« 鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳 2006.9.9~11 1日目 | トップページ | 鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳 2006.9.9~11 3日目 »

鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳 2006.9.9~11 2日目

今日は、鹿島槍ヶ岳を越えて五竜岳まで。

その他の記事はこちらで。
9/9(土) 扇沢~種池山荘~爺ヶ岳~冷池山荘
9/10(日) 冷池山荘~鹿島槍ヶ岳~五竜岳~五竜山荘
9/11(月) 五竜山荘~唐松岳~八方


昨晩はゆっくり休めたので、体も快調です。
山の朝ははやく、今日も4時には鹿島槍ヶ岳へ向かう人々がテン場を通り過ぎて行きました。

Cimg9399

5:00 冷池山荘 出発
今日鹿島槍ヶ岳をピストンして扇沢まで帰るという女性と一緒に歩き始めるが、
私たちのペースでは帰りが遅くなってしまうので、早々に先に行っていただく。

南アルプス八ヶ岳と富士山、見とれてしまいます。せっかくなので、ズーム!

Dsc_1616

今日は、雲の流れが気持ちいい。まぶしい朝の始まり。
(追記)八ヶ岳、富士山、南アルプスですね・・・

Dsc_1620_1

Cimg9418

5:40 布引山
振り返ると、山荘や爺ヶ岳が。

Dsc_1624

鹿島槍ヶ岳は目の前に。まず南峰が目に飛び込んできて、その影に北峰が。

Cimg9423

立山連峰から剣岳。

Dsc_1627

剣岳のアップ。見とれます。

Dsc_1628

6:30 鹿島槍ヶ岳南峰
朝早くから山頂はかなりの賑わい。みんな元気だなぁ~

Dsc_1639

五竜岳へと続く道のり。白馬岳はちょっと雲の中かな?

Cimg9445

もっと景色を眺めていたいところですが、雲も多めですしひとまず北峰に移動。
ところが、南峰を下るのにちょっと足元が悪く、ゆっくり慎重に足を運びます。
うしろは南峰。

Cimg9450

イワヒバリ。名前は覚えたて!

Dsc_1649

北峰へ。

Dsc_1652

八峰キレット方面との分岐にザックを置いて、空身で登ります。
南峰に比べ、静かな山頂。
キレット小屋が見えました。すごいところに建っていますね。

Dsc_1655

景色は最高です。東を向けば、新潟の山々が。
雨飾山、焼山、火打山、妙高山、乙妻山、高妻山と続き、感動です!

Cimg9457

関西方面からいらした方は、富士山が見えてとても喜んでいらっしゃいました。
とにかく、みんな感激。喜びの声があちこちから。

槍ヶ岳や穂高方面は、ずーっと雲の中でしたが、ついに姿を現してくれましたよ♪ヤッタ~

Dsc_1680

槍ヶ岳のアップ。

Dsc_1681

黒部五郎岳アップ。夏に歩いた山々が見渡せて大満足!

Dsc_1683

7:50 ゆっくり景色を堪能した後は、いよいよキレットへ。

Cimg9473

五竜岳、あそこまで頑張らなくては!行きますよ~

Dsc_1690

のっけから、急な下りです。落石注意ですよ!

Dsc_1691

気をつけて~

Dsc_1695

Cimg9500

一休みしているようですが、こんなところではゆっくりもできません(^_^;)

Cimg9502

切れ込みの中にいます!

Dsc_1696

鎖についていたこの注意書き。もちろん、従い慎重に!

Dsc_1699

もうちょっとで小屋のはずですが、まだまだこんな道。

Dsc_1702

8:50 キレット小屋
ファンタグレープでほっと一息。うまー。

Cimg9513

小屋から見える景色はこれです。今日は剣岳がよく見えて幸せ。

Cimg9514

9:10 キレット小屋 出発

すぐに長めの梯子を下ります。そして、クサリも続きます。

Cimg9520

五竜岳が近くなってきました。と言ってもまだまだですが(^_^;)

Cimg9523

10:00 口ノ沢のコル
10分ほど休憩。ガスが多くなってきました。
五竜岳につくころには、もう展望はないかもしれません・・・
ゆるやかに登りが続き、もくもくと歩きます。

10:30 北尾根ノ頭
ますます、ガスが上がってきて雨の心配も。
休憩しながらも雲の流ればかり追ってしまいます。

Cimg9533

10:45 北尾根ノ頭 出発
ゆるやかな道から、G5、G4と岩峰に続きます。
急な道で、疲れましたねぇ(^_^;)
先行している方が見えています。すごいところを歩いているなぁ。

Cimg9544

がんばれ!

Cimg9545

11:35 
いよいよ雨がパラついてきたので、雨具装着。
風も強くなってきました。
まだまだ、急なのぼり。風に負けるな~

Dsc_1707

クサリ場。雨具がふくらんでいるよ。

Cimg9551

歩いてきた道を振り返って見ると、長野側からのガスがすごい。
鹿島槍ヶ岳は見えません(T.T)
五竜岳からの眺望は、今日はダメですね。

Dsc_1709_1

12:30 五竜岳への分岐
ザックを置いて、ピストン。往復10分もありません。
ガスガスなので、とりあえず記念撮影だけですぐに戻りました(^_^;)
なんか、文字がマジックで書かれているように見えるのですが・・・

Cimg9554

このあと、雨の中滑らないように注意しながら山荘まで。
ガスの中だったので、全然写真を撮っていません・・・
13:20 五竜山荘

この日のテントは学生さんが2張りと私達だけ。
小屋は暖かそうです。
明日は、唐松岳はあきらめて遠見尾根を下山することになりそう。
無理はしないで、様子を見ることにしました。

冷えないように、暖かくして眠りにつく。
3日目につづきます・・・

Posted by tomomi 登山 | |[2006/10/04]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/12128808

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳 2006.9.9~11 2日目:

コメント

あの先はこんな道なんですねぇ‥ とても参考になります 強風では厳しそうな道ですね 私もいずれ行ってみたいと思うのですがいつになることやら‥ 

投稿: あき | 2006/10/05 1:44:28

すご~い!!
山の醍醐味ですねーーー。
ブロッケン現象も一度遭遇してみたいです。
この時期だと5時でも薄暗いんですね。
それに山の天気は変わりやすい
(私も北アに行って改めて実感しました)。
すぐにガスが上がってきてしまうんですね。
10時くらいまでが勝負?!

あ、それから今更ですが、バナー?(ブログ名が入るヘッダー部分)素敵です。
開くたびに変化する。画像も秋バージョンだ。

投稿: nobu | 2006/10/05 13:13:48

こんばんは。
すごいですね~~
山の天候は予報どおりにいかないものですが、でも拝見した限りでは恵まれた方なのでしょうね?
ダイナミックな写真を楽しませていただきました。
自分が歩いているようですよ。
こんな長いルート、いつ歩けるかわかりませんけど、でも、とても参考になります。

自分は明日から涸沢か槍沢を考えているのですが、台風の影響で、一日伸ばそうかと迷っているところであります・・・・・・

投稿: sakuchan | 2006/10/05 20:11:22

あきさん
健脚なあきさんならば、ひとっ飛び?
今回はすれ違う人もすくなかったので、自分達のペースで歩けたのも良かったですね。

風はこわいですね。
五竜岳の手前あたりから風が強くなったので、なんとか大丈夫でした。

nobuさん
あっというまに天気が変わってしまいました(^_^;)
もう残念としか言い様がないんですが、また行けばいいや~とあきらめました。

ヘッダーは、ひゃぁひゃぁさんのブログをまねさせてもらったんですよ。
私は画像をトリミングするまでで、あとはk-taがやってくれます。
ちょっと秋っぽくして、画像を増やしてみました。
気がついていただいて光栄です♪

投稿: tomomi | 2006/10/05 22:20:50

sakuchan
天気はあまり期待できなそうな感じだったんで、確かに結果よかったことになると思います。
それでも、やっぱり欲が出てしまうんですねぇ(笑)

sakuchanの写真はいつもすばらしく、参考になります!
私も沢山素敵な写真が撮れるようになりたいなぁ~

今週末、1日伸ばした方が良さそうな予報ですね。
涸沢か槍沢、どっちにしても最高の時期ではないでしょうか?
お気をつけて!

投稿: tomomi | 2006/10/05 22:59:28

コメントを書く