« 板、購入! | トップページ | 蛭ヶ岳・丹沢山・塔ノ岳・鍋割山 2005.06.18-19(2日目) »

蛭ヶ岳・丹沢山・塔ノ岳・鍋割山 2005.06.18-19(1日目)

小屋泊にて蛭ヶ岳に行きました。蛭ヶ岳の「ひる」の由来は?

コース:
西丹沢自然教室→ゴーラ沢出合→展望園地→石棚山稜分岐→檜洞丸→金山谷乗越→臼ヶ岳→蛭ヶ岳→蛭ヶ岳山荘(宿泊)
蛭ヶ岳→棚沢ノ頭→丹沢山→竜ヶ馬場→塔ノ岳→金冷シ→二俣分岐→鍋割山→後沢乗越→二俣→西山林道→大倉
時間:
同行者:tomomi
天気:晴れ・曇り
地図:丹沢 2005年版 (山と高原地図)
ガイド本:丹沢 (ヤマケイYAMAPシリーズ)

自宅出発→(電車)→新松田(AM6:50着)・(AM7:20)→(バス)→西丹沢自然教室(AM8:30)
西丹沢行きのバスは混むので30分前くらいには着いておいたほうがいいです。

蛭ヶ岳山荘からの夕焼け
DSC02899

■檜洞丸
DSC02840 DSC02867
つつじコースを入ります。(こんな名前だったんだ、知らなかった。)シロヤシオツツジが5月下旬はきれいだそうです。この時期はもう終わってました。ゴーラ沢出合まで約40分。休憩後いよいよ登りです。
途中GPSの電池が切れてしまった。衛星をロストしたものだと思って数十分気がつきませんでした。
頂上手前の長い木道が続き、バイケイソウとブナの木がいい感じをかもし出してます。山頂は広く、テーブルも多いのでゆっくりと食事が出来ると思います。ここで昼食。偶然にスノーボーダーのT山さんにお会いしました。チョットびっくり。
頂上で昼食。

■臼ヶ岳・蛭ヶ岳
DSC02890 DSC02907
いよいよ初めてのコースに突入。いきなり急激な下り。それも、ずいぶんと長い。Σ(゚д゚)オイオイ、どこまで続くんだ?せっかく登ったのにもったいない。神ノ川乗越を過ぎると今後は急激な登り。かなりきつい。今回の行程で一番きつかったな。約30分後、臼ヶ岳到着。休憩後、一気に蛭ヶ岳山頂を目指す。緩やかだと思うと突然クサリ場。距離は長いが思ったほどきつくはないです。

■蛭ヶ岳山荘
DSC02918 DSC02897
素泊まり4000円。缶ビールを頂き夕食までまったりと御主人と話したり、犬と遊んだり、山や花の写真を見てました。犬の名前は「スティング」。結構寂しがり屋のようで、くぅ~んとなきます。
夕食は自炊部屋にて味噌ラーメンとおにぎり。早稲田の学生さんと一緒でした。
食事後も御主人とお話。7時30分頃就寝。

1日目終了。蛭ヶ岳の由来は...........
翌日の朝、御主人から聞きました。ということで次回。

地名
時間(着) 時間(発) 経過時間
西丹沢自然公園
8:55
ゴーラ沢出合
9:35
9:40
0:40
展望園地
10:20
10:25
0:40
石棚山稜分岐
11:20
0:55
檜洞丸(昼食)
11:35
12:20
0:15
金山谷乗越
12:50
0:30
神ノ川乗越
13:15
0:25
臼ヶ岳
13:40
13:50
0:25
蛭ヶ岳
14:55
1:05

ルート図
hiru

Posted by k-ta 登山 | |[2005/06/22]

登山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3674/4662253

この記事へのトラックバック一覧です: 蛭ヶ岳・丹沢山・塔ノ岳・鍋割山 2005.06.18-19(1日目):

» ・7日投稿「丹沢・蛭ヶ岳の祠」 トラックバック 山のふみあと日記
某月某日の山行記「山のひとくちばなし」をご笑覧ください。 かつて蛭ヶ岳には密教での大日如来の異名の毘留舎那仏がまつってあり、毘留ヶ岳といっていたという。また以前は石の薬師如来像がまつってあり、薬師岳と呼び玄倉から鳥屋集落方面から信仰登山が行われていたという。そのせいかかつては武州の国多摩郡柚木大沢の竹内富造という人の寄進した薬師如来の石像などもならんでいたそうですが、誰かが持ち去ったのか、いまは残ってい... 続きを読む

受信: 2005/07/07 6:42:14

コメント

コメントを書く