« BlackDiamond スポット | トップページ | 月山 2006.4.16-17 2日目 »

月山 2006.4.16-17 1日目

月山というよりは、月山エリアかな。
今回はいつも山形でお世話になっている、かとう@まんずによるイベントに参加。
去年に続き2度目、沢山の同じ目的をもった人に会えるのでとても楽しみです。

16日、高速を走っていると月山がどーんと見えてきました。
天気もいいし、これは興奮してしまいます。

Cimg4768

って、のんびりしているようですが実は集合時間が迫っていて、ちょっと焦り気味。
でも、この雪の多さですよ。例年より壁が高く感じます。

Cimg4774

結局、10分遅れてしまいました。皆さんごめんなさい。
そそくさ、準備をして出発。

リフトには乗らず、ハイクアップです。
気持ちのいい天気。でも風がちょっと強いなぁ。

Cimg4776

どこまでも続く山々。

Cimg4792

湯殿山。

Cimg4790

まずは、今日の一本目です。いつも一本目は緊張する。

Cimg4795

思っていたより、雪がいい!続いてはこちら。 うーん、気持ちがいいなぁ。

Cimg4813

滑り終えたみんなの顔は、かなり笑っています~
少し移動して小休止。
なのに、私ってばおむすび二つも食べてしまった。
お昼は後でね、って言われたのに。(アホ)

Cimg4835

再びハイクアップ。登るにつれて風の強さが増してきた。

Cimg4838

風は冷たいんだけど、顔は笑っている。
次の斜面はどんなだろう?期待しながら登ります。

Cimg4840

ピークまではもうすこし。

Cimg4857

風に飛ばされないように注意しながら登る。
でもこの景色。じっとしてられません。

Cimg4856

湯殿山のピークに立って、北側を見ると・・・
鳥海山です。大興奮です~ これは本当に嬉しい!!!

Cimg4869

でも、あまりに風が強くてゆっくりもしていられません。
いろんなものが飛ばされないように、滑走準備をする。

さぁ、次の斜面は???
これです。雪もフィルムクラストで滑っていて気持ちいい~

Cimg4874

これだけ広いバーンなのに、なかなか大きくは使えないもんだなー。
下に着くころには、興奮と笑いと息切れで、もう何がなんだかわからない。

Cimg4890

S氏のライン。ステキです!(一番右)

Cimg4898

ずいぶんと遊ばせてもらいました。さぁ帰りましょう。

Cimg4902

あぁ、楽しいと一日はあっという間です。
今回はずっと行きたかった湯殿山を登って滑って、これまたたまりません状態でした~

湯殿山は月山、羽黒山とならんで出羽三山と言われています。
神体山としての信仰が今でも残っている山。
そんな山を滑ってもいいのかという話は別にして、かなり楽しんできました。
これで、出羽三山すべて登ったことになったんだなぁ。。。(シミジミ)

追記 by k-ta

■念願の湯殿山での登頂・滑走。鳥海山も見る事が出来て感動でした。欲を言えば、湯殿山神社までの北側を滑ってみたかったなぁ。来年までお預けです。

■湯殿山は頂上までの夏道が無いためこのシーズンしか登頂できないんですね。

■登り口(月山スキー場)と降り口(ネイチャーセンター)がかなり離れているため、車で移動することになります。ガイドと行く事をオススメします。

■今年の月山は雪が多い。かなり楽しめそうです。(*゚ー゚)

Posted by tomomi スキー | |[2006/04/18]

スキー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/9638678

この記事へのトラックバック一覧です: 月山 2006.4.16-17 1日目:

コメント

う~~n 『月山』もまた良しですなぁ~
月山もスキーで1度(大昔)夏山に2度訪ねました。
思い切って“鳥海&月山スキーツアー”でも計画しようかな

山形県も良い山があって大好きです。
夏の記録もご覧いただけました?

投稿: Q太郎 | 2006/04/18 9:48:50

素晴らしいロケーション!
東北の天気はよかったですね。
スキーを担いで山頂まで歩いちゃうんですか?
滑り降りるときって気持ちいいんでしょうね~
二王子でもけっこういましたよ。
滑れないからうらやましかったです。

投稿: sanae | 2006/04/18 14:31:47

Q太郎さん
夫(k-ta)の実家が山形ということもあり、年に数回は行っています。実家に帰るふりをして、本当の目的は山だったする親不孝ものですね・・・

Q太郎さんのHPも拝見しましたよ~ 東北の夏山も行ってみたいところだらけで、今回月山でいろいろリサーチしてきました♪

sanaeさん
実はスキーを履いたまま登っているのですよ。スキーの裏側にシールという滑り止めを貼って登ります。短い毛が斜めについていて、前には抵抗なく進め、後ろには滑っていかないようになっています。
以前はスノーシューを履いて、板を担いで登っていたのですが、もうできないなぁ・・・
二王子、かなり惹かれています!sanaeさんもあいかわらずアクティブで感心するばかりです~

投稿: tomomi | 2006/04/18 21:56:15

コメントを書く