« 中ノ岳~丹後山 2007.6.23~24 その1 | トップページ | 中ノ岳~丹後山 2007.6.23~24 その3 »

中ノ岳~丹後山 2007.6.23~24 その2

ちっともレポが進みません・・・ナゼデショウ?
やっとこさ、その2です。ではどうぞ(^^)


7合目の小天上までは、かなりの急登なんですが、
見事なほどにお花達が励ましてくれましたよ!
きょろきょろしてばっかりで、ちっとも飽きません。

Img_5466

シラネアオイ(白根葵:シラネアオイ科) 次から次へと。

Img_5468

ミヤマキンバイ(深山金梅:バラ科) 
登山道の真ん中にも咲いているので、踏まないように歩くのが大変(^-^;

Img_5469

ツマトリソウ(端取草:サクラソウ科)
ピントはいまひとつなんですが、面白く撮れたので。

Img_5477

登りますね~ ちょっとキツイですよ、ここ(^-^;
このあたりで、本日初めて人とすれ違いました。日帰りで歩かれている様子。
速いですね~ こういったところは、くだりのほうが大変なのに!

Img_5482

ツクバネウツギ(衝羽根空木:スイカズラ科)

ゴゼンタチバナ(御前橘:ミズキ科)
Img_5480Img_5485

11:35~11:45 7合目
すぐ真後ろ、後ろが見えないですよね。
あ~、急だったな。でも、先もまだまだ急でした~

Img_5491

南側からどんどんガスが上がってきています。
でも、流れが速いので、山頂に着くころはすっきりしているかも、と淡い期待。

Dsc_5360

雪渓の横、涼しい~

Dsc_5361_1

ヒメシャガ(姫射干:アヤメ科)

Img_5505

イワカガミ(岩鏡:イワウメ科)

Img_5512

ハクサンチドリ(白山千鳥:ラン科)

Dsc_5365

振り返ると、歩いた尾根がくっきり。
奥には5合目の日向山がのっぺりと。7合目のとんがり、がんばったなぁ~

Img_5515

イワハタザオ(岩旗竿:アブラナ科)???
ハタザオの仲間は変種が多くて、よくわからないのですが・・・

Img_5524_1

Img_5527_1

シラネアオイは何度も登場。そのたびに喜んでしまいます(^^)

Img_5519 Dsc_5378

12:20~12:25 8合目
急だったので、ちょっと一息。

ここから先も、やっぱり急登。ふぅふぅです。

Img_5533

でもね~この景色ですよ!
八海山の八ツ峰がいよいよ姿を現しましたよ♪
御月山から五竜岳への縦走路、かなりの道ですね。

Img_5540

ここを登りきると・・・

Img_5535

12:50 9合目(池ノ段)
稜線は雪が残っていて、今までとはまったく違う景色が広がっていました(^^)

Img_5544

明日歩く尾根が南東に延びています。
大きな兎岳の頂の後ろには平ヶ岳が。その左には燧ケ岳。
さらに左端の方、ぽこんとした三角は帝釈山。

Img_5551

ここまでの尾根沿いにはなかったお花達(^^)

ヒメイチゲ(姫一花:キンポウゲ科)
シャクナゲ(石楠花:ツツジ科)
Img_5546Dsc_5394

13:10 中ノ岳 南峰 2085.2m
気持ちのいいピークです!ぐるっと山々に囲まれて、景色も最高~♪

Img_5553

Img_5577

避難小屋は北峰にあります。
越後駒ケ岳もきりっとそびえ立ち、堂々たる様がかっこいい~

Img_5554

本日尾根を登りながら、何度も振り返り眺めた景色。
白い山並みは巻機山。
左の後ろには左端から谷川の山々、仙ノ倉山、平標山。
右の後ろには佐武流山、苗場山、うっすらですが見えていたんですね~

Dsc_5411

地図を広げて、山座同定に燃えることしばし。
そろそろ、小屋に行きましょう♪

Dsc_5415

小屋へは2番目に到着。
先にいらしている方に挨拶をして、荷物を置いたらすぐ外へ。
雲がどんどん動いて、景色がますますハッキリしたものですから。

越後駒ケ岳
間近で見るとこんなにかっこいいものなのかとビックリ!
すぐ右に見えているのは、守門岳。

Img_5589

八海山
あぁ、つなげて歩いてみたいですね・・・

Img_5587

東側には荒沢岳のトンガリ!
会津駒ケ岳にはちょっと雪が着いていて、肉眼でもよくわかりました。

Dsc_5423_1

北側から南峰を見ています。
平ヶ岳の右後ろに奥白根山が、燧ケ岳のピークは特徴的。

Dsc_5424

せっかくなので、外でお昼ご飯をのんびり食べました。
その間に、越後三山縦走を一日でやっている!という方々もいらしたり。
私たちは、とってものんびりで申し訳ないくらいでした(^-^;

今日はまだまだ時間があるので、ちょっとまわりを散策。

ハクサンコザクラ(白山小桜:サクラソウ科)

Img_5591 Img_5593

ニョイスミレ(如意菫:スミレ科)(別名ツボスミレ:坪菫)かな?

Img_5602_1

タテヤマリンドウ(立山竜胆:リンドウ科)

Img_5616

景色を眺めては、ぼーっとしてしまいます。

Img_5625

何度も見惚れる、この姿。

Dsc_5443

本日歩いた尾根が。高度感あります!
左の奥に武尊山。

Img_5629

イワカガミ(岩鏡:イワウメ科)
白いものは初めて見ました。葉っぱも小さくより硬い感じ。
イワカガミでいいのかな?ちょっと違う感じがしましたがわかりません(^-^;

Img_5631

コバイケイソウ(小梅蕙草:ユリ科)
昨年は、はずれ年で全然お花を見られませんでしたが、
今年は咲いちゃいそう?群落で見られるかな?

Dsc_5447

小屋に戻って、少しお昼寝。
食事をとってから夕日を見に、外に出ました。

八海山に沈みゆく太陽。

Img_5637

その後ろには米山さん(新潟の人を真似て、さん付けしてみました)

Dsc_5470

まぶしい光

Dsc_5476

東の空もうっすらオレンジ

Dsc_5483

明日の為にも休んでおきましょう。
今宵、小屋は10人ほど。
みなさん8時前には休まれ、とても静かな夜でした。
おやすみなさい。

その3に続きます・・・

Posted by tomomi 登山 | |[2007/07/10]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/15677598

この記事へのトラックバック一覧です: 中ノ岳~丹後山 2007.6.23~24 その2:

コメント

お花も素晴らしいですが、
やはりお天気でないと・・・ですね。
アイゼンは使いましたか?

投稿: sanae | 2007/07/10 22:54:48

ますます懐かしいです。
実は、高校時代、単独で八海山からオカメノゾキを経て中ノ岳に至る途中で、激しい吹雪に見舞われ、御椀をかぶせたような山頂付近をワンダリングして遭難しかけたわたくしが必死の思いで逃げ込んだのがその避難小屋でした。

投稿: moai | 2007/07/11 1:32:40

先日、苗場山に行ったのですが
コバイケイソウ咲いてました!
今年は各地で当たり年みたいですね♪
夕日、綺麗ですね~。

投稿: | 2007/07/11 3:19:07

↑名前入れ忘れました…。

投稿: さなえ | 2007/07/11 3:20:54

sanaeさん
かなり考えていらっしゃいますか?
確かにお天気、大事ですよね・・・
アイゼンは、今回使いませんでした。
6本爪の軽アイゼンを持ってはいたんですが、結局使わず。
中ノ岳から兎岳の間はところどころ雪渓の上を歩きましたが、キックステップで大丈夫でした。
小兎岳と兎岳の間、一箇所長く雪渓の上を歩きましたが、そこですれ違った人みんなアイゼンをつけていませんでした。
お天気、晴れるように祈るしかないかな?(^-^;

投稿: tomomi | 2007/07/11 19:46:21

moaiさん
苦い思い出とは、そういったことだったのですね。
でも、雪が降る時期に高校生が一人、八海山から縦走したなんて、すごい話ですよ。
小屋が見つかって本当によかったです。
あの稜線で吹雪いたら、それはもう大変だったでしょう。
今のmoaiさんの強さは、こういった経験からくるのでしょうね。

投稿: tomomi | 2007/07/11 19:51:51

さなえちゃん
コバイケイソウ、群落で見るとすごいですよね!
今年は楽しみだなぁ~
去年は2つしか見なかったもん。
苗場山、高層湿原とお花、夏も魅力的ですね。
山頂でかなりなごめそう・・・
今度話を聞かせてね~(^^)v

投稿: tomomi | 2007/07/11 19:55:02

こんばんは

この付近、いつかいい時期を見計らって行こうと思っています 残雪の駒ヶ岳がかっこいいですね~ 「八ッ峰の奥に米山さん」も見てみたい景色です 

近くて遠い中ノ岳‥地元の豪雪を知っているだけに、なかなか近寄りがたい雰囲気を感じてます(私だけかな) 続きも楽しみにしてますよ

投稿: あき | 2007/07/14 2:07:42

あきさん
7月から8月はお花も盛りだくさんで、相当楽しめますよ!
山並みも、残雪のおかげでかなりくっきりですし、オススメです。
米山さん、おぉ~あれがそうか!とにんまり。
ぜひぜひあきさんも。

この日、日帰りで歩かれている方も何人かいらっしゃいました。
くだりの急坂は大変ですが、あきさんなら大丈夫でしょう~
きっと、歩かれた山が沢山見えるので、とっても楽しいと思いますよ♪

投稿: tomomi | 2007/07/14 20:22:39

コメントを書く