« 故郷の山を歩く旅 | トップページ | 七面山 2006.10.8 »

佐武流山 2006.9.24

佐武流山、その響きに惹かれて行ってみたいとずっと思っていた山。
「さぶりゅうやま」または「さぶるやま」と読みます。音がヒジョウに良いです!

荒廃されかかっていた登山道を、地元の方やボランティアの方の努力によって、
2000年に復活させた経緯があります。スバラシイ!
栄村のHPを参考にさせていただきました。

登山口となる切明のゲートから山頂まで5時間15分。
下山は同ルートを辿り、4時間30分。
なかなかの長丁場。歩ききることがきるのでしょうか?

いつも惚れ惚れする文章のkeiくんの記事はこちらでどうぞ。

◇コース◇
林道ゲート~檜俣川下降点~ワルサ峰~西赤沢源頭~佐武流山 ピストン

5:30 林道ゲート手前 出発
5:00には出たいなぁと思っていましたが、30分遅れ。がんばろう\(^o^)/
20分ほど歩くと、林道ゲートが。

Cimg9724

と、いきなりここで足止め。
目の前に鳥甲山がすっきりと。3人夢中で撮りまくりです(^_^;)

Dsc_1974

えぇと、今日は長丁場なんですが・・・大丈夫?
keiくん、ハイドレーションの水漏れのトラブル。
6:15 なんだかんだで、ようやくゲートをくぐりました(^_^;) ヤバイよ、ヤバイよ。

林道歩きは長くて、1時間20分。ちょっとだるいです・・・

Cimg9737

Dsc_1993

林道から見える景色。岩肌がスゴイ迫力。

Dsc_1999

7:40 檜俣川下降点
ようやく、林道が終わりました。
6:15から歩いたとしても、1時間25分かかっています。
こういうところが一番辛かったりします(^_^;)

Dsc_2004

ここから、檜俣川の川底まで15分との表示。
結構急な細い道を下りました。
道が斜めになっていて、刈払いされた草に滑りそうになるので慎重に。

川を渡るには、ロープ2本と飛び石をうまく使いながら。
一番初めにまぁーさんが渡りましたが、身長185cmの人のルートは参考になりません・・・
ですが、よく見るとちゃんと渡れました。まずはほっとする私。

Dsc_2005

10分ほど休憩し、いよいよ急な道へと踏み入ります。

登りはじめてすぐに、シラヒゲソウ(白髭草)とダイモンジソウ(大文字草)。

Dsc_2010 Dsc_2012

ちょっと、傾斜が緩むところもありますが、ずっと登りっぱなし。

Dsc_2014

笹が高く見えますが、足元の道はしっかりしています。

Cimg9755

9:05 物思平
なぜ(?_?)物思平?物思いにふけろと言われても、ボケっと一休みするだけ。

9:25 物思平 出発

まだまだ、登ります(^_^;) 木の根っこをうまく使いながら。

Dsc_2018

岩菅山が見えました。結構近く感じます。
妙高方面もうっすら。みんなで大喜び。

Dsc_2026

まだまだ登る・・・

Dsc_2029

10:25 ワルサ峰
ここからの景色はすばらしいですよ!
昨日歩いた苗場山。その高層湿原の台地が素敵に浮かんでいました。

Dsc_2032_1

この先、ようやく傾斜がゆるくなりました。ふぅ~

Dsc_2041

11:25 西赤沢源頭
ここから先、苗場山へと続く登山道が。
この日、地元やボランティアの方々が登山道の整備に入られていました。
いつかこの先を歩いてみたいです。

そして、ここの標識のセンスの良さ!登山靴ですよ~

Dsc_2043

さぁ、山頂へ向かいましょう♪

Dsc_2044

12:05 佐武流山
やっと、到着です。
はじめにロスした時間を抜いたとしても、結構かかったなぁ。お疲れ様。

Dsc_2045

山頂はこの狭さ。この日は8人でぎゅうぎゅう。
ランチタイムと重なり、かなりゆっくりしてしまいました(^_^;)

Dsc_2048

白砂山方面にちょっとだけ行ってみましたが、道は無し。
このルートは残雪期にしか無理なのかな。

Cimg9773

13:20 佐武流山 出発
下りのコースタイムは4時間30分。
このままでは、18:00頃となるかな。暗くなるぎりぎりか・・・

山頂付近は紅葉が始まっていましたよ。

Dsc_2052

Dsc_2055

14:00 西赤沢源頭

ワルサ峰が見えてきました。
これだけ切れ落ちているんですもの、眺めがいいはずです。
14:30 ワルサ峰

Cimg9774

後はひたすら、ぐんぐん下ります。
ただひたすら、もくもくと。

Cimg9776

檜俣川に着き、登り返して檜俣川下降点に戻ったのは17:00前でした。
ここからゲートまでの林道歩きが、またしてもしんどい(T.T)

Dsc_2068

結局、ゲートに着いたのは18:00すぎ。
暗くなりかけ、ヘッドランプを出そうかどうしようか、といったところでした。

いやぁ、1日良く歩きました。
往復22kmと距離も長く標高差もあるので、なかなか大変ですが楽しかったなぁ。

お風呂はもちろん、切明温泉の保養センター雄川閣で。
1日の疲れを洗い流し、ようやく緊張がほぐれました。
貸切だったので、よけいに気持ちがよかったのかな?

次回は、苗場山と佐武流山を繋ぎましょう。
もちろん、今回のメンバーが付き合ってくれると心の底から信じていますよ(^^)
楽しい2日間をありがとう\(^o^)/

Saburyu


Posted by tomomi 登山 | |[2006/10/19]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/12175360

この記事へのトラックバック一覧です: 佐武流山 2006.9.24:

コメント

追記

■郷の夜は早い。ある意味うらやましい。

■前日の夕食は津南まで出てラーメン定食を食らう。そのボリュームはものすごく、コストパフォーマンスがすばらしかった。

■宿泊はテント。とてもいい場所で寝ることができた。星空もすばらしかった。

投稿: k-ta | 2006/10/20 0:29:21

佐武流って、名前に惹かれますよね。
白砂、苗場、つなげたくなります(笑)
やっぱり積雪期なんでしょうね~
佐武流の林道長かったですね、往きは民宿の方に拾っていただきましたが(助かりました)、帰りは歩き、拾って貰えませんでした(笑)

投稿: sanae | 2006/10/20 9:39:24

苗場山で紅葉を見てから、もうすぐ1ヶ月。tomomiさんの一連のレポを見ていると、紅葉前線がどんどん下りて来ていますね。ところで、 「佐武流山」の由来って「サビ」から来ていると、とあるサイトで見ました。 大昔、この山のどこかに製鉄所があったからとか...。

先週末は飯縄山の紅葉が見頃で、戸隠の鏡池は素晴らしかったです。今週末は紀伊半島の大台ヶ原山と大峰山で紅葉ハンティングです。

投稿: Kei | 2006/10/20 13:57:32

シラヒゲソウとダイモンジソウかわいいなぁ~。
しかし、林道歩きが長いのはつらいですねぇ。

投稿: ようこ | 2006/10/20 14:51:30

長い歩きで膝を痛めた夫は、今現在、長野オリンピックの某チームドクターしてた方の病院で週一膝に注射打ってます。ヒアルロン酸だっつーから、アタシも打ちたい(笑)。

投稿: | 2006/10/20 18:13:31

k-ta
んだねぇ。よがっだねぇ。

土日は、k-taは一人お仲間と山なんだってさ~
私は土曜日仕事。
日曜日、一人で歩けて、電車で移動となるとなぁ。
あそこしか思いつきません(^_^;)
だれか、日曜日お暇な人いませんか?(笑)
冗談ですが・・・

投稿: tomomi | 2006/10/20 19:49:07

sanaeさん
そうそう、最初は名前にとっても惹かれたんですよ~
なんか、面白い響きですものね!
苗場、佐武流山、白砂山、それぞれを歩きましたが、これはつなげたら楽しそうです。
残雪期の記録は、ちょこちょこありますよね。

林道、辛かったです(T.T)
帰りこそ拾ってもらいたいですね~


keiくん
おぉ、あちこち飛び回っていますね!
紀伊半島ですか。またしてもわからない領域です(^_^;)
大台ヶ原山と大峰山も初めて聞いた山です・・・
レポ見て勉強するね。いつもありがと。

佐武流の由来、おもしろいね。
山の歴史を学んでから登ると、またいっそう楽しいはず!

投稿: tomomi | 2006/10/20 19:54:18

ようこさん
シラヒゲソウは、苗場山と佐武流山で続けて見られましたが、初めて見たので興奮してしまいました。
奇妙な形ですよね。髭とはうまく言ったものです。


秋さん
おぉ、良いスポーツドクターに出会えたのね>まぁーさん
良かったです。やっぱりちゃんと診て貰ったほうがいいよね。

ヒアルロン酸、どこに打ってもらいたいの?
そこポイントよ!

投稿: tomomi | 2006/10/20 19:57:14

コメントを書く