« 朝日連峰 2006.10.14~16 1日目 | トップページ | 朝日連峰 2006.10.14~16 3日目 »

朝日連峰 2006.10.14~16 2日目

2日目。
天狗小屋から二ツ石山を経て、竜門小屋までの予定。(予定では)
昨日のうちに天狗小屋の小屋番山田さんより、今日のルートについて
詳しく教えてもらっておきました。ありがとうございます<(_ _)>

その他の記事はこちらで。
10/14(土) 南俣沢出合~紫ナデ~障子ヶ岳~天狗小屋
10/15(日) 天狗小屋~二ツ石山~狐穴小屋~以東岳ピストン~狐穴小屋
10/16(月) 狐穴小屋~竜門山~大朝日岳~小朝日岳~ハナヌキ峰~日暮沢小屋

4:30より前に起き上がる。
もそもそ準備をしていたら、usamiさん達は朝日を見るために出かけて行かれました。
広々と場所を使えたので、準備も楽ちん。

5:20 天狗小屋 出発
小屋の前の水場で水をたっぷり補給して、今日はいよいよ朝日連峰の主稜線へ。

小屋の前から。なんとなく雲がもやっと。
朝日は期待できそうにないかも。

Dsc_2554

天狗角力取山までもう一度。usamiさん達とはお別れ。
一晩限りでしたが、楽しかったです。いってきまーす!

これから歩く尾根がきれいに浮かび上がっています。
私はそっぽを向いていますが(^-^;

Dsc_2555

落ち葉がいっぱい。カサカサ、カサカサ。
わざと足を蹴り上げて、歩いたりして。

Dsc_2556

雲の上に太陽が出てきました。

Img_0223

斜面の色が急に鮮やかに浮かび上がって、きらきらと。

Img_0224

まぶしいね。

Img_0226

どこを見ても、優しい彩と光がいっぱい。

Img_0233

6:45 湯沢峰手前
ここでほぼ直角に曲がり、湯沢峰に向かいます。
ちょっと開けていて、休むのにちょうどいいところ。
ザックをおろして、以東岳を眺めていました。まさに今日の主役です。

Dsc_2577

眺めていたら、k-taが後ろから小さい声で私を呼びます。
ん?と足元を見ると、オコジョ~!
今年になって、3回目の出会いですよ(^^) (1回目雲取山 2回目五竜岳~唐松岳
よくいるよ、とは聞いていましたが、ひょっこり出てきてびっくりしました。
今回のオコジョちゃんは、ちょっと恥ずかしがり屋だったため、あんまり撮れず。
それにしても、指長いのね・・・

Dsc_2576

しばらく、ちょこちょこ動き回っていましたが、姿が見えなくなってしまいました。
7:00 私達もようやく腰を上げて、出発です。笑わしてもらったよ~♪

障子ヶ岳、遠くになったなぁ。目立つ山容ですぐにわかりますね。

Dsc_2583

尾根よりちょっと東側に道がついていて、眺めがずっといいです。

Img_0263

林の中に入ったり。落ち葉の絨毯踏みながら。

Dsc_2588

7:30 二ツ石山
さっきの休憩から30分しか歩いていませんが、もちろんザックを下ろします。

Img_0267

展望がパーっと開けて、これから進む尾根がきれいに見えました。
コバラメキ、オバラメキは方向が変わるので、わかりやすい。
もちろん西を見れば以東岳もばっちりでした!
またもや15分休憩~ 全然進めません(^-^;

Img_0270

稜線の紅葉はもう終わり、ここまで下りてきていますね。

Img_0288

コバラメキからオバラメキへ。
このあたりの展望はとてもすばらしいと、昨日小屋番さんが教えてくれていたので、
歩きながらもドキドキです。

Img_0297

今まで歩いてきた道。しっとりしてますねぇ。

Img_0306

やせた尾根のオバラメキ。ロープがあったりしますが、この時期は問題ありません。

Dsc_2605

ん?何を撮っているの?

Img_0325

イワカガミ(岩鏡)でした!こんな時期に。ふふふ~と微笑んでしまう。

Dsc_2610

8:40 オバラメキ 
360°のパノラマが待っていました♪最高です~

Dsc_2619

西に大きく以東岳。この存在感!スバラシイ!

Img_0348

これからすすむ、北寒江山、寒江山への道。

Dsc_2621

大朝日もちょこっと顔を出しています。

Dsc_2620

スミマセンしつこいのですが、パノラマ写真作ってみました。

南側

1

西側 エズラ峰。すごい形だぁ。

2

8:55 オバラメキ出発
またしても、のんびりしてしまいました。
二人とも先を急ぐ気配全く無し。
この景色を見せられて、立ち止まらずにはいられません(^-^;

斜面の変化が楽しい道。白い岩肌と紅葉が見事にマッチ。

Dsc_2633

オバラメキを振り返る。

Img_0370_1

しばらくすすむとお二人連れが休まれていました。
昨日のうちに南俣沢から竜ヶ岳、天狗小屋を越えて以東岳まで!
うわさの8の字コースですね。スゴイです(◎_◎;)
そして、昨日天狗小屋で一緒だったusamiさんとお知り合いだったようです。
帰ってから知ったのですが、世間って狭いですね。オドロキデス。
このお二人こそ、参謀さんとkinさん。とってもかっこいいお二人で、ホレボレです(^^)

8:55 高松峰
このあたりはハイマツがあり、花崗岩砂なので地面が白く今までとは違った感じです。
で、もちろん休みます(笑)
ここからの景色もすばらしかったです。オバラメキからずっとなんですが・・・

以東岳、かかっていた雲が取れてきました!しつこいですね、以東岳~
あぁ、行ってみたいねぇと強く思う二人。(この時までは)
この尾根から見える以東岳は本当にすばらしく、行きたくなるに決まってますよ~

Dsc_2650

今度はソロの男性の方が歩いてこられました。
昨日朝、会いましたね!と声をかけられる。茶っCさんでした!
茶っCさんも、昨日障子ヶ岳を越えて以東岳まで行かれたそうです。
すごい人たちに続けて会って、びっくり。
颯爽と下って行かれましたよ♪はやい、はやい。

さぁ、もうちょっと主稜線までがんばりましょう\(^o^)/

Img_0391

狐穴小屋は寄り道となるのですが、水がとっても豊富で美味しいと聞いてきました。
時間はまだ余裕があるので、水を汲みに狐穴小屋まで行ってみることに。

Img_0394_1

10:35 狐穴小屋
と、そこには日当たりの良い木道の上で、
一杯ひっかけている小屋番安達さんとOさんが。
以下山形弁で。(イメージしてくださいね(笑))
まだまだ、山形弁勉強中の私です(^-^;

「お昼?ゆっくり休んでいらっしゃい。今日はどこさ行くの?」
「竜門小屋です。明日は、大朝日越えて日暮沢まで。」
「竜門は昨日小屋締めで、今日竜門の小屋番は狐穴にきてこっちの小屋締めの飲み会だよ。竜門に行ってもだれもいなくて、寂しいよ。こっちで飲んでいらっしゃい。
この人も明日ここから大朝日回って日暮沢だから!(Oさんのことです)」
「!!!」

我々二人は、この言葉に非常に揺れました(特に私tomomi)
とりあえず、となりでお昼ご飯を食べて考える。
Oさんに、狐穴~大朝日~日暮沢までの所要時間を確認。
で、出した答えはこれ↓

「私達、今日ここ狐穴小屋に泊まります!時間もあるので以東岳に行ってきます!」

なんと、飲み会のお誘いにつられ、以東岳というおまけまでついてしまうとは~

11:45 狐穴小屋 出発
Oさんより、空身なら1時間半で行かれるよと。その言葉を信じていってきまーす。

ゆるやかな道を歩き始めると、
もう紅葉は終わりとはいえあたたかい景色が待っていました。
笹の緑の中に紅葉が。

Img_0400

まだ咲いていました。大喜びです(^^)

タカネマツムシソウ(高嶺松虫草)
ハクサンイチゲ(白山一花)
Dsc_2655Dsc_2656

ミヤマキンバイ(深山金梅)
Img_0402

中先鋒付近、笹の中進みます。

Dsc_2658

本日歩いてきた二ツ石山の尾根が見えました。
草紅葉が滑らかでなんか気持ちいい~

Dsc_2660

エズラ峰の奥に障子ヶ岳。

Img_0413

今日の朝から見てきたものとは、また全然違う色合い。

Img_0420

13:15 最後だけぐぐっと登り、以東岳到着です。
大鳥池が見えましたよ。さすがに今日は上から眺めるだけ。
いつか、行ってみたいですね。

Dsc_2674

来た道、寒江山方面。雲が多くて見えにくいですが雄大な景色。

Img_0462

13:50 以東岳出発
じぃ~っと景色を眺めていましたが、いい加減下らないと。
この草紅葉、動物の毛並みたいですよね。

Img_0472

そして、とっても気になった相模山、大上戸山、三面方面への道。

Dsc_2704

15:25 狐穴小屋

Img_0480

帰ってきたら、まだ外でみなさん飲んでいました!( ̄∇ ̄ ;)
人もたくさん増えているし・・・
「おかえり~。飲も、飲も~」
寒いので、2Fに集まって早くも宴会スタート!

竜門小屋の小屋番、遠藤さんもすでにいらしていました。
この方なんと今年2006年5月17日にエベレストに登頂されてます!
初めて目の前で、世界最高峰に立たれた方を拝見しましたよ♪

なんですが・・・
この日、宿泊のSさんが寒江山付近で熊を見かけ、
しかもそれを動画で納めていたのです。
みんなで、大興奮して動画をまわして見ました。
これには、小屋番さんのお二人とっても悔しかったみたいです(^-^;
俺達はずいぶん長いこと朝日にいるけれど、一度も会っていないと!
エベレストとのギャップが激しくて、笑ってしまいました~

西川山岳会の会長、渋谷さんのお話や、みんなの話であっという間のひと時。

Img_0483

手際のいいカメちゃんによるパスタ。ご馳走様でした~

Img_0494

調子に乗って、ビール、水割りとずいぶん飲んだかも(^-^;
みんな明日早いという事で、8時過ぎにはお開き。
ちなみに昨日の竜門の小屋締めは11時までだったとか・・・

はぁ~ 楽しかったです。おやすみなさい!

3日目に続きます・・・
長くてタラタラですみません(^-^; いつもですが・・・

Posted by tomomi 登山 | |[2006/10/29]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/12451623

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日連峰 2006.10.14~16 2日目:

コメント

こんばんは。
東北の山は一度も登ったことがありませんので、ここを見ているととても新鮮です。
紅葉も見事ですねー
東北の山がこんなに雄大だなんてまったく知りませんでした。
素晴らしいです。
それにしても、オコジョ・・・
可愛いし、三回も出会っちゃってるんですね~
俺も一度でいいからお目にかかりたい!!

投稿: sakuchan | 2006/10/29 21:37:01

草紅葉もまた黄金色(?)に輝いてきれいですね~。
すばらしい景色にかわいいオゴジョ遭遇、それに山の中での宴会、
なんとすばらしい3点セット!!
それにしても、いい山男が熊に会っていないことを悔しがる、
ほほえましくて笑ってしまいますね。

投稿: nobu | 2006/10/30 6:22:03

sakuchan
東北の山、静かでゆったりで、なかなかスキです。
飯豊や朝日となると山魂も大きいので、日数をかけて歩くと、すっかりとりこになってしまうと思いますよ!
お花も豊かですし、ぜひぜひカメラを持ってお出かけください~

今シーズン、我が家にとってオコジョはブームでした。
生意気にも、また出たか~なんて言っていましたよ(^_^;)


nobuさん
ほんと、黄金色でした。
すーっと滑って行かれそうで、キラキラ輝いていましたよ!
山の中での宴会は、避難小屋ならではですね。
テントだと、なんとなくそれぞれ個室になってしまい、お話することはあっても宴会はなかなか。
今回は、2日間ともワイワイみんなでお酒を飲んで、本当に楽しかったです。
小屋番さん、子供のようで素敵でしょう?
もう、可笑しくて可笑しくて。
遠藤さんのエベレストの記録は、西川山岳会のリンクにありますので、ご覧になってみてください。
写真がとても素敵です!

投稿: tomomi | 2006/10/30 19:40:46

こんばんわ
楽しかった以東岳の画像に、つい昨日のように思い、また共有できることに感謝です。
2泊3日のロングコース、遥か続く尾根道、輝く紅葉、楽しい山仲間、どれをとっても感動と喜びの連続ですね。予定変更で思いがけない楽しさ発見!なによりです。
私のブログにリンクしてくださり、有り難うございます。
3日目楽しみにしてます。

ps、ぬいぐるみのようなオコジョの姿に一目ぼれ。会社使用のパソコンの壁紙に使わせてください。

投稿: | 2006/10/30 20:35:08

またまたオコジョ、すごい!!
ちょっと冬毛に生え変わってそうですね。うっすら白っぽくなっているように見えます。

しかし、雄大な景色がすばらしいです。
やっぱり来年、絶対!!

タクシーの情報ありがとうございました。
結構かかちゃうんですね。
でも、このコース絶対歩いてみたいな~!!
うん、来年車2台でご一緒したいですね(^-^)ぜひぜひ♪

投稿: 白音 | 2006/10/30 20:36:12

ごめんなさいm(__)m
名前書くのを忘れました。

投稿: kin | 2006/10/30 20:37:05

すごい、すごい、もう興奮して見ちゃいましたよ~♪
最高の紅葉とステキな出会いでしたね。
以東岳登頂のいきさつもなんてラッキーなんでしょ!
ヨカッタデスね~
熊ちゃんの動画付きとヒマラヤの生の話まで、盛りだくさんですね。
最終日もいろいろあるのかな?(^o^)
ステキな山行に私からも乾杯!(笑)

投稿: sanae | 2006/10/30 21:59:42

かんばんは。

すごいですね~、これぞ紅葉山行!感激です。
飯豊か朝日に来年は言ってみようかと。

それにしてもオコジョかわいい♡

投稿: tacoball | 2006/10/30 22:09:55

ボー。っと、写真を見入っておりました。
もうダメだぁ、綺麗過ぎるんですけどぉ。いつか私もこの紅葉を見に行って見たいです。
…皆さんの紅葉レポで、行きたい山ばかり増え続けていって、来年どこに行ったら良いのか、物凄く悩む事になりそうです。

オコジョ、やっぱり可愛いですね~。ホントだ!指が長ーい。なんか以外な感じです。
もう一回オコジョちゃん見たいな♪

投稿: まるち | 2006/10/30 23:12:30

kinさん
以東岳は予定を立てるときに、無理そうだということではずしていたんですよ。
思いがけず行かれ、しかも雲もちょうどよく晴れてくれて、予定変更が大成功となりました!
この日はもうどこを見てもすばらしかったですね。
参謀さんが以東は大きいなぁとつぶやかれていたのが、印象的でした。

オコジョの写真気にいってもらえて嬉しいです(^^)
個人的には、五竜から唐松岳の間に見たオコジョが一番よく撮れたような気がします。
たまに、トップページにも顔を出しますよ~


白音さん
オコジョ笑っちゃいますよね。白音さんは確か月山で見たんでしたっけ?

朝日にはまた行くこととなると思います。
お花の時期もとっても楽しみですよね!
冬山のことも教えていただいたんですが、これは難しそう・・・
タクシーはそれなりにかかるので、今回片道だけしか使っていませんが、車2台ならもっと違うルートも取れますね。
ただ、白音さんたちの足についていかれるか(^-^;

投稿: tomomi | 2006/10/30 23:19:34

sanaeさん
そんなに興奮していただけましか?(笑)
もう稜線の紅葉は終わっているので、中腹から麓の間に期待して歩いていたんですよ。
天狗小屋の小屋番さんによると、ここ2~3年赤があまりきれいじゃなかったそうです。
今年はいいよ~、とおっしゃっていました。
(天狗小屋のまわりの話だと思います)

出会いは、本当に突然に!
びっくりするやら、感動するやら、大忙しの夜でした。
山での出会いはいいですよね。
みなさんとってもやさしくて、楽しくて、笑いっぱなしでした♪


tacoballさん
かんばんは~(初めて使ってみました。照れます)
飯豊か、朝日ですか。
どっちも捨てがたいですね。
私は、今度は秋の飯豊、夏の朝日に行ってみたいです!
いつ行っても素敵な山なんでしょうね~

オコジョ、もう動きがおかしくて、カメラを構えながらも笑ってしまいますよ。
そこがかわいいのですが(^-^;

投稿: tomomi | 2006/10/30 23:29:13

まるちさん
いつまでも続く尾根、そこでの紅葉はどこまでもどこまでも。
どんどん変化して楽しいひとときでした(^^)
まるちさんの見られた紅葉もとっても素敵で、私の来年の候補の一つですよ~
みなさんのレポに刺激されちゃいますよね♪

オコジョ、指の長さは帰ってから気がついて大笑い。
軍手みたいだぁ~とはk-taの弁です(^-^;

投稿: tomomi | 2006/10/30 23:35:16

以東岳のどっしりとした威容は眺めていて飽きがこないですね。大鳥池には、幻の魚「タキタロウ」がいますから、ぜひたずねてみてください。(笑)

投稿: moai | 2006/10/31 22:51:35

やっとゆっくり拝見させていただきました(実はコレ見るために地図買ってきた‥) 二日目にしてお腹いっぱいになりました(笑
朝日も飯豊もそんなに遠いところではないのですが、なかなか連休の機会がなく残念です
3日目も楽しみにしてますよ~

投稿: あき | 2006/11/01 1:00:14

tomomiさん、二ツ石コースの美しい紅葉と言い、以東岳へ向かう稜線の素晴らしい景色と言い、その様子に羨ましさ100%です。
以東岳へ行く事になったのも、何かの粋な計らいだったのでしょうね。
やはりお二人が二ツ石コースへ向かった姿がとても印象に残っているusamiです。

リンクもありがとうございます。(チョッピリはずかスイです(^_^;))

投稿: usami | 2006/11/01 1:20:22

moaiさん
なに!タキタロウは本当にいたんですか!!!
この巨大魚、ぜひこの目で見なくては~
って、伝説ですもんね。
タキタロウ抜きでも大鳥池にいってみたいです♪


あきさん
ちょうどあきさんのところに訪問して帰ってきたところだったので、びっくりしてしまいました~

地図を買われたのですか?
私もみなさんのレポを見るとき、地図と照らし合わせて、ふんふんなるほどーと頷いています(^^)
朝日連峰の地図、広げると山の大きさがわかりますよね。
日帰りで行かれるところもありますが、日数があるともっと楽しそうで、
どこを歩こうか本当に悩んだ山でした。
それだけ、魅力的なコースが一杯です!
あきさんもぜひぜひ~ お休みゲットですね(^^)

投稿: tomomi | 2006/11/01 1:48:53

usamiさん
朝、お二人が見送ってくださり、さぁー行くぞぉ~とはりきったのですが、いやいやこの尾根ぜんぜん進ましてくれませんでした(^-^;
あっちを見たり、こっちを見たり、ほわぁ~っとしっぱなし。

usamiさんも帰りの障子ヶ岳の姿にうっとりだったのでは?
どこを歩いても見せてくれるなぁという印象です。
二ツ石コース、usamiさんもぜひ!
せっかく教えていただいた素敵なHPなので、勝手にリンクはっちゃいました。
usamiさんのレポも楽しみです。チラッと見ましたが、写真が素敵ですね~

投稿: tomomi | 2006/11/01 1:58:09

コメントを書く