« 唐松岳~白馬岳~朝日岳 2007.8.4~7 2日目その2 | トップページ | 唐松岳~白馬岳~朝日岳 2007.8.4~7 3日目その1 »

唐松岳~白馬岳~朝日岳 2007.8.4~7 2日目その3

白い白い鑓ヶ岳、不思議な光景でした。

Tdsc_1582

その他の記事はこちらで。

8/4(土) 八方池山荘~唐松岳
8/5(日) 唐松岳~不帰嶮~鑓ヶ岳~杓子岳~白馬岳 その1 その2 その3
8/6(月) 白馬岳~雪倉岳~朝日岳~朝日小屋 その1 その2 その3
8/7(火) 朝日小屋~朝日岳~蓮華温泉 その1 その2

ぐいぐい登るしかありません。

Tdsc_1583

約一名、のろのろと。

Dsc_5993

振り返ったところ。
残雪、例年より10日ほど溶けるのが遅れているとか。

Tdsc_1587

肩にザックを置いて、空身で鑓ヶ岳の頂上まで。
ガスってしまいました・・・

Tdsc_1594

猿倉から白馬三山を歩かれる方が多いのか、不帰に比べぐっと人が増えました。
そして、さらに増えたのがお花たち!

Tdsc_1597

一面に広がるお花畑に、言葉もありません。

Dsc_5999

ミヤマアズマギク(深山東菊:キク科)

Tdsc_1600

雪渓の上には、イワヒバリ。

Dsc_6004

ホソバツメクサ(細葉爪草:ナデシコ科)

Tdsc_1606

目の前に次に向かう杓子岳、左の方に向かい、ピークは雲の中の白馬岳、
旭岳、清水(しょうず)岳への尾根が見えました。

Hakubayarigatakepanorama

手前の杓子岳のトラバース道、くっきり。
白馬岳の姿が良くわかるようになりました。
山荘も見えています。すごすぎる・・・

Dsc_6009

チシマゼキショウ(千島石菖:ユリ科)でいいのかな~?

Tdsc_1623

杓子岳、緩やかに道がついていますが、じわりじわりと登り案外しんどかったです。

Tdsc_1625

ザックをおいて、ピークまで行ってみよう!
短い距離ですが、ぐいっと登ります。

Tdsc_1627

ちょっと待っていたら、鑓ヶ岳が見えましたよ。
歩いたところが見えるのは、嬉しいですね。

Dsc_6022

じゃぁ、下ります。
急な斜面、空身でよかった~

Tdsc_1635

次に向かうは、白馬岳。
アップにしてみました。

Tdsc_1638

あぁ~ 雲に包み込まれてしまう・・・

Dsc_6026

この先も待っていたのは、お花畑。
カラフルな斜面が次々と現れ、もう楽しくてしょうがありません(^^)
みんなに、遅れてばっかり。
「山は楽しむために来ているんだから!好きに歩いていいんだよ」
何度も言ってもらいました。みんなありがとう~

Tdsc_1643

一緒に歩いたこの道。忘れないよ!

Tdsc_1644

雪渓に吸い込まれそうになります。
あぁ、なんて大きな斜面なんだろ~

Tdsc_1652_2

振り返って、杓子岳。鑓ヶ岳は雲の中に入ってしまった。

Tdsc_1656_2

シコタンハコベ(色丹繁縷:ナデシコ科)
ぽちっと赤くてかわいいでしょ!
大好きな花の一つなんですが、なかなか出会えません。
ウルップソウ以上に、実は大興奮したのでありました(^-^;
でも、風が強くてちょっと場所も悪かったので、画像はイマイチ。がっくり。

Tdsc_1668

タンポポとヨツバシオガマ

Tdsc_1672

クルマユリ(車百合:ユリ科)
ウラジロタデも沢山咲いていましたね~

Tdsc_1673_2

ミヤマアカバナ(深山赤花:アカバナ科) ぴんぼけですが。
後ろには、ヒメクワガタ

Tdsc_1677_2

ミヤマクワガタ(深山鍬形:ゴマノハグサ科)
近くで見ると、目が血走っているみたいで、ちょっと笑える。

Tdsc_1685

ハクサンチドリ(白山千鳥:ラン科) 今回、見られたのはわずかでした。

Tdsc_1695

リンネソウ(りんね草:スイカズラ科)
初めて見ました。今回楽しみにしていた花の一つです。
本当にちっちゃくて、足元に見つけたとき、びっくりしました。

Tdsc_1698

3人が、丸山で待っていてくれました。テン場はすぐそこです(^^)

Tdsc_1699

今日はずいぶんとのんびり歩きだったので、
伊豆の人さん、Sさんにとっては、調子が狂ってしまったことでしょう。
それでも、ずっと一緒に歩いてくれました。
みんな山への想いいれはそれぞれで、話を聞くだけでも楽しかったな。
きっと、またどこかで会えるね!

さっそく、テン場で受付。
今年は雪解けが10日ほど遅れていて、水を確保するのが大変だったとか。
今はもう大丈夫ですとのこと。
おかげでテン場のまわりは、今が一番花盛りだったのです!

アライテント、緑のフライが一番人気~ ちなみに我が家はオレンジです。

Tdsc_1715

もっと、いっぱいかと思っていましたが、案外余裕あり。よかった。
テント設営後、白馬岳に向かいましょ~
ゆっくりお花を楽しみながらね(^^)

Tdsc_1719

イワベンケイ(岩弁慶:イワベンケイ科)

Tdsc_1716

ウルップソウ(得撫草:ウルップソウ科)

Tdsc_1724

ヤマガラシ(山芥子:アブラナ科)

Tdsc_1728

白馬山荘、でかい、でかすぎる・・・1500人収容できるとか。
本当にすごいですね。

Tdsc_1732

山頂に行く前に、スカイプラザでぷはー
着いたら、生ビール!と昨晩より決めていたんですよね~

Tdsc_1733

ひとしきり盛り上がった後は、やっぱり山頂に行かなくちゃ。

松沢貞逸氏のレリーフ、後ろには白馬岳山頂。
明治40年、白馬山荘の前進の山小屋を建てた方。
とても想像のつかない話です。

Tdsc_1735

白馬岳に着いちゃった!
え~、私tomomiにとっては実に19年ぶりとなる山頂です。
ここで見たご来光、雲海、それは鮮明に覚えているのに、
(あと大雪渓でばてたこともね)
その先どうやって歩いたのか、まるで覚えていません・・・(^-^;
ちなみに登山経験年数は、だいぶ間が抜けているのでひよっこみたいなもんです。

Tdsc_1739

まわりはすっかり雲の中。
ブロッケン現象も見られましたよ~

Tdsc_1745

景色は明日に期待しましょう。テン場に戻ります。

Dsc_6038

ここにも咲いていました。シコタンハコベ

Tdsc_1756

Tdsc_1758

イワツメクサ(岩爪草:ナデシコ科)

Tdsc_1765

テン場に戻ってきました。

ハクサンイチゲ(白山一花:キンポウゲ科)

Tdsc_1790

食事をしてのんびり、ぼーっと。
なんだか、空が赤くなっています。あわてて一人外に飛び出しました。

Tdsc_1809

旭岳もちょっぴり赤く色づいています。

Tdsc_1819

立山連峰、剣岳の鋭い頂、毛勝三山がくっきりと。
冷えて寒かったのですが、この景色から目が離せませんでした。

Tdsc_1838

さぁ、ゆっくり休んで疲れをとらないとね。
明日も楽しみ。どんな景色が待っているのだろう。

3日目その1に続きます・・・

Posted by tomomi 登山 | |[2007/09/22]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/16515227

この記事へのトラックバック一覧です: 唐松岳~白馬岳~朝日岳 2007.8.4~7 2日目その3:

コメント

凄いですね~♪
うっかり滑・転落、怖そうなところをよく登るものだと身震いしながら拝見しています。
tomomiさんとk-taさんは、登山歴はどれくらいなのでしょうか?
相当のキャリアとお見受けします。

山域のことはチンプンカンプンですが、高山植物の多さに圧巻!
そして切れ落ちた・・・ おお怖い。
ギザキザ稜線のほんのちょっとの緑にも安らぎ・・・
うーん、やっぱり怖い!{{{(+_+)}}}ブルブル

東北の山とは、高さといい、スケールがまるで違いますね。
「ロード・オブ・ザ・リング」を彷彿させる世界です。
『アラゴルン』や『ゴラム』に会いませんでしたか?(;^_^A

投稿: Mr.MOMO | 2007/09/22 11:41:51

こ、こんなにいろいろな花が咲いていたんですねえ。
とっても楽しく「復習」できました。

ちなみに、白馬丸山のテント場は、ちょうどtomomiさんたちの張った後におじゃましたようです。(笑)

投稿: moai | 2007/09/22 19:42:32

うわぁ~、さすが花三昧と言われる山域ですね!
いいな、こんなお花畑を目の前にしたら、
完全に足が停まります。
いつか行ってみたい、白馬。
@snow見てると、行きたい山が増えて困りますっ (笑)

投稿: nobu | 2007/09/23 16:34:34

Mr.MOMOさん
不帰は、一見怖そうですが、きちんと足場を見れば問題なく歩けますよ!
東北の山とは、また雰囲気が違って、面白いですよね。
東北の山のやさしい表情も大好きですが、アルプスのスケールの大きさもすばらしいと思います(^^)

高山植物は、もう見事なほど沢山でした。
すべてお見せできたら、いいのですが・・・
今回ずいぶん欲張って、だらだらとレポを書いています。
お付き合いいただき嬉しいです(^^)

ロード・オブ・ザ・リング、実は見たことがないんですよ~
すみません、ちっとも通じなくて(^-^;

投稿: tomomi | 2007/09/23 19:28:20

moaiさん
そうですよ~、moaiさんも同じ時期に歩かれているのですから、これらのお花を見ているはず!
二人でノンビリ歩いているので、じっくり景色やお花を眺めているんだと思います(^-^;
時間を気にするのも大切なんですが、今回ほどあまり気にしなかったのも珍しいです。

実は、私もレポを書きながら復習していますよ!
次回は、moaiさんと若者たちにテン場でお会いでしたいな~

投稿: tomomi | 2007/09/23 19:32:58

nobuさん
今回は、かなりキョロキョロ、ジーっと見つめることしばし。
ゆっくりと山を楽しむことが出来ました。
カメラを構えることが多すぎるのが、原因だと思いますが、山の楽しみ方も少しずつ変わってきていますね~

私もみなさんのレポで行きたいところのリストが、着々と増えています。
お互い困ったもんですね(^^)
白馬はたくさんのルートがとれるので、nobuさんのペースでぜひぜひ!

投稿: tomomi | 2007/09/23 19:35:40

こんちは。ご無沙汰しております。
ご無沙汰してますが常にロムってお二人の動向はしっかりチェックしております^^

冬の白馬しか知らない私には、不帰の写真を見ても、
この絶壁を滑る人たちがいるんだもんなぁ。
とかそんなことばっか考えまた違った意味で震えています。。

今週は出かけてないの?
Nたちから聞いたかどうかわかりませんが、実はワタシ7月から横浜市民です。
仕事が楽しくてワタシの今シーズンは6月で終了しました。。
葛根田も行きたかったのに。。

k-taさん早くレポしてくださいっ!

近いうち横浜近辺で一緒に呑みたいなぁと思っておりまつ。。

投稿: ぶなたきびなのかタッキーなのか | 2007/09/24 3:53:00

お互いノンビリ三連休ですね☆

憧れの不帰恐そうです・・・
唐松からだと下りが多いですか?
登りは上を見ていればいいのですが、
下りは下をみるから恐怖倍増ですよね・・・。

それにしても、本当に写真キレイですねー。
お花も景色も抜群です。
デジイチ欲しくなっちゃいます。
その前に腕が違うような気もしますが(笑)

アライテントのフライ緑が多いですよね。オレンジは虫が寄ると聞いて緑にしてしまいましたが、ちょっと後悔してます。

投稿: のんすけ | 2007/09/24 10:01:03

たっき~☆
うわさはかねがね!
仕事が楽しいだなんて、充実ぶりがうかがえます。
しかも、横浜に引越しもしたのですね。
これはぜひぜひ飲みに行きましょう(^^)

不帰、ここを滑っているレポ、震えたり、笑ったりしながら見ましたが、本当にすごいですよね~
おもしろ、おかしい人達が世の中には沢山いるんだなぁ。

来年は、沢旅ができるよう、ちょっとずつ準備しますね。ぜひぜひまた!
葛根田のレポ、そのうちk-taが書くと思いますが、画像を見る限り楽しそうで、だいぶうらやましかったです。
私も行きたかったよ~
k-taの方から、連絡しますね!

投稿: tomomi | 2007/09/24 10:39:44

のんすけさん
我が家は土曜日に二人とも仕事で、2連休だったのですが、お彼岸でしたし今回はお休みです。
来週からは、秋山にむけてGO!GO!ですよ~

不帰、逆コースですと、天狗の大下りの下りに注意すれば、あとはぐいぐいっと登れます。
もし、岩場が苦手で心配なのであれば、こちらがおすすめ。
私たちが歩いたコースでも、下りの足場をしっかりすれば問題ないですよ~
迷いますね(^-^;

写真をお褒めいただき、光栄です(^^)
でかいカメラを引っさげて行った甲斐がありました!
二人で、一台ずつ持っているので、アホみたいなんですが、それぞれ撮りたいところが違うので、我が家の場合一人一台じゃないと無理みたいです。

のんすけさんの屋久島の記事も、とってもきれいな写真でしたよ!
苔むしたいい雰囲気が素敵でした(^^)

テント、なんでオレンジにしたか覚えていないんですが、二人が好きな色だったのかな?

投稿: tomomi | 2007/09/24 10:54:19

コメントを書く