2007/11/20 0:23:03

k-taさん、軽い高山病だったのでしょうか・・・風邪をひいたときのような頭のつらさは高山病の一つの目印ゆえ・・・ でも元気になられて良かったですね。  それにしても良い天気!来年は行こうと思っているコースなので沢山写真も載せてもらいイメージトレーニングできました(^^)   真教寺尾根は標高差もさることながら「長い」ですよね。いつまでたっても牛首山に着かない・・・ 私は昨年牛首山で雷雲に追いつかれ雷雨の中の下りとなってしまいました。岩場で遭遇しなかったのが幸いです(^^;

投稿: あひる | 2007/11/20 0:31:44

あひるさん
k-taはおそらく高山病だったのだと思います。
頭痛と吐き気、ちょっと辛そうでした。
一晩で回復したのでよかったのですが、いままでも何度か経験あるので、なんらかの工夫も必要かもしれませんね。

真教寺尾根、確かに長いですね。
上部は急坂か続き、牛首は遥か下に・・・
地図を何度も見ながら現在地を確認しましたね~
雷が上部の岩場だったらと思うと、ぞっとします!
でも、牛首からの雷雨の中くだりも相当大変で長く感じたでしょうね。
来年はぜひキレット行ってみてくださいね(^^)

投稿: tomomi | 2007/11/21 8:09:05

コメントを書く