« 池塘でまったり&がっつりな週末 | トップページ | 紅葉の見ごろ予想 »

鳥海山 2006.8.26 その2

御室にてちょっと一休みしようかとおもいましたが、まずは新山へ向かいました。

私がずっと気になっていたのは、これ!
そう、チョウカイフスマ(鳥海衾)です。やっと出会えました~
思っていたより、小さくて地味な感じですが、控えめでかわいらしいです。

Dsc_1324

岩の間からイワギキョウ(岩桔梗)

Cimg9102

新山へは、巨岩を中を登って行きます。矢印くっきりなので安心。

Cimg9106

御室小屋と外輪山の内壁。

Cimg9105

この間を通ります!

Dsc_1326

k-taが先に。

Cimg9109

私も行きます。岩の間は涼しいなぁ。

Dsc_1328

11:55 新山に到着。

Cimg9115 Dsc_1329

新山の山頂は5人もいればいっぱい。すぐに移動です。
今度は胎内くぐり。ここには安産の神様が祀ってあるとのこと。
もちろん、ここで手を合わせなければ!
後ろから来た男性4人も一応ね、と言って通っていましたよ~

Cimg9120

そして、次に目指すは七高山。
いったん下って、登り返し。ふと足元を見るとイワブクロ(岩袋)。

Cimg9124

岩がゴロゴロ。落とさないように注意して歩きます。

Cimg9129

もうすぐ!
12:30 七高山に到着。5月に続いて、私は3度目。k-taは2度目。

Cimg9142

祓川方面を眺める。うーんこの斜面、いいですねぇ。

Dsc_1337

少し下って、新山と七高山を眺められる場所でお昼としました。
左が新山、右が七高山。

Dsc_1356

笙ヶ岳も遠くに見えています。

Dsc_1359

13:30 ようやく重い腰を上げて、下山開始。
こんな景色だったら、いつまでもいたいもの・・・ 帰りたくないなぁ。

行者岳を過ぎ、伏拝岳。

Cimg9179

何度も振り返ってしまいます。また来るね。

Dsc_1368

鳥海湖が見えました。お天気がもってよかった(^^)

Dsc_1370

ヤマハハコ(山母子)
ハクサンイチゲ(白山一花)
Cimg9193Cimg9197
ハクサンイチゲがまだ見られるとは。もう残り花ですが。

出会い。この子の名前は???

Dsc_1379

14:35 七五三掛 ここからは登りと同じルートです。

オクキタアザミ(奥北薊)

Cimg9202

御田ヶ原 ここからは石畳。最後にぐぐ~っと登り返し。

Cimg9207

15:10 御浜小屋
鳥海湖を眺めて、ほぉ~っと一息。
無言で、見つめてしまう風景。帰りたくない・・・

Dsc_1389

でもそういう訳にも行かないので、下ります。寂しい(T.T)

Cimg9219

帰りも賽ノ河原付近のニッコウキスゲを眺め、嬉しくなります。
朝よりも黄色が鮮やか?

Dsc_1405_1

最後は石畳に文句を言いながら歩きました(^_^;)
このコースの一番辛いところが、石畳の長さです・・・
16:15 鉾立 お疲れ様~ のんびりしすぎたね。

鳥海山、やっぱり素敵な山でした。
季節を変えてまた来ちゃいそうな予感。
何度でも行ってみたくなる山、大好きな山の一つです。
次はいつかな?楽しみです♪

2006tyokai_gps_1


Posted by tomomi 登山 | |[2006/09/27]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/12050711

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山 2006.8.26 その2:

コメント

tomomiさんが出会った「この子」の名前ですが…
鹿島槍の雪田で一生懸命何かを啄ばんでいる、ほお(首周り?)が赤い鳥を見ました。
その鳥は「ウソ」だそうです。
その写真と見比べてみたのですが、どうも私が見た鳥の方が丸々と肥えているのです(個体差か?)。
似ているような、似ていないような…ぜひ、正解が知りたい!

投稿: hyahya | 2006/09/27 0:31:12

はいはい、出番ですね(笑)。
hyahya さんのおっしゃるとおりウソ♂だと思いますよ。
嘴が短めでやや大きめの頭と、この喉だけ赤いのが最大の特徴。♀は全く違う色です。
鳴き声は口笛のような柔らかい声。

いいなあ、間近で見たことな~い!!

投稿: 秋 | 2006/09/27 1:58:11

あの花は「ヤマハハコ」っていうんですね。
先日、那須岳に登った時にも咲いていた花です。
でも、9月だとどの花もほとんど終わりに近かった。
お花が終わり、紅葉はまだ少し、ちょうど谷間の時期ですね。
チョウカイフスマ、かわいい~。こういう小さい花って惹かれます。

投稿: nobu | 2006/09/27 13:09:45

hyahyaさん
hyahyaさんの鹿島槍の記事を見て、似ているよなぁと思っていたのですよ。
鳥はさっぱりわかりませんので、本でも買ってみようかなぁと思っています。
秋さんも書いてくれているとおり、ウソのようですね。
こういう時こそ、ブログやっていてよかったなぁと思います♪
ありがとうございました!

秋さん
ははは、待っていたのわかっちゃった?
秋さん、まぁーさんにはいつも生き物のことについて教わっているなぁ。
鳴き声は全然覚えていないのです。残念。
しょっちゅう見られる鳥でもないのかな?
k-taが興奮しながら撮っていたよ。
ありがとね~

投稿: tomomi | 2006/09/27 22:03:36

nobuさん
那須岳に行かれたのですか。
私たちも、行ってみたいと思いながら実現していない山です。
レポ楽しみにしていますね♪
この時期は、山そのものが静かで落ち着いた感じがして案外好きだったりします。
空気が澄んで、気持ちがいいですよね。

ヤマハハコは地味な感じですが、近づいてよく見ると花びらがきれいに重なっていて、なんともいい感じ!
じっくり眺めるのも楽しいですよね~

投稿: tomomi | 2006/09/27 22:11:41

冬になると高山から降りてくるから、普通に見られるはずなんだけど(地元では)、鳥観察に興味持ってからはじっくり見たことがないんだよね。ウソはスズメの仲間なんだよ。

投稿: 秋 | 2006/09/27 22:32:03

秋さん
スズメの仲間なんだ!勉強になります。
今年はお花ばかり追っていたから、来年は鳥にしようかな~

投稿: tomomi | 2006/09/28 20:53:51

懐かしい風景です チョウカイフスマとても印象的でした 秋の訪れが早くてほんの一ヶ月前のこともずいぶん昔のように感じます
下山の石畳は確かに長く感じましたね‥ 私は文句は言いませんでしたが(笑) 
きれいな写真楽しませて頂きました 

投稿: あき | 2006/09/28 21:53:59

あきさん
夏はあっという間ですね。そして秋も駆け足で去って行ってしまう・・・
ちょっと寂しくなりました。
夏の華やかさもいいのですが、秋の静かな感じも断然好きです。
次回は、紅葉の時期に鳥海山行ってみたいと思いました!

石畳、苦手なんですよ(^_^;)
文句を言わないあきさんを尊敬しますわ~
写真、貼り付けまくりでスミマセン。ちょっとでも楽しんでいただけたら何よりです♪

投稿: tomomi | 2006/09/29 19:36:57

夏の鳥海山ってこんな感じだったんですね~。とくに山頂の巨岩ゴロゴロには驚きました。残雪期だと、雪の中に地形が隠れてしまうので、全く違う山のように見えます。千蛇谷雪渓の滑走は、気持ち良かったですよ!

投稿: Kei | 2006/09/30 8:23:03

keiくん
夏の鳥海山もいいよ~
千蛇谷、滑ったんだね。あそこは確かに楽しそうな斜面だったよ!
残雪期、鉾立てからは鳥海湖までしか行ってなかったので、新山までの道のりは楽しかったなぁ。
GWあたり楽しみですね。

投稿: tomomi | 2006/09/30 21:12:54

コメントを書く