« 編笠山・権現岳 2005.6.26 | トップページ | WHITE BOOK »

山岳遭難:登山ブームで中高年が8割超える 警察庁まとめ

”登山者の8割が中高年なんじゃねーか”って突っ込みを入れてしまいたくなるくらい、最近は年配の方が多いんですよね。
ただ、事故多いのは事実です。前年比よりは減っていますが、死者・行方不明は増えています。
自分もあと数年で中高年の仲間入り。考えさせられます。

山岳遭難:登山ブームで中高年が8割超える 警察庁まとめ

毎日新聞 2005年7月5日 11時53分

 警察庁は4日、04年中の山岳遭難と水難事故の発生状況をまとめた。山岳遭難は1321件(前年比37件減)発生し、遭難者数は1609人(同57人減)。件数は、統計を取り始めた61年以降最悪を記録した前年よりは減少したものの、98年以降連続して1000件を超えている。中高年の登山ブームを反映して、40歳以上の中高年の遭難者が1309人と今年も全体の8割を超えた。遭難者のうち死者・行方不明者は267人で37人増えた。

 

Posted by k-ta 登山 | |[2005/07/05]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/4840045

この記事へのトラックバック一覧です: 山岳遭難:登山ブームで中高年が8割超える 警察庁まとめ:

コメント

コメントを書く