« ねこ日記 @snow番外編 | トップページ | ランニングついでのお散歩 »

縞枯山 2005.11.3

縞枯山、以前より行ってみたかったのです。
縞枯現象をこの目で見てみたいな、というのがその理由。
本当に、縞模様になっていました。不思議です。

麦草峠-茶臼岳-縞枯山-坪庭-五辻-出逢ノ辻-狭霧苑地-麦草峠

麦草峠まで車で。すでに標高にして2127mです。
縞枯山は2403m。今日の登りは300m弱。うーん、いいかも。

車からでると・・・
寒い!今日はニット帽で正解です。
さぁ、行きましょう♪
          CIMG2241

歩き始めは平面だったり。
          CIMG2244

木道だったり。歩きやすいです。
          CIMG2248

大石峠。ここより少し登っていきます。
DSC04268 DSC04270

茶臼山が見えてきました。
CIMG2259

秋の終わりを感じますね。
CIMG2263

はっぱも赤く。

                CIMG2265

落ち葉はかさかさ音をたて。

CIMG2268

茶臼山の手前だけ少し傾斜がきつくなります。
もうすぐです。
          CIMG2271

茶臼山 2384m 展望はありません。
霜柱も沢山。このぱりぱり感が好き。
CIMG2277 CIMG2276

展望台には3分。行ってみました。
黄色と緑がくっきりと分かれていますね。
メルヘン街道はちょうどきれいに黄色く色づいていました。

          CIMG2281

そして、縞枯山です。
天気がどんよりとしているため、写真ではわかりづらいですが、横縞になっているのが見えました。 CIMG2283

茶臼山からの下りは、最初だけちょっと急です。
木の間から、縞枯現象が良く見えます。
DSC04278

                CIMG2291

立ち枯れています。どうしてだろう・・・
CIMG2296

ふりかえり、茶臼山とその奥に天狗岳を望む。
麦草峠や白駒池もみえました。
          CIMG2303

山頂付近は平です。こちらも展望はありません。
DSC04283

               CIMG2310

体も冷えているので、山頂はさっと通り過ぎ。
ここからの下りが一番急だったような。
    CIMG2313

雨池峠から坪庭に向かいます。
木道歩き。
          CIMG2323

縞枯山荘は三角屋根でかわいらしい。
          CIMG2328

お!ロープウェイの山頂駅です。
人が沢山いるかと思いきや、ポツポツです。
今日のような天気ではだめですかねぇ・・・
せっかくなので、中に入りストーブで暖まらせてもらいました。
          CIMG2332

そして、坪庭を一周。坪庭は溶岩台地。自然庭園でくるっと歩けるようになっています。
CIMG2339 CIMG2344

さぁ、五辻へ向かいましょう。
今回、雨池方面も考えましたが、五辻を歩いてみたいということでこちらのコースとなったのです。
          DSC04296

こちらも静かです。
          CIMG2348

五辻付近でランチ。
少し雨が振ってきたので、下ることにしました。
お天気の良い日は五辻のあたりから縞枯山が見えるようです。
    CIMG2373

出逢ノ辻
この感じ、やっぱり北八ツですね。
          CIMG2380


さいごは道路を渡り、狭霧苑地から麦草峠へ。
樹林帯の中、雨を避けながら歩きました。
CIMG2384 CIMG2387

ひっそりと。
    CIMG2392

秋はあっという間ですね。
なにかが終わるときって寂しい感じがしますが、秋の終わりってまさにそんな感じ。
でも、静かで空気がしんとして、とても好きな時期です。

麦草峠より北側ははじめて歩きました。
今度は双子池でテントを張るとか、クロスカントリースキーのコースを歩いてみるとか、スノーシューもいいかな?
まだまだ楽しみはいろいろありそうなところでした(´ー`) フフフ

Posted by tomomi 登山 | |[2005/11/06]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/6897505

この記事へのトラックバック一覧です: 縞枯山 2005.11.3:

» 縞枯山−茶臼山−白駒池−中山(北八ヶ岳)(1) トラックバック 山あり谷あり
久々に週末のお天気は晴れマーク! 最近の山行は曇りや雨ばかりだったので、晴れ予想の時は「遠くへ行こう!」 珍しく(?)、heppoco隊の意見があっさり一致したので雪を見に北八つに行って来ました。 事前の情報では、積雪3センチ。 ところが、行ってビックリ・・・ 日時 : 2005年11月19日(土)〜20日(日) 天気 : 晴れ 【コース】 1日目 : 新宿+++茅野駅---ピラタスロープウェイ... 続きを読む

受信: 2005/11/21 23:42:39

コメント

縞枯山の縞模様は少しづつ移動してるんですよね。不思議だ。
というか、移動することに気がついた人がスゴイ。

投稿: k-ta | 2005/11/06 21:00:43

こんばんは。
実は前回(大菩薩縦走)の時、お天気が良ければ、正に北八に行こうかと考えていたのです。
双子池にテントで。
静かな山歩きができそうで良さそうですね☆
縞枯れもちゃんと見えます!(写真で)
雪が積もる前に一度私も行きたいです☆

投稿: heppoco | 2005/11/06 22:05:16

ウゥ・・・いいですねぇ~
今週は山いけなかったのでネットで大菩薩行ったり北八つ行ったり(^o^)
今週も平日突撃しちゃおっかな!なんて。行きたいな・・・・無理ですけど・・
heppocoさん、ココは雪山遊びに丁度いいですよ。
こちらに書かれていますが、縞枯からの下りは急で、シリセード(いわゆる滑り台)して下ったことがあります。積雪期の方が楽で楽しかったりします(^-^;

投稿: sanae | 2005/11/06 22:45:42

「枯れ木も山の賑わい」

そうは言っていられない深刻な状況のようです。その道の研究者たちによれば、酸性雨、オゾン層の破壊、・・・多くのストレスを抱えた樹木らのなれの果ての姿だそうです。

八ツのような亜高山帯では、シラビソなどがその対象となるようですが、もう少し標高を落とした丹沢の南東斜面では、ブナや杉などに縞枯れ現象が見られます。

投稿: moai | 2005/11/06 22:46:30

>heppocoさん
>sanaeさん

僕らも雪が降ってから行ってみたいと思ってます。
五辻ほうに向かっていくと楽しそうな斜面があるんですよね。ムフフ。

>moaiさん
丹沢山の縞枯れは、見るに耐えないものがあります。京浜工業地帯からのガスが影響していると本に書いてありました。

山は生きているんですね。

投稿: k-ta | 2005/11/07 21:07:05

いつもコメントありがとうございます。
>heppocoさん
私も大菩薩いつ行こうかな、なんてかんがえていましたよ~ 今度どこかでお会いできるかも!雪が積もる前ではなく、雪が降ってからが楽しそうな山でした。

>sanaeさん、あの縞枯山の斜面をシリセードですか!かなりスピードでそうな感じですねぇ。積雪期の方が楽というのは下りの面で、とういことですか?滑り降りれば早いですものね(^.^)

>moaiさん
縞枯現象について、いろいろ調べてみましたが、まだはっきりしないことも多いようですね。森林の更新様式のひとつであり、森林の衰退する現象ではないとう報告も。うーん。
私達にできること、少しではありますが森を山を守っていきたいです。

投稿: tomomi | 2005/11/07 22:00:04

登りも下りも積雪期の方が楽なときありますね。
木の根とか気にならないので3月や4月の八ヶ岳や、階段の多い塔ノ岳(1月)など歩きやすかったです。雪質も最高でしたし。
k-taさんやtomomiさんはスノボーとかされるのですよね。これから楽しみですね~
ゲレンデでないところがお好みですか?
娘はゲレンデなので、たまに付き合って、私は近くの山を歩いてます(^-^)v

投稿: sanae | 2005/11/08 11:39:18

>sanaeさん
実は雪が降ったら、丹沢の蛭ヶ岳に行きたいなと思っていました。
ちなみに、すべりは
k-ta テレマーク、スノーボード
tomomi テレマーク、アルペンスキー
ゲレンデも、山もどっちも行きますよ!最近は滑りたくて、うずうずしてきています(^▽^

投稿: tomomi | 2005/11/08 18:10:54

テレマーク、アルペンスキー・・・未知の世界であこがれちゃいます。

雪の北八・・・行ってみたいのですが、私はまだ軽アイゼンしか持っていません。
そこで質問ですが、やっぱりちゃんとしたアイゼンが必要なのでしょうか?
何を目安に、軽アイゼンなのかアイゼンなのかもしよかったら教えてください_(._.)_

投稿: heppoco | 2005/11/09 22:01:43

k-taさん、tomomiさん、こんばんは!

先週は、縞枯山に行かれていたんですね。紅葉前線を追いかけて、だいぶ南下されましたね(笑)。僕も、先週は八海山、今週末は武甲山に行く予定です。

紅葉がひと段落すれば、いよいよ待ちに待ったシーズン。こちらもシーズン前にサボリ気味だったHPの更新を始めました。ひとまず写真集とスライドショーが完成。いかんせん、デジカメが出る前の写真が多かったので、読み込みに苦労しました...。

それでは!

投稿: Kei | 2005/11/10 2:25:42

>heppocoさん
まず、あやまらなければなりません。実は私達、アイゼン持っていないのです!!!

というのも、雪山での遊び方がバックカントリースキー&スノーボードなのです。あくまで滑り重視。で、登り方としては、スキーの裏にシール(毛並みが前から後ろに向いているので、後ろに滑りにくくなります)を貼ったり、スノーシューだったり。

誤解をまねくような表現があったみたいで、ごめんなさい「(^^; )

でも、今シーズンは歩いてみるのも良いかと、アイゼン購入を考えています。やはり、北斜面の硬い雪や斜度が急な場合は、つま先に爪のあるアイゼンの方が、断然安心だと思われます。八ヶ岳観光協会のHPをチェックしたところ、南八ヶ岳、天狗岳はピッケル、アイゼン必要との記載でした。北八ヶ岳だったら、アップダウンも少なく、ネイチャーツアーやスノーシューハイキングが沢山行われているようですよ。

これからの、山の雑誌は雪山の入り方の特集とかされると思います。一緒に勉強しましょう\(^0^)/

長々と、しかも質問に全く答えていませんね。。。

投稿: tomomi | 2005/11/10 22:03:23

>keiくん
あいからわず、アクティブですねぇ。八海山!いいなぁ。私達も8月に屏風道から入り、阿寺山まで歩きました。たのしいコースですよね。

HPチェックしてますよ~。写真の編集大変だったでしょう。ほんと、沢山の山に行っているなぁと感心するばかり。

雪のたよりもあちこちから、わくわくしてしまうね!

投稿: tomomi | 2005/11/10 22:14:20

秋の終わりの静かな山歩き、いいですね。

投稿: Cruiser | 2005/11/20 16:12:02

Cruiserさん、こんにちは。
北八ヶ岳はいつも静かで、大好きなところです。もう、すっかり雪景色のようですよ。

投稿: tomomi | 2005/11/22 21:32:54

コメントを書く