« 唐松岳~白馬岳~朝日岳 2007.8.4~7 3日目その2 | トップページ | 唐松岳~白馬岳~朝日岳 2007.8.4~7 4日目その1 »

唐松岳~白馬岳~朝日岳 2007.8.4~7 3日目その3

雪倉岳から朝日岳へ向かいましょう。

Tdsc_2117

その他の記事はこちらで。

8/4(土) 八方池山荘~唐松岳
8/5(日) 唐松岳~不帰嶮~鑓ヶ岳~杓子岳~白馬岳 その1 その2 その3
8/6(月) 白馬岳~雪倉岳~朝日岳~朝日小屋 その1 その2 その3
8/7(火) 朝日小屋~朝日岳~蓮華温泉 その1 その2


あぁ、いやな雲だなぁ。
多分、隠れてしまう・・・しょうがないね。

Tdsc_2119

まずは尾根沿い、岩屑の斜面を軽快に下ります。
の、はずがすぐに立ち止まるし・・・

ホソバツメクサ(細葉爪草:ナデシコ科)

Tdsc_2121

タカネミミナグサ(高嶺耳菜草:ナデシコ科)

Tdsc_2126

振り返った雪倉岳。
こんな感じで、ジグザグ、ジグザグ、ぐんぐん下ってきます。

Tdsc_2130

いままでとは、違った種類のお花がいっぱい咲いていました。
ミヤマダインモンジソウ(深山大文字草:ユキノシタ科)

Tdsc_2134

ミヤマリンドウ(深山竜胆:リンドウ科)

Tdsc_2136

イワシモツケ(岩下野:バラ科)

Tdsc_2142

ウメバチソウ(梅鉢草:ユキノシタ科)

Tdsc_2144

k-taはぐんぐん下っています。

Tdsc_2147

ミヤマアケボノソウ(深山曙草:リンドウ科)
草むらの中に地味に咲いていますが、ちょっと気品がある感じ。

Tdsc_2146

ハクサンフウロ(白山風露:フウロソウ科)

Tdsc_2154

ミネウスユキソウ(峰薄雪草:キク科)

Tdsc_2156

ムシトリスミレ(虫取菫:タヌキモ科)
これも好き好き~ この花って、人気が高いはずと思っているのは私だけ?

Tdsc_2160

尾根からちょっと離れます。
右端の尾根には、人が見えていますね。
それにしても、この雪渓!気持ちいい~ 
ザザーッ、ザザーッと雪解け、流れ落ちる音が響いていました(^^)

Tdsc_2163

ミヤマアズマギク(深山東菊:キク科)

Tdsc_2165

タテヤマウツボグサ(立山靫草:シソ科)

Tdsc_2166

イワショウブ(岩菖蒲:ユリ科)
このあたりには、キンコウカなんかも咲いていて、ちょっぴり秋の装いでした。

Tdsc_2171

クロトウヒレン(黒唐飛廉:キク科)
ずっと、黒い蕾が気になっていました。これだったのか~とわかる喜び!

Tdsc_2178

ジグザグの急な道を下っていましたが、こんなにも楽しめて軽快!
登ってくるパーティーの方々は、ここはきついとおっしゃっていました。
朝日岳から白馬岳へ歩くのは、大変そうですね~
他にも、シロウマアサツキ、コバギボウシ、カライトソウ、ネバリノギラン、いろいろ。

今度は、尾根の左側に入ります。
手前の赤男山の西斜面下を歩き、後ろの朝日岳へと向かいます。
水平道で朝日岳を通らず小屋にも行かれるのですが、今日と明日両方行こうと。
朝日岳から、左側の尾根を下り平になっているところに、小屋が見えています。
まだ遠いなぁ~(^-^;

Dsc_6191

タカネマツムシソウ(高嶺松虫草:マツムシソウ科)

Dsc_6196

今年、初めて出会えました。
グンナイフウロ(郡内風露:フウロソウ科)

Dsc_6198

ハクサンタイゲキ(白山大戟:トウダイグサ科)

Dsc_6200

キヌガサソウ(衣笠草:ユリ科)

Tdsc_2216

ちょうどよく開けていて、座れる岩もあったので休憩~
暑いです・・・
水分はハイドレーションで、ちょいちょい補給しているので問題ないのですが、
おなかは満たされません。少しパンを食べて、満足です。

まだまだ、暑いのですが・・・
ツバメ岩、通過中。

Tdsc_2223

これがツバメ岩???

Tdsc_2222

木道となりました。これは楽ちん!
湿原の花々に癒されます。
目の前には朝日岳、その登りは結構きつそう・・・

Tdsc_2237

チングルマ(稚児車:バラ科)
花柱が伸び始めているのがわかりますね~

Tdsc_2239

オクヤマガラシ(奥山芥子:アブラナ科)???

Tdsc_2243

小桜ヶ原湿原をぬけて少し樹林帯に。

Tdsc_2252

ぱっと開けたところが、水平道と朝日岳との分岐でした。

Dsc_6208

ここでひと休み。
ちょうど日陰もあり、ゆっくりできました。
分岐のまわりのお花たちです。

キヌガサソウ(衣笠草:ユリ科)

Tdsc_2265

Tdsc_2267_2

まだ咲いていました!ミズバショウ(水芭蕉:サトイモ科)

Tdsc_2270

こちらもまだ咲いていました!エンレイソウ(延齢草:ユリ科)

Tdsc_2276

ミヤマツボスミレ(深山坪菫:スミレ科)
こちらは湿原から、沢山見られました。

Tdsc_2269

他にも、サンカヨウの終わりかけ、オオバキスミレ、カニコウモリ。

さぁ、お次はどうしましょうか?
このまま水平道を歩いて小屋まで行くか?
それとも、朝日岳を越えてから小屋まで行くか?
水平道もかなりのアップダウンと聞いていましたし、
それならば朝日岳にぐいっと登りましょう~ということに!

しかーし、いきなり樹林帯の急登にふぅふぅです(^-^;
ようやく目の前が開けて、ほっと一息ついたところまで、一切撮影なしです(笑)
k-taいわく、ここの登りが今回の縦走で一番つらかったとか。
ミヤマキンポウゲが沢山。

Tdsc_2281

お、もしや・・・

Dsc_6210

コバイケイソウ(小梅蕙草:ユリ科)群落です!
昨年、全然見られなかった分、今年は楽しいですね~

Tdsc_2284

ニッコウキスゲ(日光黄菅:ユリ科)
おすまし顔です(^^)

Dsc_6214

なんか雷鳥が出てきそうな雰囲気だなぁと思っていたら、案の定!
泣き声がしたのでそちらを見ると、いました、いました。
でも後姿しか見せてくれず(^-^;

Dsc_6218

雪渓がまだまだありますので、お花たちも見事でした。
ショウジョウバカマもまだ咲いていましたし。

Tdsc_2302

ヤマハハコ(山母子:キク科) 近づくとほらキレイ!

Tdsc_2306

ウメバチソウ(梅鉢草:ユキノシタ科)

Tdsc_2312

イワイチョウ(岩銀杏:ミツガシワ科)

Tdsc_2316

今年、本当に良く出会うアサギマダラ。

Dsc_6228

池塘が現れて、先に進んだら朝日岳でした。
お疲れ様~

Tdsc_2322

すっかりガスの中の山頂。
グリーンパトロールの方や他にも数名休まれていました。
私たちも、あと少しで小屋なのですが、ここで1時間ものんびりしちゃいました。
ほどよい暑さで、ぼけ~っとするのにちょうど良かったんです(^^)
ゆっくり食事をして、コーヒーでほっと一息。
小屋まで行って、テント張ってからでもよかったんですけれど、我慢できず(^-^;

さぁ~、ぼちぼち行きましょう。
山頂から小屋への道は、木道でしっかり整備されています。

Tdsc_2327

これなぁんだ?コバイケイソウのアップです(^^)
一つ一つの花も魅力的♪

Tdsc_2332

ミツバオウレン、ゴゼンタチバナ、マイヅルソウなんかも見られましたよ。
凝視しています・・・すぐに立ち止まる人約一名。

Dsc_6238

ハクサンコザクラ(白山小桜:サクラソウ科)
ちょっと薄いピンク。

Tdsc_2341

こちらは濃いピンク。

Tdsc_2351

卵発見!k-ta大喜び~
じぃ~っと眺めていたら、サンショウウオがぷか~んと何度か顔を出しました。
卵の中でちゃんと形になってきていますね!わかりますか?

Tdsc_2354

たくさん、ぎゅうぎゅう。

Tdsc_2355

楽しすぎる・・・

もういい加減、小屋に行きましょう(^-^;

小屋の周りもお花がいっぱい。
ニッコウキスゲ

Dsc_6246

朝日小屋、かわいらしい三角屋根。
小屋番さんも、とっても親切でいい感じ。
この日は小屋どまりの方が多くて、受付は忙しそうでした。

Tdsc_2365

Tdsc_2366

テントを張って、ゆるりと休んでいたら雨が降ってきました。
昼寝をしている間にやんだのですが、テント場のまわりは水はけが良くて快適!
雰囲気もいいし、おだやかで、とっても気に入りました(^^)

雲はちょっと多いけれど、夕焼け。

Tdsc_2369

夜が更けていきます。

Tdsc_2384

明日は最終日。蓮華温泉へ下山です・・・
さみしいなぁ、さみしいなぁ。

4日目その1に続きます・・・

Posted by tomomi 登山 | |[2007/09/25]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/16549115

この記事へのトラックバック一覧です: 唐松岳~白馬岳~朝日岳 2007.8.4~7 3日目その3:

コメント

最後の写真、いいですね~~~
こういうの好きですよ。

スケール大きいですね。
重たい荷物を背負って、それに一眼レフも持っての長旅、あと残すところ一日ですか。
お疲れ様・・・
でも、憧れるなぁ・・・

投稿: sakuchan | 2007/09/26 21:10:27

写真綺麗ですね!
昨年を思い出します、朝日岳と水平道との分岐にキヌガサソウが有るんですよね~。
自分達も喜んでしまいました。

朝日岳の登りも大変なんですね!
自分達は水平道で行ったんですが「何が水平だ!(怒)」とブツブツ言いながらでしたので、朝日岳を登れば良かった!と話していたんですが、どっちも大変なんですね。

いよいよ蓮華温泉に下山(登り?)ですね。

投稿: トシちゃん | 2007/09/26 22:16:57

sakuchan
こんなダラダラしたレポに何度もコメントありがとうございます!
もう少し、ピリッとしたレポが書きたいのですが・・・

最後の写真、三脚がないので木道に置いて何度も覗き込みました。
小屋泊の人も外に出てきて、空を眺めていたので居なくなるのを待って。
4日間、でも歩いてみればあっという間です。
休みがもっと取れれば・・・といつも思いますよ!
私もsakuchanのように、三脚を持ってすばらしい景色が撮れる様になりたいです(^^)

投稿: tomomi | 2007/09/27 0:09:14

トシちゃん
写真をお褒めいただき光栄です(^^)
昨年、お二人が歩かれた道をたどってきましたよ~
この時期にキヌガサソウが見られたので、私もかなり喜んじゃいました!
朝日の登り、地図をみたら等高線がぎゅうぎゅうで、ちょっとひるみました・・・
で、案の定ふぅふぅ。
水平道はみなさん、水平じゃないとおっしゃいますね。
次回は歩いてみたいです。

蓮華、おもいっきり登らされましたね~
これも辛かったかも(^-^;

投稿: tomomi | 2007/09/27 0:12:27

スゴイたくさんの花ですね~。
水平道は噂どおり?水平ではないんですね。
ちょっと辛そうです。

来年の夏が待ち遠しいです。

投稿: 三脚マン | 2007/10/02 22:24:31

三脚マンさん
お花の種類は本当に多くてびっくりです。
初めて見るものもあり、かなり舞い上がってしまいました・・・

水平道は、みなさん大変だったそうで。
でもその分、朝日小屋ではいい思いができそうですよ!
来年夏、かなり期待ですね~

投稿: tomomi | 2007/10/02 23:30:58

コメントを書く