« 佐武流山 2006.9.24 | トップページ | 毛無山 2006.10.9 »

七面山 2006.10.8

この連休は、高い山では紅葉の見ごろとなり、あちらこちらで賑わうはず!
もちろん、私達もテント泊で歩くのを楽しみにしていました。

10/7の土曜日、仕事が終わってから天気図をチェック。
でっかい低気圧が東北の東海上をすすんでいて、まさに大雨、荒れ模様(T.T)
実は、第一候補として新潟の山を、その次に東北の山を考えていました。
これは、絶対無理そうです・・・
関東より西は秋晴れが望めそうですが、二人して全然考えていなかった方面!
さぁて、どこにしようと地図をいっぱい広げてにらめっこ。
中央アルプスや、八ヶ岳なども考えましたが、高い山はきびしいかな。

縦走は、あきらめて眺望の良い山をチョイス~
比較的近い、山梨、静岡とあって、ちょっとのんびり構えてしまいました。
しかし、これが甘かったのです!

◇コース◇
羽衣~(表参道)~敬慎院~七面山山頂 ピストン

富士山と南アルプスがよく見えるはず!との思いで、身延線沿線をチェック。
七面山から八鉱嶺への縦走も考えましたが、今回は計画に無理があるので、
ピストンすることとしました。
よーく地図を見ると、標高差1500m。案外ありますね(^-^; 

Dsc_2079

身延山ー七面山参詣路とあります。
身延山は日蓮宗の総本山、七面山はその裏鬼門を守る霊山。
神聖な山で、白装束をまとった参拝者が多くいらっしゃいます。

なんだか、身が引き締まる感じ。
8:45 羽衣 出発

Dsc_2081

杉林、立派です。

Dsc_2082

遠くからお経が聞こえているような気がしていましたが、それは信者の方々でした。

Dsc_2086

「登山者が来まーす。よけて下さーい。」と、声がかかります。
とってもありがたいのですが、50~100人もの人を抜かすのは、なかなか大変(^_^;)
これだけの大勢の人を抜かすこと、3回ほど。
下ってきている方々とのすれ違いにいたっては、
みなさん「ご苦労様です」と次から次へと声をかけて下さいます。


展望台、遠くに見える北岳ですよ!凛々しいですね。

Dsc_2090

敬慎院までの道のりは、幅も広く適度な階段。
あまり登山道というかんじではないかなぁ・・・

Dsc_2095

和光門をくぐれば、敬慎院はすぐそこです。

Dsc_2097

敬慎院にはよらず、七面山に向かいます。

11:15 展望台
ここでは、目の前に初冠雪した富士山が!!!
いつも自宅から見ている富士山とは角度が違いますが、さすが日本一の独立峰、
その姿はどこからみてもあまりに美しいですね。
左手前には毛無山です。さらに手前の左端は、身延山。

Dsc_2100

ここから、ようやく登山道っぽくなります。
この先歩くのは登山者だけなのかな?静かでした。

Dsc_2122

Dsc_2126_1

12:00くらい? 七面山
数人休まれていました。まさにお昼時。
でも、山頂からの展望は望めません。
南アルプスを見たい私たちは、希望峰まで行ってみることにしました。
この先の八紘嶺から山伏、または八紘嶺から十枚山なんかも非常に気になります。

12:20 希望峰
西側には南アルプスの山々が。東側の木の隙間からは富士山が見えましたよ♪
これには、二人して大興奮。
今年南アは歩いていませんが、以前歩いて非常に思い出深い山々なのです。

手前に笊ヶ岳、後ろは左から聖岳、赤石岳は笊ヶ岳のうしろかな?
荒川岳、塩見岳、間ノ岳、北岳までが。
この景色を眺めながら、お昼としました。贅沢だぁ~(´ー`)

Dsc_2129

このあたりは、色づいていました。秋は嬉しい。

Dsc_2160

13:30 七面山頂上にもどってきました。
広々していますが、ちょっと寂しいピークです。

Dsc_2164

帰りに覗いてみた大崩れ(ナナイタガレ)

Dsc_2167

地震によって崩壊されたそうですが、すごい迫力でした。
もっと大きく見えるところがあるようなのですが、
ロープが張られているため行かれません。
別のところの登山道からちょっと踏み跡をたどり、覗いてきました。

Dsc_2170

カラマツ、もう少ししたら黄金に輝くんだろうな。

Dsc_2181

14:05 敬慎院
七面山で標高1989m、ここだって相当高い。
こんな高いところに建てるなんて、すごいことです。
そして、信者の方々が修行とはいえ、ここまで登ってくることに驚きました。

Dsc_2185

表参道から1丁目、2丁目と確認してきましたが、ここに50丁目があったのですね(^-^;

Dsc_2188

あとは、もくもくと下りました。
この時間でも登ってくる方がいらっしゃいます。
明るいうちに敬慎院に着けるのでしょうか?ちょっと心配になりました。

Dsc_2201

下調べをよくしないで、来てしまいました。
もっと、この山の歴史背景を知っていたら、また違ったことでしょうね。
思っていた以上にしっかり歩き、案外疲れた一日でした。
でも、富士山や南アルプスの山々を眺め、大満足です♪

そして、夜は星空の下スキヤキ!外で食べるとますます美味しい!

Dsc_2203

明日は毛無山へ~

Sitimensan


Posted by tomomi 登山 | |[2006/10/22]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/12347281

この記事へのトラックバック一覧です: 七面山 2006.10.8:

» 10/14飯縄山 トラックバック Htten Buch
 ネットで紅葉情報を仕入れて、長野の飯縄山へ行って来た。数年前の夏に、すぐそばにある戸隠連山と高妻山に登ったことはあるが、飯縄山は今回が初。ルートもラクだし、戸隠の観光と交えれば、ちょうどいい日帰りコースなのだ。 ... 続きを読む

受信: 2006/10/23 23:03:55

コメント

南アルプスの展望独り占め、いいですね~
ジィ~ジ登頂経験有りませんが、歴史的な
雰囲気を味わえる山、一度は行ってみたいと思います。
それにしても、佐武流と言い、凄いTOUGHで感心します。
若さに加え、POWER漲ってますねぇ~
夜のすき焼きも、ご相伴に預かりたいです。旨そう!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006/10/22 16:28:25

崩れてる斜面、すごいね~。写真でも怖さを十分感じたよ。

スキヤキすごい!山遊びで肉料理って難しい(鮮度維持)けど、おいしそーです。

投稿: 秋 | 2006/10/22 22:58:43

こちらは賢明な選択!いいお天気で良かったです。
こちらの方面だと、富士山が綺麗に見えますね。

山でのすき焼き美味しそうですねぇ。
小屋の自炊室でなべやってるグループを見かけますが
雪山なんかだといっそう美味しいでしょうね。

投稿: nobu | 2006/10/23 13:37:28

輝ジィ~ジさん
南アルプスが、こんなに見られるとは思っていなかったので、感動でした(T.T)
ずーっと登りつめる山ですが、登山者よりもすごいのは信者の方々です。
多分、普段山なんて歩いていないであろう方たちが、登っていましたよ。

スキヤキ、普段食べられないのになぜ外で?
しっかりお腹の中におさまりました(^_^;)


秋さん
大崩れ、すごかったです。
以前は全面見られたようですが、危険なためかロープが張られていました。

スキヤキいいでしょ!
山から下りて、スーパーで材料を買ったので、新鮮だったりします。
みんなでワイワイの方がもっと美味しいかも(^^)

投稿: tomomi | 2006/10/23 18:50:48

nobuさん
今回の天気は、本当に残念でした。
私達も予定を変更しましたが、これでよかったと思っています。
考えていた山は見事に雪でした(^-^;

山の中では小さなコッヘルを使用していますが、麓でのテントとなると、張り切って大きなものや重たい材料を車に詰め込んでおいています。
大勢だと鍋も大きく、楽しそうですよね~

投稿: tomomi | 2006/10/23 18:54:40

こんばんは。七面山、気になっていたんですよ。笊ヶ岳とまではいかないにせよ、南アの眺望を楽しめそうなので、興味持っていました。

飯縄山レポ、アップしました。先週末の大台ケ原と大峰山(八経ヶ岳)の紅葉は、色付いていましたが、すでに落ち葉も多くやや期待ハズレな感じでした。

投稿: Kei | 2006/10/23 23:40:23

keiくん
やっぱり笊ヶ岳、行ってみたいよね。
目の前に見えて、ますます思いましたよ。

紅葉はあっという間だもんね。
タイミングが合ったときの喜びは大きいけれど、はずすとちょっとさみしくなるかも。

投稿: tomomi | 2006/10/24 23:45:40

コメントを書く