« 寒かった~ | トップページ | 巻機山 2006.10.28 »

鷹ノ巣山 2006.10.21~22

わたくし(k-ta)が会社の人と山に行ってきました。それも一泊です。
私を含めて3人で行ったのですが、この2人、6~7年ぶりの登山。大丈夫なのだろうか?
ちなみに、最後に登ったのもこの山だそうです。私は初めてです。

新宿駅8時19分発の「ホリデー快速おくたま3号」にて乗り換えなしで10時前に奥多摩駅に到着。
スーパーにて晩御飯と酒(焼酎・日本酒・ビール)を購入。チョット酒多くない?

Dsc_28641

3人そろって、食材と酒、鍋を改めてパッキング。ザック、重っ。
その後、タクシーに乗車。奥の登山口到着。

Dsc_28661
桜? 木に花が咲いてました。

このときでちょうど12時。
コースタイムは通常で2時間30分。まぁ、3時間チョットで登れるだろうとそのときは思ってました。

Dsc_28671
いざ、出発。先輩方の後姿。

林道を少し歩いて、登山道に入る。いきなりの急登。杉の樹林帯の中を歩きます。
慣れないせいか、15分で休憩。25分、35分、45分..と徐々に.歩行時間を増やして行きました。

杉の樹林帯を抜けるとブナ林になり緩やかな登りになります。

Dsc_28701

15時頃、避難小屋着。ガスってます。早速テント設営。1人一張り。

Dsc_28771

霧の中、鹿が急接近。

Dsc_28811

鍋、完成。

Dsc_28821

喰い切れないということで、周りのテン泊の方を呼んで、大宴会に....
午後9時、雨とともに撤収、就寝。

翌朝、6時頃起床。皆は7時過ぎに起きる。鍋にうどんを入れて朝ご飯。
オレも含めて、酒が抜けてないようだ。

石尾根を奥多摩駅まで下山。

10時出発。10時45分山頂着。

Dsc_28851

ガスのため、展望なし。風が強いため直ぐに出発。

ここからは幅の広い道が続く。紅葉も始まり、落ち葉の量がすごい。ずぅっと尾根歩き。

Dsc_28911

二時間半くらいで、急斜面を下ります。ここから樹林帯に入る。
コース案内の看板があまり無いのと、作業道があり、油断すると道を間違いそうになる。
神社を通り、道路に出ればあともう少し。

先輩方はダウン寸前。
なんとか、無事下山。ふぅ~

今日は奥多摩温泉:もえぎの湯まで歩きました。
日曜日ということで入場制限中。

入浴後また飲んでしまう...

歩いて奥多摩駅まで。
(下山報告遅れてゴメン。)
19時過ぎの電車で帰りました。

Dsc_29102
年季の入ったザック。

久しぶりの登山はかなり堪えたようです。次回はあるのだろうか。

Dsc_2911

お疲れ様でした。

Posted by k-ta 登山 | |[2006/11/07]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/12519735

この記事へのトラックバック一覧です: 鷹ノ巣山 2006.10.21~22:

» 2004年の山歩き 鷹ノ巣山(2004-3/27.28) トラックバック 山あり谷あり
2004年3月27-28日テント泊の報告です。 1日目:奥多摩駅−蜂谷〜浅間尾根〜鷹ノ巣山避難小屋 2日目:鷹ノ巣山避難小屋〜鷹ノ巣山山頂(1737m)〜石尾根〜奥多摩駅 決めた理由は、奥多摩である、テン場、トイレがある、避難小屋もある。 そしてなにより、前日に雪が降ったから。 浅間神社。 一体何処で情報を仕入れたか定かではないが、 「鷹ノ巣には浅間尾根が一番楽だ」という隊長の言葉を信じて 蜂谷バス停で降り、道路をしばらく歩き、いざ登山道へ・・・。 とこ... 続きを読む

受信: 2006/11/09 21:16:23

コメント

奥多摩でも鹿とか出るんですね~
ビックリです。
それに夜の大宴会なんて、
身近な山でも結構楽しめそうですね。

投稿: nobu | 2006/11/07 12:58:07

やっぱり鍋はでかいにかぎりますな~

投稿: tomomi | 2006/11/07 20:47:07

nobuさん、
tomomi、
鹿の家族?寄ってきてビックリでした。
下山後ですが、現地の方が熊も出るといってました。

鍋には水が必要。
ってことで、水場は避難小屋から往復15分ってところです。
避難小屋にはトイレもあり、広場にはテーブルが3卓もあり、かなり楽しめます。

投稿: k-ta | 2006/11/08 12:00:04

コメントを書く