« 鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳 2006.9.9~11 2日目 | トップページ | 眺めのいい山~ »

鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳 2006.9.9~11 3日目

3日目、天気によって下山ルートを変更する予定でした。
ところが・・・

その他の記事はこちらで。
9/9(土) 扇沢~種池山荘~爺ヶ岳~冷池山荘
9/10(日) 冷池山荘~鹿島槍ヶ岳~五竜岳~五竜山荘
9/11(月) 五竜山荘~唐松岳~八方

朝起きて、テントの外を確認すると雲の中。
霧雨状態で、視界が悪い。さぁ、どうしよう。
とりあえず、6時出発を目指し支度をすすめました。

Cimg9584

こんな天気でも、ぞくぞくと五竜岳を目指し出発する人が沢山。
私達は、遠見尾根を下ることとしました。
唐松岳はまた今度にしようと、あっさり決まり。

6:00 五竜山荘 出発
さようなら~

Cimg9587

歩き出してすぐ遠見尾根への分岐です。先行されていた方はそのまま下山。
ふと前を見るとあれ?唐松岳がくっきり見えているじゃありませんか!

Cimg9591

あいかわらず長野側は雲の中。
二人の意見がまとまるのに時間はかかりませんでした(^^)
もちろん、予定通り唐松岳へGOですよ~
雨もやんできましたし、よかったね!

さらに進むと、雷鳥4羽に遭遇!近づいても逃げないし(^_^;)
私が泣き声をまねしたら、それに4羽とも反応するし。

Dsc_1717_1

ハイマツ帯を抜けると、ちょっとおお花が見られました。

Dsc_1735

ぐーっとまわりこむ感じに歩いて行きます。
雨がやんで、暑くなってきたので雨具の上着だけ脱ぎました。
これだけでも、だいぶ涼しい。

Dsc_1739

ちょうどよく開けたコルにて小休止。
今日は剣岳は雲がかかっていて、見られません。

Dsc_1746

この先から急な登りへと変化していきます。がんばるぞぉ~

Dsc_1750

クサリ場。下りの方が大変でしょうね。

Dsc_1752

さらに進むと、今度はオコジョに遭遇(^^)
雲取山に続いて今年2度目の出会いです。
目の前をさっと動く物体が。思わず固まる私。
「オ、オコジョ~」本当にどもってしまいました。k-taも驚いて、カメラを構える。
じーっとこちらをみつめるオコジョ。お互い興味津々です!

Dsc_1764Dsc_1758
Dsc_1767Dsc_1755

まだまだクサリは続きます。ふぅ~

Dsc_1770

もうしおれていますが、コマクサ(駒草)に出会えました。
五竜山荘の前にもまだ咲いていましたし、この時期見られるなんてラッキーですね。

Dsc_1771

そして、またまた雷鳥。見返り美人?

Dsc_1775

このクサリ場を越えたら、山荘が見えるはずなんですが。あと一息!

Dsc_1776

ほら、もうすぐです。大きな山荘ですね。

Dsc_1779

8:10 唐松岳頂上山荘
ザックを置いて唐松岳を眺めながらゆっくり休みました。

8:30 空身で唐松岳を目指します。

Dsc_1792

山頂では二人きりでした。あとからお二人合流するも、静かなひと時です。

Dsc_1800

唐松岳から五竜岳を眺めるのが楽しみだったのですが、見事に雲の中すっぽり。
このあたりは雲が抜けていたのですが、剣岳もみえませんでした。

Dsc_1801

でも、雲海はすばらしく見とれてしまいました。

Dsc_1820

白馬岳はちょっと見えませんでしたが、不帰ノ嶮が。
この先の風景を眺めたくて、雲が流れるのをずいぶん待ちました(^_^;)

Dsc_1822

これ以上雲が動くのは無理そうです。
山荘にもどり、ちょっと休んでからいよいよ下山です。

9:40 唐松岳頂上山荘 出発

ミヤマリンドウ(深山竜胆)

Dsc_1830

八方尾根の景色も期待していたんですが、もちろんダメです。
どんどん下ってしまいました(^_^;)

10:15 丸山ケルン
何にも見えませ~ん。

扇沢雪渓。ここからはお花が次々現れました。

Dsc_1833

トリカブト(鳥兜)

Dsc_1837

ハクサンシャジン(白山沙参) 白っぽいのがありました。

Dsc_1854

タムラソウ(田村草)も多く見られました。

Dsc_1856

タカネマツムシソウ(高嶺松虫草) これも大好きな花の一つ。
五竜岳付近では、花びらが散っているものばかりだったんです。見られて嬉しい(^^)

Dsc_1857

11:00 八方池への分岐
このガスの中、八方池まで行くのもなんですが、せっかくなので・・・
見事に何にも見えませんでした!!!
池の全容すらはっきりしません。それでも人は多かったですね。

Dsc_1860

池のおたまじゃくしを眺めて喜ぶのが、せいぜいでした(T.T)

Dsc_1862

11:25 第3ケルン
雨の中、こんな感じのいや~な道を下ります。

Dsc_1868

何度見ても嬉しい!タカネマツムシソウ。

Dsc_1874

12:00 八方池山荘
山荘脇に咲いていた、ヤナギラン(柳蘭)

Dsc_1875

ここからの帰りは迷わずリフトを選択!
足元にもお花が沢山咲いていました。
それにしても、リフトの位置が低い。雪の時期にはリフトは上の方にかかるのかな?

Dsc_1878

山麓まで下りたら、ガスもなくちょっと蒸し暑かったです。
バスに乗って白馬駅まで移動。
お昼におそばをいただいて、今度は電車に乗って信濃大町駅まで。

Dsc_1880

ここからは、またバスで扇沢まで。
購入した切符は硬券でした。
これにはk-taが大喜び。懐かしいですねぇ~
表と裏と両方撮っていました(^_^;)

Dsc_1882 Dsc_1883

扇沢まで戻り、車をピックアップ。
はぁ~お疲れ様でした。

お風呂は薬師の湯へ。
とってもキレイなお風呂でした。

八方尾根や唐松岳はまた今度の楽しみの一つとなりましたが、
3日間歩いて満足感も大きいです。
秋も素敵な山なんだろうな。また行ってみたいです♪

Kashimayari_1


Posted by tomomi 登山 | |[2006/10/06]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/12161176

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳 2006.9.9~11 3日目:

コメント

全編素敵な写真をたっぷりと楽しませて頂きました やっぱり縦走はいいですねぇ~ 来年は私も行ってみたいです (連休があれば‥)
白いハクサンシャジンは見たことないのですがとても綺麗ですね 私の好きな花です 

投稿: あき | 2006/10/06 23:04:51

あきさん
おはようございます。世の中三連休ですが、本日仕事の私です(^_^;)

時間がある限り縦走したいなぁと思いながら、いつも地図をながめています。
私は基本的に土曜日が仕事なので、毎週土日連休の方がうらやましいですね。
あきさんも、お忙しそうですがぜひ連休が取って尾根から尾根へとつなぐ旅へ~

ハクサンシャジン、沢山咲いていた中白くうすいものがありました。
かわいらしい花ですよね♪

投稿: tomomi | 2006/10/07 7:54:52

今日は、お天気が悪く八甲田酸ヶ湯温泉泊まりのはずが、欠航。泣)
相変わらず、羨ましくなる写真の数々。オコジョなかなかジィ~ジの前に
現れてくれません。雷鳥も数m.間を置くし…嫌われているンかな?
ジィ~ジ運動音痴で、スキー出来ませんが、毎年のように残雪時期唐松岳へ
鹿島槍、五竜見たくて出かけます。新潟から割りとACCESSいいんですよ。
縦走は、ジィ~ジ逆コースでした。
唐松岳シーズン中は、八方池辺りまで、観光客多く、一寸…と思うことも有りますが、
花もたくさんの種類が競って咲き、好きな山です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006/10/07 14:44:10

オコジョかわゆい~。人間観察してるようなかしげた首がいいねえ。でさ、雷鳥は一匹でなくて一羽だべさ(笑)。

鎖場付近、恐ろしく急だねえ。縦走だから荷物も重いだろうし、怖いねえ。。。

投稿: 秋 | 2006/10/07 16:39:42

輝ジィ~ジさん
せっかくの週末、東北、新潟と大荒れですね。
酸ヶ湯温泉の予定でしたか。残念・・・
いつも雑誌で見ては素敵な温泉で、入ってみたいと思っていました。

残雪期、唐松岳から五竜や鹿島槍を眺めるなんて、贅沢すぎます!
夏のお花異常に気になりますよ~
もちろん、私はスキーで行くかな?(行かれたら、の話ですが・・・)

秋さん
かわゆいでしょ~!
すごく見つめられて、身動き取れませんでしたわ。
そうね、鳥は一羽でしたね。小学校で習いました。
恥をしのんで、訂正しておきました。ありがとう(^_^;)

クサリ場、急に見える?
ちゃんとイメージどおりに撮れていたみたいでよかったです。
北アルプスは、さすがでクサリや足場がしっかりしているので、注意すればちゃんと歩けるよ~

投稿: tomomi | 2006/10/07 17:42:21

こんにちは。
涸沢から戻ってここを開いています。
鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳縦走お疲れ様でした。
北アルプス、広いですね~~
俺もあんなダイナミックな縦走やってみたいですけど、どうしても写真がメインになってしまうので行く場所が限られますし、一所にジッと動かないで居ることが多いから、あんな縦走は無理かなぁ・・・・・
あまり欲張ってはいけませんよねぇ(笑)
それにしても、写真のダイナミックレンジが格段とアップ!見ごたえのある写真を楽しませていただいております。
オコジョ・・・可愛いですね~
俺も一度でいいから出会ってみたいのですが、いまだ実現していません。
tomomi サンたちが羨ましいです。それも二回目!
 雷鳥は数年・・・・・もっと前かな?に一度お目にかかっただけです。
やはり槍穂では無理かなぁ?・・・

秋山、やはり天候にはくれぐれも要注意ですね。
安易な山行は禁物だということが今回の涸沢行きで改めて思い知りました。
天候さえ良かったら自分も登っていたかもしれない奥穂高岳と前穂高岳の両方で遭難事故がありました。
無理をして登らなくて良かったと胸をなでおろしております。
お陰さまで無事下山しました^^

投稿: sakuchan | 2006/10/10 14:23:59

sakuchan
今回の天候では、無理できませんよね。
ご無事で何よりでした。
土曜日、相次ぐ遭難のニュースが流れるたびにドキっとしました。
自分達も、ちゃんと考えて行動しなくてはいけないなぁと思いましたよ。

さて、今回の縦走コースですが鹿島槍ヶ岳~五竜岳の間は行き交う人も少なく、落ち着いて歩けました。
剣岳や立山連峰の眺めはすてきなので、ぜひお時間のあるときに!
決まった場所で、季節や時間を変えて写真を撮るということに、あこがれます。
本当にその山のよさを実感できそうですものね。
ですが、まだまだ尾根と尾根をつないでみたくて、地図ばかり眺めてしまいますね~(^_^;)

投稿: tomomi | 2006/10/10 19:47:53

ライチョウにオコジョ、いいですね~。
tomomiさん、オコジョ遭遇率高いですね!

私が唐松・五竜に行ったのはtomomiさんの2週前でしたが・・・小動物は全然会えませんでした。
私の時はガスガスばっかりだったのでリベンジ必須です。
レポもまだだったりします(^-^;

鹿島槍~五竜間は通ってないので興味深く拝見させてもらいました。
テント装備での通過はなんだかこわそうですね(^-^;
でも、いつかは私もつなげてみたいな~!

投稿: 白音 | 2006/10/10 21:52:33

白音さん
オコジョ、今年大ヒットでした!
八方はお花の時期に改めて行ってみたいですね。
八方池からの景色も見たいし、今回なんにも見えなかったのでがっくりでした(^_^;)

私も五竜はガスガス。こちらもまた今度ですね。
キレット越えはきちんと注意すれば、大丈夫ですよ!
あとは、日程ですか?お休みもっと欲しいですね~

投稿: tomomi | 2006/10/11 22:41:26

コメントを書く