« 飯豊連峰 2005.8.5-8 3日目 | トップページ | 平標山 2005.8.21 »

飯豊連峰 2005.8.5-8 4日目

飯豊連峰 4日目 2005.8.8

今日は下山のみです。梶川尾根で一気に飯豊山荘まで。
月曜日ということもあり、バスの時間が微妙。9時12分と15時53分発のみ。
(土日は12時台もあり)
関東地方に住む私達としては、はやめがよさそう、とういことで出発。

4:25 門内小屋 出発
薄暗い中歩き始めます。ガスもでていますが、暗い中飯豊本山も見えています。

CIMG0834

4:40 扇ノ地紙
いよいよ梶川尾根の分岐です。ここからはずーっと急なくだり。
はぁ、大丈夫かなぁ。早くも上着を一枚脱ぎました。

CIMG0833

5:07 梶川峰
このあたりまでは、眺めもよくお花もあって快適。
これを過ぎるとダケカンバの中に。

CIMG0836

5:35 五郎清水
せっかくなので、冷たい水をいただいてきました。
登山道より2~3分くらい下ったところです。この先も下りだけなのに、ついつい満タンに。
自ら荷物を重くする私。

DSC03561 CIMG0842

6:10 滝見場
梅花皮大滝が見えます。石転び沢の雪渓も見えました。
だいぶ雪が少なくなってきていますね。

CIMG0844

CIMG0845

6:35 湯沢峰
ちょっとしたピークのつもりが、えいえい、と登る。
さぁ、あとはひたすら下り。

DSC03570 CIMG0849

7:35 飯豊山荘
それにしても、急でした。山荘が見えてきても、ずーっと急です。
結局登山口まで。
事前に調べてわかっていたつもりでしたが、実際歩くと辛いですね。

飯豊山荘では500円で日帰り温泉につかれます。
ぬるぬるした感じで、熱めのお湯。
日焼けしたk-taは腕を上げて入ったとか。
あと、外には無料の足湯があります。

CIMG0848 CIMG0852

温泉後はもちろん、生ビールで乾杯。
お互い元気に歩いて下山した喜びを分かち合います。
うますぎる!

あとはのんびり、バスと電車を乗り継いで東京まで。
ちなみに、米沢から新幹線だったのですが、ちょうど昼時。
もちろん、米沢牛を使ったお弁当を買いました。
味がちょっと濃い目で、山のあとには最高。

CIMG0856 CIMG0854


飯豊連峰は最高峰の大日岳でも2128mですが、登山口も400~500mと低いので、
標高差はけっこうあります。どのコースも尾根に取り付くまで、一気に上り詰める感じ。
これが、汗だくでいいのよね~
他のコースも歩いてみたいし、杁差岳にも行ってみたい。
歩きながら、また来たいと何度も思った山でした。
しばらく東北びいきになりそうです フフフ


Posted by k-ta 登山 | |[2005/08/23]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/5511098

この記事へのトラックバック一覧です: 飯豊連峰 2005.8.5-8 4日目:

コメント

お花畑と雪渓の山、飯豊連峰。これまた、なつかしいコースで、たのしく拝見しました。そうでした。梶川尾根は尾根の鼻の先から一気に下り始めうんざりするほどの道のりですよね。もう一筋隣りに平行している尾根があったように記憶していますが・・・いずれにしても奥深い山です。

「東北びいきになりそう」・・・
次はぜひ「朝日連峰」へ挑戦してみてください。(もう行きましたか?)一つ一つのピークが個性豊かな存在感をもって連なっているバリエーションに富んだ山です。もちろん、「温泉付き」です。

ちなみに、かつて私は、ほとんど人の入らない、最南部の祝瓶山(いわいがめさん)から入山、北へ抜けました。

投稿: moai | 2005/08/23 8:48:51

moaiさん、こんにちは。飯豊は本当にすばらしくて、ぜひまた行きたい山の一つとなりました。人もそれなりにいましたが、比較的静かな山行となり、のんびりできましたよ。

お察しの通り、朝日連峰も実は今年の行きたい山リストにあがっているのですが、休みの調整が難しい・・・来年にもちこしとなりそうな気配です(残念) コースもいろいろあってどこを歩くか迷うところですね。それは、それで楽しみなんですが~

投稿: tomomi | 2005/08/24 8:19:54

初めまして
moai経由でたどり着きました。
懐かしい山紀行がでていたので、すっかり読ませてもらいました。飯豊に行ったのは25年以上前だったか、、。大正、昭和の山小屋はこんなのでは、という感じだった。

投稿: shimo | 2005/08/24 10:33:07

shimoさん、こんにちは。ようこそです。
25年以上前ですか。今とはまた違った感じだったのでしょうか?山形県側の山小屋は新しくしなっている小屋もあり、きれいでした。

shimoさんのブログ拝見しました。雲取山はまだ行ったことがないのですが、走り抜けるなんてホントすごい。おもわずアドベンチャースポーツマガジンを読み返してしまいました!

投稿: tomomi | 2005/08/24 23:52:33

コメントを書く