« 中ノ岳~丹後山 2007.6.23~24 その3 | トップページ | あれれ???まいったなぁ~(>_<) »

飯森山 2007.7.1

飯森山(いいもりやま)、この名を初めて知ったのは今年の2月です。
高曽根山に行ったとき、korinさんより教えていただきました。
うつくしま百名山にも選ばれている山だそうですが、なかなかハードだそうで。
調べてみると、片道約8kmのピストン。標高差約1100m、コースタイム9時間半。

ちょうどヒメサユリを見たいなぁと、考えていて思い出したのが飯森山。
ヒメサユリ、まだ見たことがないんです。どうしても出会いたい!
そして、飯豊連峰と吾妻連峰の間に位置して、眺望も良いということで決定~♪
なんですが、この週末はお天気がいまいちで景色は残念ながら・・・でした(^-^;

◇コース◇
日中ダム~地蔵山~鉢伏山~飯森山 ピストン

日中ダム、まだ水が少ないですね。
駐車場には、先行者の1台と我が家の車のみ。
あれれ、思ったより少ない?これから?

Img_5948

雲も多くて、今日は眺望は期待できそうもないな・・・
と心の中で思うも口には出さず(^-^;

5:50 登山口
手を合わせてから出発です!

Img_5950

沢コースの案内も。
喜多方市のHPにも案内がありましたよ。沢開きもあるようです。

Img_5951

まずは樹林帯、最初っから急ですよ~(^-^;

Dsc_5663

ホタル!興奮したら、ぶれてしまいました・・・

Img_5954

6:30~6:45 見晴台
k-ta諸事情にて消える・・・(ダイジョウブカナ?)
待っている間、会津盆地方面を眺めますが、雲が邪魔をして見えませんでした。
近くにはツルアリドオシが。
こんな、案内板がポイント毎にありましたよ。

Img_5957

7:20 薬師
ただ、ただ、もくもくと歩き続けていました(^-^;
ブナの新緑シャワーが心地よいです。

Dsc_5672

繰り返し出てくる、小さなアップダウン。
これが、きついと言われる一つの原因だったりするのでしょうね。

Img_5967

お、今日もでましたギンリョウソウ(銀竜草:ギンリョウソウ科)

Img_5969

8:15~8:20 地蔵山 1386.6m
少し休憩。もう2時間歩いているのだから、そろそろ現れないかな・・・
まだ咲いていないのかな・・・と不安になっていました。

あ、ポツリと一輪咲いていました♪
ヒメサユリ(姫小百合:ユリ科)

Dsc_5676

ニッコウキスゲ(日光黄菅:ユリ科) 別名:ゼンテイカ(禅庭花)
これも嬉しい(^^)

Img_5978

ガクウラジロヨウラク(萼裏白瓔珞:ツツジ科)

Dsc_5683

やせ尾根で、注意しながら歩いていますが、
先にピンクの花が見えるとわくわくしてしまいます(^^)

Img_5983

9:05 大倉の頭 1482m

ヒメサユリの後ろにはタニウツギのピンクが。

Dsc_5696

あいかわらずのアップダウン、進むしかありません!

Img_6002

それでは、ヒメサユリのオンパレード!いってみよう~

Dsc_5701

Img_6010 Img_6014

Dsc_5704

Dsc_5708_1

この先が鉢伏山です。
9:40~9:50 鉢伏山 1576.2m
ここからの展望もそうとう良いそうですが、今日は雲ばっかりです。残念。

Img_6018

そして、またしても下ります。ムムム~

後姿も美しい!

Img_6020

Img_6021 Img_6023

他のお花も忘れちゃいけませんよ♪

イワカガミ(岩鏡:イワウメ科)
マイヅルソウ(舞鶴草:ユリ科)
Img_6024Img_6026

子安神社を超えて、笹薮の中を下ったところが種蒔です。
ここは湿地帯となっていて、残雪も遅くまであるそう。
この日も、登山道を雪解け水がふさいでいました。
先行者の方がどこを通ろうか、悩んでいる様子。

Dsc_5709

そこで、k-taが先に行くことに。
笹をつかみながら、落ちないように移動です。
少しの距離なんですが、足元も滑るしイヤな感じ。
今日はピストンなので、帰りも通るんだよね~(^-^; ま、いっか。

Img_6028

モリアオガエルの卵じゃない?二人してにんまり(^^)

Dsc_5712

シラネアオイ(白根葵:シラネアオイ科)が咲いていましたよ♪

Img_6030

ミズバショウ(水芭蕉:サトイモ科)まで!わーい♪

Dsc_5714

そして、再びヒメサユリが続きます(^^)

Dsc_5719

Img_6044

Img_6047

Img_6053

キョロキョロしすぎ!お花に囲まれてシアワセ♪

Dsc_5725

今日は主役じゃないけれど・・・ やっぱりキレイ。

Dsc_5728

Dsc_5731_1

Img_6056_1 Img_6058_1

振り返って、k-taとお互い撮り。
山頂間近にきて、この下りです。なぜ~?(笑)
ナナカマドが咲いていました。

Img_6068_1

10:45~11:35 飯森山 1595.1m
ようやく山頂!せまいですね~ ひっそりと二人で休憩。

Img_6086

アゲハチョウもヒメサユリに夢中です(^^)

Dsc_5754 Dsc_5759

雲が動いてきた!と期待しましたが、見えたのは近くだけ(^-^;
今日は眺望はあきらめましょうね。

Img_6090

少し先の飯森神社へお参りに。無事下山できますように。

Dsc_5763

足元には、アカモノ、マイヅルソウ、ミツバオウレン、みんなかわいらしく。
さぁ、下山しましょう~ 
登りはコースが長いからと撮影を控えたので、その分下りで撮らなくちゃ!

ナナカマド(七竈:バラ科)

Img_6103

ベニサラサドウダン(紅更紗灯台:ツツジ科) サラサドウダンもあったなぁ~

Img_6108

ミヤマカラマツ(深山唐松:キンポウゲ科)

Dsc_5771

ハクサンチドリ(白山千鳥:ラン科)

Dsc_5773

ニッコウキスゲとヒメサユリのコラボ(^^)

Dsc_5775

夢中になっています(^-^;

Dsc_5778

Img_6122

タムシバ(噛柴:モクレン科) 往きには気がつきませんでした。

Dsc_5784

ショウジョウバカマ(猩々袴:ユリ科)
エンレイソウ(延齢草:ユリ科)
Img_6127Img_6131

スダヤクシュ(喘息薬種:ユキノシタ科)

Img_6128

ツマトリソウ(端取草:サクラソウ科)
ゴゼンタチバナ(御前橘:ミズキ科)
Img_6141Img_6142

12:25 鉢伏山 1576.2m
また登るのね・・・ 帰りも当然アップダウン多し!(ピストンだから当たり前~)

Img_6144

今日は黄色はあんまりありませんでした。白ばっかり。
シロバナニガナ(白花苦菜:キク科) でいいのかな?

Img_6149 Img_6150

ようやく景色が見えるようになりました。
会津盆地もうっすら。真ん中の斜面が削れているところが、日中ダムですね。

Dsc_5798

下りながら、吾妻連峰や磐梯山方面を必死になって見ましたが、
いまいちはっきりしませんでした。残念。
というわけで、もくもくと下っております(^-^;

Img_6164

今日、最初に出会ったヒメサユリにお別れを。

Img_6167

13:30 地蔵山 1380.6m
距離は半分くらいきましたが、標高差はまだまだ。
山頂から200mくらいしか下っていません。
ということは、あと900m下らないといけないのです!がんばれ~

暑くなってきました。

Img_6174

なかなか緑は気持ちがいいです(^^)

Img_6176

14:20 見晴台
朝は雲で見られなかった会津盆地。

Dsc_5807

がんばれ、がんばれ、ゴールは近いぞ!
最後の急坂をいきおいで下っています(^-^;

Img_6182

14:40 登山口 到着です!お疲れ様~

Img_6185

やった~

Dsc_5810

下山したら、すっかり晴れ。山だけが雲に覆われていました。
さぁ、この汗を流そうと近くの『日中温泉 ひめさゆりの宿 ゆもとや』へ。
しかーし、日帰り風呂はなんと15時半まで(時間はもしかしたら、間違っているかも)
残念、間に合いませんでした。要注意です!

でも温泉はたくさんあります。
熱塩温泉の宿(名前は失念)で、お風呂にざぶん!

いやぁ、楽しい一日でした(^^)
さすがに、長いコースとだけあって丸一日かかりましたね。
この前の週に越後の中ノ岳~丹後山を馬蹄形で歩いているので、
今回は体が慣れていたのか、筋肉痛にもならなかったです。

ヒメサユリのちょうどいい時期に歩けたことは、本当に嬉しかったなぁ~
こんなにいっぱい咲いているとは思ってもみなかったので、二人で大喜び。
お花にそんなに興味がないk-taでさえも、見事な咲きっぷりに関心していました。
初めて見るヒメサユリとしては、もう上出来です(^^)

飯豊と吾妻を眺める、という願いは叶いませんでしたが、
これは高曽根山で真っ白な景色を見ているので、贅沢は言わないでおきましょう。

それと、今回登山者が私たちを含めて4名しかいませんでした。
お天気も中途半端だったせいもあるかと思いますが、
ヒメサユリはこんなに素敵なのに・・・ コースも長くて大変ですものね。
静かな山旅でした。

来年はどこの山でヒメサユリと出会えるかな~?
今から楽しみにしちゃったりして(^-^;

Posted by tomomi 登山 | |[2007/07/19]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/15754161

この記事へのトラックバック一覧です: 飯森山 2007.7.1:

コメント

これが、korinさんが「コースタイムが長いのよ~。クマが出そうな山なのよ~。」と言っていた飯森山ですね!
ヒメサユリがこんなにきれいだなんて知らなかった~♪
しかもtomomiさんたちばっちりのタイミング (*^_^*)
私も今年はどうしてもヒメサユリに会いたくて、浅草岳に行ってきました。
でも、こんなにたくさんは咲いていなかったです・・・。
いいなあ☆ 来年はここかな!

投稿: baobab | 2007/07/19 23:17:19

baobabさん
実は浅草岳に行こうと思っていたんですよ。
中ノ岳から浅草岳も見えたので、ちょうどヒメサユリの時期だしよさそうだと。
なんですが、直前に飯森山に決定。
気まぐれですね~ほんと。

タイミングが見事に合ったので、大喜びでした(^^)
確かに行程は長いですが、これに飯豊、吾妻の展望が加わったら、それはもう最高のものとなるでしょうね~

投稿: tomomi | 2007/07/20 0:46:43

tomomiさん、この日、一緒に行こうって誘ってくれてありがとう~。
行けなくて、残念だったけど、アップ楽しみにしてました。
やっぱり、ヒメサユリ、バッチリでしたね。
そして、ウワサどうりのアップダウン。
自信ないな~
でも、アレだけ、サユリちゃんが咲いてるなら頑張れるかもね。
いい時、行けてよかったね。
ねっ、クマ出そうだったでしょ?

投稿: korin | 2007/07/20 22:58:24

さゆりちゃん♡なんともいえないピンク色。
いいですね~ひめさゆり。今年は見れないな。
写真だけでガマン。

投稿: | 2007/07/20 23:43:02

↑ 小生です(^_^;

投稿: tacoball | 2007/07/20 23:44:03

もう!お花のオンパレード、ご馳走様です。
すばらしいですね、ヒメサユリ。
山道の両脇にずらっと並んで咲いていると
まるで「いらっしゃい」と総出で出迎えてくれてるみたいです。

投稿: nobu | 2007/07/21 0:01:01

飯森山は、昔、シラネアオイの咲き初めに行ったことがありますが、これほど見事なヒメサユリ群生地とは・・・静かそうだし、来年行ってみようかな~。
その隣の栂峰もこんな感じなのかな~っと、思いを巡らしております。(栂峰も良い山ですよ)

投稿: テントミータカ | 2007/07/21 21:02:20

良い山あるかれてますね~♪
ヒメサユリもキスゲもみんなとってもきれい。
うっとりしますね。
ここもリストに加えなければ(笑)

投稿: sanae | 2007/07/21 21:09:59

tomomiさん、やっと訪れました。
ヒメサユリのオンパレードに溜息です。
羨ましいなぁ・・・ 私は、月山のクロユリで精一杯でした。
今は、冬に備えて体を鍛えています。
あ、そうそう。男性は女性よりも花に断然疎いですよ。(笑)

投稿: Mr.MOMO | 2007/07/21 22:58:07

korinさん
いえいえ、急なお誘い失礼いたしました。
長いコースなので、この時期が一番よさそうですね~
紅葉ももちろん素敵だと思いますが、とにかく早出に限りそう!
アップダウンが、なかなかこたえるのでそれさえ乗りければ大丈夫ですよ。
クマですか・・・すっかり忘れて歩いていました(^-^;
高倉窪のところの看板には、キャンプ場とかかれていましたが、泊まる人いるのでしょうか?
テント2張くらいのスペースでした。
でもクマが出るなら、遠慮したいですね~

投稿: tomomi | 2007/07/23 22:22:46

tacoballさん
隊長!最近すっかりお花の貴公子ですね~
本当にすてきなピンクで、うっとりでした。
時期が短いですし、咲いているところも限られていますので、毎年悩みますね。
ぜひぜひ、来年また見に行って下さい♪

PS ハートマークで隊長だとわかりますので、ご心配なく(笑)

投稿: tomomi | 2007/07/23 22:26:21

nobuさん
>まるで「いらっしゃい」と総出で出迎えてくれてるみたいです。

とってもぴったりな表現です!
道が広くないので、ぶつからないように歩くのも大変でした。
きっと何回かぶつかっています(^-^;
すてきなピンクですので、ぜひnobuさんも来年どこかの山でご覧になってくださいね。
新潟、福島、山形と、ちょっと行くには大変なところばかりですが、ふもとの温泉とセットでいかがでしょうか?

投稿: tomomi | 2007/07/23 22:29:22

テントミータカさん
さすがですね、シラネアオイの時期に歩かれているのですか。
雪解け間近の時期も、静かそうですね。
想像以上に、ヒメサユリが多くて、かつ人が少なくて、好きなだけ眺めることが出来ました。
栂峰も一瞬見えたような感じでしたが、確信もてません(^-^;
あのあたりの山は静かで、落ち着いた雰囲気がありそうですね。
まだまだ、素敵な山にめぐり合えそうな感じです!

投稿: tomomi | 2007/07/23 22:33:25

sanaeさん
どんなに遠くてもピューンとひとっ飛びsanae隊ならば、近い近い(笑)
ぜひぜひ、ヒメサユリの時期に!
紅葉も素敵なようですし、コースタイムと悩むところですね~

sanaeさんの行きたいところリスト、ぜひ拝見させてもらいたいものです(^^)
私もみなさんのレポを見て、行くところが決まることけっこうありますよ~

投稿: tomomi | 2007/07/23 22:38:00

Mr.MOMOさん
わぁ!ようこそです。
こちらこそMOMOさんのブログ、拝見いたしました。
どれもこれも素敵な画像ばかりですね!
月山でお話できたらよかったなぁ、といまさらながら思います(^-^;

実は海の日の連休は、山形の実家に行って、月山、蔵王と家族で歩こうと思っていました。
台風でそれもキャンセル。
黒百合の大群落とはご縁がありませんでした・・・
k-taも少しずつ花を覚えてきましたが、大きな花とか特徴があるものに限るようです(^-^;

投稿: tomomi | 2007/07/23 22:47:13

コメントを書く