« 雨の中、練習!勉強!な週末 その2 | トップページ | 平標山~仙ノ倉山 2007.6.17 その1 »

大山 2007.6.15

6/15(金)平日なのに、なぜかお休みの私。
どこかぷらっと出かけようかと考えていましたが、天気予報は雨。
木曜日の夜はとっとと不貞寝しちゃいました。

で、普通どおりに朝起きると、外が明るいではありませんか?
玄関を飛び出し西を見ると、丹沢ドーン、富士山ドーン!
ここまでくっきり富士山が見られたのは久しぶり♪
ちょっと遅いけれど出かけちゃう???

勢いだけで、アクセスが楽な大山に決定。
子供の頃から慣れ親しんだ山なのですが、ちょっと久々です。

電車を降りて、バスに乗って揺られて大山を見ると、
あれれ~、ガスがかかってきちゃいました(ToT)
どう見てもこのガスは抜けそうにありません。
富士山を眺める予定はダメになっちゃいました・・・

◇コース◇
大山ケーブル~追分~(女坂経由)下社~大山~ヤビツ峠~蓑毛

バスを最後に降りたのは私1人。あれま、さみしい~

9:50 大山ケーブルバス停出発

ケーブルの駅までは、お土産屋さんや豆腐屋さんの中を進みます。

Dsc_4844

大山といえば、豆腐、そして独楽ですね。
足元を見ると独楽の数がどんどん増えてきます。これは15。

Dsc_4846

10:00 追分
ここからケーブルが出ているのですが、もちろん乗らずに歩くことに。
こちらは女坂。

Dsc_4849

そして、こちらが男坂。

Dsc_4850

女坂はまわり道をして、ゆるやかに登っていくのに対して、
男坂はまっすぐ登っていきます。
10分ほどしか変わりませんし、今日はのんびりと女坂を選択。

それにしても、今日は暑い!
ここまで10分しか歩いていないのに、汗がダラダラです(ToT)

ユキノシタ(雪之下、雪之舌:ユキノシタ科)がたくさん咲いていました。

Dsc_4853

Img_4954

女坂には七不思議といわれるものがあります。
これは その二 子育て地蔵
最初は普通のお地蔵様として安置されたが
何時の頃からか顔が童あ(わらべ)に変わっていた。
この地蔵に祈ると、子供がすくすくと丈夫に育つといわれる。
(大山観光青年専業者研究会より)

Dsc_4856

石段が続きます。
驚くほどに汗が吹き出て、このまま歩けるのかとちょっと不安になりました。

Dsc_4857

女坂の七不思議 その三 爪切り地蔵

弘法大師様が道具を使わず、一夜のうちに手の爪で彫刻されたと伝えられている。
何事も一心に集中努力すれば実現できるとの教えである。
(大山観光青年専業者研究会より)

Dsc_4860

大山寺大山不動尊

Dsc_4862

まだまだ石段。

Dsc_4864

もう暑すぎます・・・
前日雨が降っていましたし、見事に水蒸気があがり蒸し暑くて仕方ありません。

Dsc_4867

ようやく阿夫利神社下社が見えてきました。
あぁ、空はガスがかかっています。

Dsc_4870

迎えてくれたのはこの方達。

Dsc_4874

ケロケロ~

Dsc_4875

10:45 下社到着
もう、暑くてうんざりしてしまいましたが、5分ほど休んで出発。
1人で歩いていると、必ずといっていいほど「えらいわね~」と言われます。
なぜでしょうか???

まずは階段。今日は何段昇っているのだろう?

Dsc_4881

クワガタソウ(鍬形草:ゴマノハグサ科)
今日はお花が少ないので、出会えるとうれしい(^^)

Dsc_4888

ヤマツツジ(山躑躅:ツツジ科)

Dsc_4894

天狗の鼻突き岩
大人の手も入るくらいの大きさなんですけれど・・・
天狗って、そんなに大きかったんだ。

Dsc_4896

途中、下山してきた男性二人とちょっとお話。
やはり、早い時間だったら、富士山の展望は最高だったらしい。
来るのが遅すぎるよ~と言われて、アイタタタ~な私(^-^;
こればっかりは、今更どうしようもないので、もくもくと歩きました。

12:10 大山山頂
見事にガス。

Dsc_4907

1人ぽつんとお昼を食べていたら、あとから3人ほど登ってきました。
お1人と話しながら、ランチ。
韓国から来た方で、夏にはお子さんと富士山に登りたいとおっしゃっていました。
日本の山のほうが、緑が濃くて暗い感じがするそうです。
さっそうと下山されていきました。

Dsc_4913

Dsc_4911_1

12:40 大山 出発

下山はヤビツから蓑毛へ。
大山からヤビツ峠の間を歩くのは初めてです。

Dsc_4918

やっぱりガスは抜けず。
家から見えた、丹沢や富士山はあんなにくっきりしていたのに・・・

Dsc_4921

下りは快適。ときどき太陽の光が差し込み、気持ちが盛り上がります。

Dsc_4925

ヤマボウシ(山法師:ミズキ科)

Dsc_4937


Dsc_4939


Dsc_4947


ニシキウツギ(二色空木:スイカズラ科)

Dsc_4943


Dsc_4948

13:30 ヤビツ峠
ここまで誰にも会いませんでした。
丹沢でも平日は静かですね~
あとは蓑毛まで、のんびり歩きましょう。

タツナミソウ(立浪草:シソ科)???

Img_4968

そしてコレ!早く赤く赤くならないかな~

Img_4967

川を渡れば、林道歩きです。
ここの水は美味しいですよ♪

Dsc_4960

14:20 蓑毛到着!
ちょうどバスが出る10分前。アイスを買ってバスに乗り込みました。

いやぁ、暑くてたまらん!な一日でしたが、思い切って出かけてよかったな~
これからの時期の丹沢は、とっても暑いので次は秋かな?
あ、沢も良いですね~(^^)
1人だとまた違った楽しみがあって、それはそれで面白かったです。
でも、基本的に人と一緒に歩く方が好きなようですが・・・

お疲れ様~自分\(^o^)/

Posted by tomomi 登山 | |[2007/06/19]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/15490569

この記事へのトラックバック一覧です: 大山 2007.6.15:

コメント

お疲れ様~
慣れ親しんでいる山があるとこういう時いいですね♪
私も高尾や大山がそんな感じで行ける範囲です。
でも遅くなるとバスで行く山は大抵パス。ということで高尾になってしまうんです。
大山の方が近いんですけどね(^^ゞ
一人だとエライっていわれるんですか?
なぜだろう?(^^ゞ
若い女性の山での一人歩きはすごいね~っていう意味なのかな?(笑)

投稿: sanae | 2007/06/19 22:00:56

sanaeさん
本当は、他に行きたかった山があったのですよ。
なんですが、パンクしたタイヤの交換をまだしていませんで・・・
結局電車でぱっと行かれる大山となりました(^-^;

えらいわねぇ~とおっしゃるのは、大抵年配の女性です。
今回は、k-taのでっかいカメラを前に持ち、汗ダラダラで歩いていたので、
大変ね~くらいの意味で言われたのかな?と思いました(^-^;

他には、
男性に「こんな日に来るなんて暇だね!」
別の男性には「恋人ときたらいいのに!」
とか面白いコメントもいただきましたよ~(笑)

投稿: tomomi | 2007/06/20 19:34:41

めずらしい一人歩きですね~。
ひとりでもtomomiさんらしく、楽しそうなのが伝わります。
私もひとりで歩くと「えらいね~」なんて言われ、
ちょっと得意げになったりするお調子者です ^^;
ユキノシタ かわい~~!

投稿: nobu | 2007/06/20 22:01:33

nobuさん
一人歩き、そうとう久々でした。
土曜日に仕事をしていることが多くて、連休にならない苛立ちを覚えていましたが、
平日静かな山を楽しむのも、いいかもなぁと思いました。

nobuさんもえらいね~と言われますか?
言われるたびに笑ってしまう私です(^-^;
ユキノシタ、湿った日陰に咲いていることが多いので、なんか暗いイメージを持っていたんですよね・・・

投稿: tomomi | 2007/06/21 0:16:41

コメントを書く