« 唐松岳~白馬岳~朝日岳 2007.8.4~7 1日目  | トップページ | きちゃった! »

唐松岳~白馬岳~朝日岳 2007.8.4~7 2日目その1

おはよう。
2日目の朝、あいかわらずガスですが風はやんでいました。
伊豆の人さんと、もう一人ソロで歩かれているSさんと4人で白馬岳まで進むことに。

その他の記事はこちらで。

8/4(土) 八方池山荘~唐松岳
8/5(日) 唐松岳~不帰嶮~鑓ヶ岳~杓子岳~白馬岳 その1 その2 その3
8/6(月) 白馬岳~雪倉岳~朝日岳~朝日小屋 その1 その2 その3
8/7(火) 朝日小屋~朝日岳~蓮華温泉 その1 その2

あほな私は、今日は白馬岳までとなったからと、気持ちが一気に楽になり・・・
なんか、間違ってますねぇ。

Tdsc_1302

伊豆の人さんを先頭に、Sさん、tomomi、k-taと続きます。
風がないとはいえ、視界は悪いし、足場も濡れているので、とにかく安全に!
いつもより、ゆっくり慎重に歩き始めました。

Img_6275

今日の唐松岳も真っ白(^-^;

Img_6278

ザックカバーをしていると、ザックがいつもより大きく見えますね。

R0010292

こんな景色が続くのでしょうか・・・

Img_6282

この先で、一人男性が休まれていました。
今日は、不帰を超える人が他にもいるようです。

ハイマツやシャクナゲの中を進むと

R0010294

岩が多くなってきました。

R0010295

なごむなぁ、松ぼっくり。

Img_6287

まずは不帰ノ嶮二峰南峰
ここからが一峰までの間が「不帰ノ嶮」と言われるところ。

Img_6288

さぁ、行くよ!
小雨もやんで、気持ちも盛り上がります。

Tdsc_1306

やせ尾根が続きますが、ちゃんと安全なハイマツ帯に道がついているので、大丈夫。

Tdsc_1309

おっとっと~

Tdsc_1310

長野側はスパッと切れています。覗き込むのもこわいよ。

Tdsc_1315

不帰ノ嶮二峰北峰

Tdsc_1317

どうやって進んでいるの?
画像だとわかりづらいですね~

Tdsc_1318

ルートはしっかりマーキングされているので、迷うことはありません。
危ないところは、当然鎖があります。
実は、不帰ノ嶮二峰南峰で雨がやんだのいいことに、デジ一を出した私。
おなかの前にカメラケースがどんと邪魔しております(^-^;
鎖場を進むのに、バカですね~

R0010304

鎖場が続きますが、足場もしっかりしています。
雨の後なので、一部滑りやすいところもありましたが、あとは大丈夫。

Tdsc_1323

下から見るとこんな感じ。ホールドもちゃんとありますね~

Tdsc_1324

岩場の影にミネウスユキソウ(峰薄雪草:キク科)

Tdsc_1325

記念撮影など、たまには二人でね・・・

Tdsc_1331_2

横に移動中。

Tdsc_1337

ガスが晴れてきた!

R0010327

先に見えるのは、不帰一峰かな。

Tdsc_1358

でもその前に、金属製の橋を渡ります。
下は切れ落ちていて、覗き見るとドキっとしますよ~
Sさん通過中。向かいで伊豆の人さんがカメラを構えていますね(^^)

Tdsc_1361

こちらに2名向かってきています。今日はじめてのすれ違い。
私たち二人は、橋の手前で待つことにしました。

Tdsc_1365

待っている間、上を見上げてみました。
こんな岩場にも育つ植物。あまりに強すぎます。

Tdsc_1364

じゃ、下りましょう~

R0010333

足場をしっかり確認しながらね!

Tdsc_1369

はい了解~ って、通過したあとなんですが・・・
逆コースが一般的なんでしょうね。

Tdsc_1373

コルにて休憩中。もう雨具も必要なさそうです。

Tdsc_1381

振り返って、不帰二峰北峰、南峰。

Tdsc_1394

どこを通ってきたんだ?

Tdsc_1391

不帰一峰に到着。次に向かうは不帰キレットですね。

Tdsc_1395

天狗の大下り、少しずつその姿を現しどーんと構えています。
こちらから進むとなると、大登りか・・・

Tdsc_1393

見えた!興奮気味です(^^)

Tdsc_1402

コルまで下って、その先は登りますよ~

Dsc_5932

不帰一峰、不帰二峰北峰、南峰、不帰三峰、歩いてきたんだなぁ。

Tdsc_1415

昨日見られなかった空の青さ。

Tdsc_1419

不帰三峰の後ろに唐松岳が。

Tdsc_1426

さぁ、天狗の大下りを登りましょう!
この先
次々現れるお花たちに、そして広がる景色に何度も立ち止まってしまいました。
こんな調子で白馬までたどり着けるのでしょうか?

Tdsc_1430

2日目その2に続きます・・・

Posted by tomomi 登山 | |[2007/09/13]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/16425898

この記事へのトラックバック一覧です: 唐松岳~白馬岳~朝日岳 2007.8.4~7 2日目その1:

コメント

こんばんは

逆コースは怖そうです‥ 歩いた後なので画像がとってもリアルに感じられます

「天狗の大登り」はキツそうですねー 下っていてそう思いました でも次に行く時は私も逆コースを歩いているような気が‥(笑

足場が悪い状態での通過、おつかれさまでした 続きも楽しみにしてますよ

投稿: あき | 2007/09/13 23:46:16

いや~~
高度感たっぷりですね~~
こういうところは女性のほうが強いですよね。
かつて、ザイテングラートが登れなくて途中からザイルでサポートされながら下ってきた男性と行き会ったことがありましたが、あの時も、仲間の女性たちはキャッキャと笑い声を上げながら男性を置いて白出のコルへ登っていきましたよ。
tomomiさんとk-taさんの姿を見ていると逞しさを感じますね~~

投稿: sakuchan | 2007/09/14 7:38:03

オォ~~~~コワッ!^_^;

歩いたことあるのに写真を見てるだけで足が竦みます^_^;

ザックカバーをかけると大きくなって、余計緊張感の増す画像ですね~

ガスの方が恐怖心がなかったりすることもありますけどいかがでした?
ガスが晴れて歩いた後を見ると、自分でびっくりしたりしますが(笑)

投稿: sanae | 2007/09/14 15:44:49

あきさん
こちらは、あきさんのところで、あぁ歩いたところだ~とリアルに感じていましたよ♪
今回は、下りがメインになってしまうので、ちょっと面倒かなぁとは思いましたが、なんとかなるもんですね。

「天狗の大登り」、みんなには悪いと思いつつ、のろのろ歩きました(^-^;
遮るものが何もないので、天気が良かったら暑くてばてばてでしょうね~
この調子で、続きものろのろ頑張ります!

投稿: tomomi | 2007/09/14 22:06:59

sakuchan
ちゃんと高度感でていますか?
こういう写真も、なかなか難しい~とまだまだ悩みつつ撮っています(^-^;

今回、女性はお一人しかお会いしませんでしたが、しっかりとした足取りでしたね~
私も、ゆっくりとしか進めませんが、あんまり抵抗はないかもしれません。
意外と好きなほうなのかな?

投稿: tomomi | 2007/09/14 22:11:23

sanaeさん
下を見たときに、ぞくっとする気持ち。
落ちたくない・・・と、ただそれだけを思いました(^-^;
今回は、一緒に歩いてくださったお二人がかなりモデルとなってくれたので、楽しい画像となりました!
こういうところは、人が入るといいですね~

ガスであまり遠くが見えないと、ちゃんと足元、手元に集中できそうですね。
確かに、晴れたときに見えた景色に、あぁこんなところを歩いたのかとびっくりしましたよ~

投稿: tomomi | 2007/09/14 22:17:24

不帰ノ嶮、なかなか歩き応えありそうですね。
沢山写真載せて下さったのでとても良くコースの流れが分りました。
あひるは白馬方面には行った事が無いのですが、ここは是非行ってみたいと思っています。
どんな険しい岩場にも健気に生えている高山植物には癒されますね(^^)

投稿: あひる | 2007/09/15 23:30:09

あひるさん
いやいや、北鎌尾根を歩かれているあひるさんにとっては、するっと通過してしまうところなのではないでしょうか!
今回、モデルがいつもより多いので、張り切って画像を沢山載せてしまいました(^-^;
白馬方面は、女性に人気のエリアの気がします。
不帰はさすがに少なかったですが、天狗から白馬の間は女性の方が断然多かったです。
お花がとっても多いエリアだからなんでしょうね~

投稿: tomomi | 2007/09/18 7:11:55

こんばんは。

唐松岳からの不帰キレットも、良さそう?ですね。
逆コースも大変気になっております。
大下りを登るのは、大変そうです。
私たちは下りで、ビビリました。
写真も高度感があって、大迫力ですね。

ちなみに来年の7月の3連休、私たちは蓮華温泉から朝日岳の計画をしています。
参考にさせてくださいね。
レポ楽しみにしています。

投稿: 三脚マン | 2007/09/18 23:26:33

三脚マンさん
こちらまでありがとうございます(^^)
大下り、ただジリジリと高度を上げていったという感じです。
下りの方が、ザレ気味ですし面倒な気がしますね~
写真、三脚マンさんの素敵なものを見たあと、自分達のを見ると・・・
あまりの違いにがっくりした次第でありますよ!

蓮華からの雪倉、朝日周回ですか?
7月の連休ならば、残雪とお花がにぎやかでとっても楽しそうですね(^^)
あまりにレポが遅いですが、来年までには間に合うと思いますので、気長にお待ちください(笑)

投稿: tomomi | 2007/09/19 8:41:16

コメントを書く